第 1 学 年  生物学(Ⅱ)
後 期 計 画 表

↓授業日程表を表示

教科の特徴
生物(II)の講義は、①セントラルドグマやDNAの複製機構、遺伝子の発現と調節、遺伝の仕組みおよび免疫系を中心にしたものと、②からだを構成する細胞・組織や体内のさまざまな器官の構造と機能について学ぶという、2つのパートに分けて平行して行われる。
 前期は基礎生物学と一般生物学に分かれての授業形態であったが、後期からは学年共通の内容で授業が進められる。
 生物学の内容は、第2学年で履修する、ひとの発生について学ぶ「人体の構造と機能」や、細胞分子生物学の領域に触れる「生命の分子基盤」、ひとの身体と病気について考える「発生病態学」などの科目と関連が深く、国家試験にも直結する、歯科医学の基礎の内容が広く扱われていることから、基本的事項の理解は必須となってくる。
 生物系の科目は暗記ではなく、そこで起こっている現象をどう理解するかが大切になってくる。

1.一般目標(GIO:General Instructional Objective)
1)遺伝子の発現と遺伝の基本的機序を理解する。
2)個体の成り立ち(細胞~組織~器官)を理解する。
3)器官系の成り立ちと機能の概要を理解する。

2.行動目標(SBOs:Specific Behavioral Objectives)
1)精子形成、卵形成について説明できる。(5%)
2)性染色体による性の決定と伴性遺伝を概説できる。(5%)
3)DNAの複製の機構を説明できる。(5%)
4)ゲノムの刷り込みを説明できる。(5%)
5)セントラルドグマ(転写・翻訳)を説明できる。(5%)
6)細胞分化のしくみを説明できる。(5%)
7)遺伝の法則を説明できる。(5%)
8)遺伝子型と表現型の関係を説明できる。(5%)
9)進化の基本的な考え方と突然変異のメカニズムについて概説できる。(5%)
10)組織の種類と機能を概説できる。(5%)
11)運動器系(骨格系・筋系)の成り立ちと機能を概説できる。(5%)
12)消化器系の成り立ちと機能を概説できる。(5%)
13)呼吸器系の成り立ちと機能を概説できる。(5%)
14)内分泌系の成り立ちと機能を概説できる。(5%)
15)免疫系の成り立ちと機能を概説できる。(5%)
16)泌尿生殖器系の成り立ちと機能を概説できる。(5%)
17)脈管系の成り立ちと機能を概説できる。(5%)
18)棘皮動物ウニの発生過程を説明できる。(5%)
19)神経系の成り立ちと機能を概説できる。(5%)
20)感覚器系の成り立ちと機能を概説できる。(5%)

3.方略(LS:Learning Strategy)
1)受動的方法:PowerPoint による講義
2)能動的方法:問題練習やディスカッションを取りいれた、学修状況を把握しながらの双方向授業
3)媒体:カラーの図を多用し、書き込みのできる講義資料プリント

4.評価(Evaluation)(形成的評価・総括的評価)
1)中間試験および定期試験(総括的評価)
講義内容の理解度を空欄補充、多肢選択式、論述などの試験で評価する。
中間試験50% 定期試験50%
中間試験は第1回~第12回の講義内容について行う。後期定期試験は、第15回以降の講義内容、および、実習自然科学 Ⅰ での生物学実習内容を範囲とする。
 追再試験は、後期の全講義内容および生物学実習内容を範囲とする。

事前・事後学修
前期の基礎・一般生物学の内容をよく復習しておくこと。
教科書(基礎から学ぶ 生物学・細胞生物学およびフォトサイエンス生物図録)の内容を事前によく読んで、予習しておくこと。
事前学修:各回の教科書と参考図書の指定されたところに目を通しておくこと。(各15分)
事後学修:教科書と参考図書を参考にして、配付された資料を用いてまとめること。(各15分)

教科書
基礎から学ぶ 生物学・細胞生物学 第3版: 和田 勝 著 羊土社
フォトサイエンス生物図録 三訂版: 鈴木孝仁 監修 数研出版

参考図書
エッセンシャル・キャンベル生物学 原書第6版: Eric J. Simon 他著 丸善
トートラ人体解剖生理学(原書第10版): Gerard J. Totora 著 丸善出版
人体の構造と機能(第3版): Elaine N. Marieb 著 医学書院
人体の正常構造と機能 第3版縮刷版: 坂井建雄・河原克雅 編 日本医事新報社
Essential 細胞生物学 第4版: 中村桂子他 監訳 南江堂

オフィスアワー
毎週 水曜 昼休みおよび講義終了後:8F教員室

総授業コマ数
26コマ

出席について
出席は講義開始後10分以内に取る。また講義開始30分後までに入室した場合は遅刻とし、それ以降は欠席とする。公共交通機関の遅延が15分を超える場合は出欠席について考慮するが、15分以内の場合は考慮しない。

   担当者  『 * 』は実務経験教員を示す
 橋本 貞充 教授*, 遠山 光則 客員教授, 佐藤 正樹 講師

↑科目ページのtopに戻る

月日 時限 コア・カリキュラム 方略(LS)場所 担当者
(その他の)SBOs
内容項目
1 10/7 3 C-3-2)-①
人体の正常な個体発生と器官発生を説明できる。
 
講義・
ディスカッション 
さいかち・第1講義室  遠山 光則
1.発生学の主だった用語を説明できる。
2.生殖細胞形成を概説できる。 
1)発生学用語
2)精子形成、卵形成
(教科書P.189~192,199,200;生物図録P.104,105,108,109)
2 10/7 4 C-3-4)-(1)-① 上皮組織の形態、機能及び分布を説明できる。
C-3-4)-(1)-② 皮膚と粘膜の基本的な構造と機能を説明できる。
C-3-4)-(1)-③ 腺の構造と分布及び分泌機構を説明できる。 
 
講義・ディスカッション  さいかち・第1講義室  橋本 貞充
1.上皮組織の特徴を概説できる 
組織学総論①
 1)細胞
 2)上皮組織
(教科書p246〜250、生物図録p33〜34)
3 10/14 3 C-2-2)-②
デオキシリボ核酸(DNA)複製と修復の機序を説明できる。
 
講義・
ディスカッション 
さいかち・第1講義室  遠山 光則
1.DNAの半保存的複製を説明できる。 
DNAの複製
(教科書P.169~175;生物図録P.73~75)
4 10/14 4 C-3-4)-(2)-② 結合(支持)組織の分類と構成する細胞と細胞間質を説明できる。
C-3-4)-(2)-③ 骨と軟骨の組織構造と構成する細胞を説明できる。
C-3-4)-(2)-④ 骨発生(軟骨内骨化と膜内骨化)、骨成長及びリモデリングの機序と調節機構を説明できる。
 
講義・ディスカッション  さいかち・第1講義室  橋本 貞充
1.結合組織の特徴を概説できる。 
組織学総論②
 1)結合組織
 2)骨・軟骨組織
(教科書p246〜250、生物図録p34)
5 10/21 3 C-2-2)-③
転写と翻訳の過程と調節機序を説明できる。
 
講義・
ディスカッション 
さいかち・第1講義室  遠山 光則
1.転写過程を説明できる。
2.スプライシングを説明できる。
 
セントラルドグマ①
1)転写とスプライシング
(教科書P.86~89;生物図録P.76〜78)
6 10/21 4 C-3-4)-(3)-① 筋組織の分類と分布を説明できる。
C-3-4)-(3)-② 筋細胞の構造と筋収縮の機序を説明できる。
 
講義・ディスカッション  さいかち・第1講義室  橋本 貞充
1.筋組織の特徴を概説できる。 
組織学総論③
 1)筋組織
(教科書p136〜139、生物図録p35)
7 10/28 3 C-2-2)-③
転写と翻訳の過程と調節機序を説明できる。
 
講義・
ディスカッション 
さいかち・第1講義室  遠山 光則
1.RNAプロセッシングを説明できる。
2.飜訳の過程を説明できる 
セントラルドグマ②
1)RNAプロセッシング
2)翻訳
(教科書P.88~94;生物図録P.77~79)

8 10/28 4 C-3-4)-(5)-⑦
ニューロンとグリアの構造と機能を説明できる。
C-3-4)-(5)-④
脳と脊髄の構造と機能(運動機能、感覚機能、高次神経機能及び自律機能)を説明できる。
C-3-4)-(5)-⑧
神経の活動電位の発生と伝導の機序を説明できる。
 
講義・ディスカッション  さいかち・第1講義室  佐藤 正樹
1. 神経組織の特徴を概説できる。 
組織学総論④
 1.神経組織
 2.中枢神経系と末梢神経系
神経活動
 1.静止電位と活動電位
 2. 伝導と伝達
(教科書p271~279)
9 11/4 3 C-2-2)-①
核酸、遺伝子及び染色体の構造と機能を説明できる。
C-2-2)-④
遺伝性疾患の発生機序を説明できる。
 
講義・
ディスカッション
 
さいかち・第1講義室  遠山 光則
1.ヒトの核型を説明できる。

2.遺伝の法則を説明できる。 
 
核型
1)染色体の構造

遺伝のしくみ① メンデルの法則
 1)遺伝学の歴史
 2)分離の法則、優性の法則、独立の法則
 3)遺伝子型と表現型
(教科書P.33~36;生物図録P.140~148)

10 11/4 4 C-3-4)-(4)-④ 血液の構成要素と役割を説明できる。 
C-3-4)-(4)-⑥ 造血器官と造血機構を説明できる。
 
講義・ディスカッション  さいかち・第1講義室  橋本 貞充
1.胎児期の造血について概説できる。
2.成人の造血組織について概説できる。
3.血球の種類とそれぞれの形態・機能を概説できる。 
造血系
 1)骨髄
 2)脾臓
 3)赤血球・白血球・血小板
 4)血液型
(教科書p246〜250、生物図録p148〜155)
11 11/11 3 C-5-1)-①
染色体、遺伝子及び発生の異常を説明できる。
 
講義・
ディスカッション
 
さいかち・第1講義室  遠山 光則
1.遺伝子の発現と表現型の関係を説明できる。
2.潜性(劣性)遺伝病の患者と保因者の遺伝子型、表現型の関係を説明できる。 
遺伝のしくみ② 非メンデル性遺伝  
 1)不完全優性
 2)致死遺伝子
 3)複対立遺伝子
 4)遺伝子の相互作用
(教科書P.36~38;生物図録P.142~149)
12 11/11 4 C-2-2)-②
デオキシリボ核酸(DNA)複製と修復の機序を説明できる。
C-2-2)-④
遺伝性疾患の発生機序を説明できる。
 
講義・
ディスカッション 
さいかち・第1講義室  遠山 光則
1.遺伝子発現の調節を説明できる。
2.突然変異のメカニズムについて概説できる。
 
遺伝のしくみ③ 遺伝子発現の調節
 1)DNAのメチル化
遺伝のしくみ④ 突然変異
 1)突然変異による染色体の変化
 2)突然変異を起こす原因
(教科書P.179~184;生物図録P.80,81)

13 11/18 3   筆記試験  本館・13階第1講義室  橋本 貞充
遠山 光則
佐藤 正樹
 
中間試験(第1回~第12回までの授業内容)
14 11/18 4   講義  本館・13階第1講義室  橋本 貞充
遠山 光則
佐藤 正樹
 
中間試験の解説
15 11/25 3 C-3-4)-(4)-① 心臓の構造、発生、機能及び心電図波形を説明できる。
C-3-4)-(4)-② 血液循環(肺循環、体循環及び胎児循環)の経路と主要な動静脈の名称を説明できる。
C-3-4)-(4)-③ 血管の構造と血圧調節機能を説明できる。
 
講義・ディスカッション  さいかち・第1講義室  橋本 貞充
1.心臓血管系の経路を説明できる。
2.毛細血管の構造と物質交換を説明できる。 
脈管系
 1)血管
 2)心臓
 3)心臓血管系の経路
 4)毛細血管と物質交換
(教科書p265〜270、生物図録p149〜150)
16 11/25 4 C-3-4)-(4)-⑦ 止血、血液凝固及び線溶の機序を説明できる。
C-3-4)-(4)-⑤ リンパ管とリンパ系組織・器官の構造と機能を説明できる。
 
講義・ディスカッション  さいかち・第1講義室  橋本 貞充
1. 血液凝固のしくみについて概説できる。
2. リンパ系の循環経路について概説できる。 
循環器系
 1)血液凝固・止血
 2)リンパ系の循環経路
 3)リンパ節
(教科書p246〜250、生物図録p148〜151)
17 12/2 3 C-2-2)-⑤
遺伝子解析や遺伝子工学技術を説明できる。
 
講義・
ディスカッション 
さいかち・第1講義室  遠山 光則
1.集団遺伝を概説できる。
2.進化の基本的な考え方を説明できる。
  
遺伝のしくみ⑤ 集団遺伝と進化の理論
 1)ハーディ・ワインベルグの法則
 2)各種の進化説と中立説
(教科書P.305~314;生物図録P.246~251)
18 12/2 4 C-3-4)-(8)-①
気道系の構造と機能を説明できる。
C-3-4)-(8)-②
肺の構造・機能と呼吸運動を説明できる。
C-2-3)-(7)-1気道系(鼻腔、副鼻腔、喉頭、気管、気管支)の構造と機能を説明できる。
C-2-3)-(7)-2肺の構造と機能を説明できる。【内呼吸、外呼吸および呼吸運動の機序とその調節系を含む。】
 
講義・ディスカッション  さいかち・第1講義室  佐藤 正樹
1.呼吸器系の構造を説明できる。
2.呼吸のメカニズムを概説できる。 
呼吸器系
 1)呼吸器系と呼吸運動
 2)ヘモグロビン飽和曲線
 3)呼吸の調節
(生物図録p150、155)
19 12/9 3 C-4-2)-①
自然免疫の種類と機能を説明できる。
 
講義・
ディスカッション 
さいかち・第1講義室  遠山 光則
1.非特異的免疫と特異的免疫のしくみを概説できる。
2.免疫現象の成り立ちを説明できる。 
免疫系①
 1)からだの防御反応
 2)自己と非自己
 3)自然免疫(先天性免疫)
(教科書P.213~219;生物図録P.164,165,168)
 
20 12/9 4 C-4-2)-②
獲得免疫の種類と機能を説明できる。
C-4-2)-③
免疫系担当臓器・細胞の種類と機能を説明できる。
C-4-2)-④
抗原提示機能と免疫寛容を説明できる。
 
講義・
ディスカッション 
さいかち・第1講義室  遠山 光則
1.血球の分化(特にT細胞とB細胞)について概説できる。
2.体液性免疫と細胞性免疫について説明できる。
3.一次免疫器官・二次免疫器官について概説できる。 
免疫系②
 1)免疫組織の発生とリンパ球の分化
 2)体液性免疫と細胞性免疫
(教科書P.220~241;生物図録P.167〜171)
21 12/16 3 C-3-4)-(7)-① 消化管の基本構造、消化機能及び調節機構を説明できる。
C-3-4)-(7)-② 肝臓の構造と機能及び胆汁と胆道系を説明できる。
C-3-4)-(7)-③ 膵臓(外分泌部と内分泌部)の構造と機能を説明できる。
 
講義・ディスカッション  さいかち・第1講義室  橋本 貞充
1.消化器系を説明できる。
2.消化・吸収の機構を概説できる。 
消化器系 消化管と栄養素
 1)消化器系
 2)消化管/消化腺
(教科書p265〜270、生物図録p154〜156)
22 12/16 4 C-3-4)-(10)-①
腎臓、尿管、膀胱及び尿道の構造と機能を説明できる。
C-3-4)-(10)-②
体液の量と組成及び浸透圧の調節機構を説明できる。
 
講義・ディスカッション  さいかち・第1講義室  佐藤 正樹
1. 泌尿器系の構成を説明できる。
2. 腎臓の構造と機能を概説できる。 
泌尿器系
 1)泌尿器系
 2)腎臓の構造と機能
(生物図録p152~153、161)
23 1/13 3 C-2-3)-③
細胞周期と細胞分裂を説明できる。
 
講義・
ディスカッション 
さいかち・第1講義室  遠山 光則
1.三胚葉性動物の発生の基本を説明できる。具体的には、棘皮動物ウニの発生を概説できる。
 
1)発生学用語
2)ウニの発生過程
(教科書P.195~198;生物図録P.110〜113)
24 1/13 4 C-3-4)-(9)-①
内分泌器官・組織の構造と機能及びホルモンの種類、作用と異常を説明できる。
 
講義・ディスカッション  さいかち・第1講義室  佐藤 正樹
内分泌を概説できる。 
1.内分泌器官の分布
2.ホルモンの種類
3.フィードバック機構
4.カルシウム調節機構
5. 血糖値調節機構
6. 血圧調節機構
(教科書p270;生物図録p158~161)
25 1/20 3 C-3-4)-(6)-①
特殊感覚器の構造と特殊感覚を説明できる。
C-3-4)-(6)-②
体性感覚の受容器の構造と機能を説明できる。
C-3-4)-(6)-③
内臓感覚を概説できる。
 
講義・ディスカッション  さいかち・第1講義室  佐藤 正樹
1. 感覚を分類できる。
2. 適刺激、感覚器、受容器、伝導路、中枢を説明できる。
3. 感覚の鋭敏さを説明できる。 
体性感覚
 1.皮膚感覚
 2. 深部感覚
 3.内臓感覚
特殊感覚
 1.視覚、聴覚、平衡覚、嗅覚、味覚
二点弁別閾-神経分布密度-大脳皮質領域面積-神経細胞数
(教科書p284~298;生物図録p175~179)
26 1/20 4 C-2
 生命の分子的基盤
C-3
 人体の構造と機能
 
講義・ディスカッション  さいかち・第1講義室  橋本 貞充
佐藤 正樹
1)遺伝子の発現と遺伝の基本的機序を説明できる。
2)個体の成り立ち(細胞~組織~器官)を説明できる。
3)器官系の成り立ちと機能の概要を説明できる。  
生物学Ⅱの講義のまとめ

↑科目ページのtopに戻る