第 1 学 年  生命倫理《Aクラス》
後 期 計 画 表

↓授業日程表を表示

教科の特徴
1.現代社会の倫理・道徳について基本的知識を修得し、真摯な態度を育む。
2.現代社会の生命倫理的諸問題を理解する。
3.現代社会の情報倫理(ネットリテラシー)を理解する。

1.一般目標(GIO:General Instructional Objective)
1)現代社会の倫理・道徳にかかわる諸問題を幅広く理解する。
2)様々な理論、概念、事例を通じて、生命倫理的諸問題を理解する。
3)現代社会の情報倫理(ネットリテラシー)を理解する。


2.行動目標(SBOs:Specific Behavioral Objectives)
1)現代社会の倫理・道徳にかかわる諸問題を説明する。
2)様々な理論、概念、事例を用いて、倫理・道徳的知識を説明する。
3)現代社会の情報倫理(ネットリテラシー)を説明する。


3.方略(LS:Learning Strategy)
1)講義
2)講義中に課すリアクション・ペーパーへの記述


4.評価(Evaluation)(形成的評価・総括的評価)
1)定期試験(記述試験)
2)講義中に課すリアクション・ペーパー


事前・事後学修
各回の授業内容項目について、講義中に紹介するテーマに関する関連書籍等を読み、理解すること(60分程度)。

教科書
必要に応じてプリントを配布する。

参考図書
講義で適宜提示する。

オフィスアワー
授業終了後:講師控室

総授業コマ数
13コマ

出席について

   担当者  『 * 』は実務経験教員を示す
 新島 典子 非常勤講師

↑科目ページのtopに戻る

月日 時限 コア・カリキュラム 方略(LS)場所 担当者
(その他の)SBOs
内容項目
1 10/8 1 A-2 医の倫理
 
講義  さいかち・第2講義室  新島 典子
医の倫理と生命倫理の歴史経過と諸問題を概説できる。
医の倫理に関する規範・国際規範(ヒポクラテスの誓い、ジュネーブ宣言、ヘルシンキ宣言等)を概説できる。 
 歯科医師に必要な倫理・道徳(1)
1.倫理の基本概念・歴史
2.医の倫理と生命倫理の歴史と諸問題
2 10/15 1 B-2 健康と社会、環境
B-2-2) 保健・医療・福祉制度
 
講義  さいかち・第2講義室  新島 典子
高齢者のおかれた社会環境を説明できる。
障害者のおかれた社会環境を説明できる。 
 生と死を数値化する
1.死亡率、死因、平均寿命
2.現代社会の生きづらさ、さまざまな障害と病い
3 10/22 1 A-2 医の倫理
 
講義  さいかち・第2講義室  新島 典子
生と死に関わる倫理的問題を説明できる。 
 生と死を定義する
1.死の社会的・物理的定義
2.脳死判定・臓器移植の諸問題
4 10/29 1 A-1 患者の尊厳
A-3 歯科医師の責務
A-4 インフォームドコンセント
 
講義  さいかち・第2講義室  新島 典子
患者の権利を説明できる。
患者の自己決定権を説明できる。
患者が自己決定ができない場合の対応を説明できる。
患者との信頼関係を築くことができる。
患者に最も適した医療を説明できる。
インフォームドコンセントの意義と重要性を説明できる。
説明を受ける患者の心理状態や理解度に配慮できる。 
 生と死を操作する
1.安楽死について、誰がいつ決めるか
2.決定のプロセスとインフォームドコンセント
5 11/5 1   講義  さいかち・第2講義室  新島 典子
 
 これまでのまとめ(1)

6 11/12 1 A-1 患者の尊厳
A-2 医の倫理
A-3 歯科医師の責務
A-4 インフォームドコンセント
A-7 対人関係能力
A-7-2) 医療面接
 
講義  さいかち・第2講義室  新島 典子
患者が自己決定ができない場合の対応を説明できる。
生と死に関わる倫理的問題を説明できる。
患者との信頼関係を築くことができる。
患者の価値観が多様であることを認識し、柔軟に対応できる。
説明を受ける患者の心理状態や理解度に配慮できる。
医療面接の役割を説明できる。 
 死を迎える・受け入れる   
1.老い衰えゆくこと、家族の死
2.終末期医療とホスピス
3.喪失体験と回復、葬儀
7 11/19 1 3.情報の科学
3-(1)-【2】-1)1)インターネットシステムの概要、問題点、危険性、使用上のマナーを説明できる。
3-(1)-【2】-2)2)アカウントとパスワードを説明できる。
3-(1)-【2】-3)3)パスワードの管理ができる。
 
講義  さいかち・第2講義室  新島 典子
インターネットシステムの概要、問題点、危険性、使用上のマナーを説明できる。
アカウントとパスワードを説明できる。
パスワードの管理ができる。 
 インターネットとメールの倫理
1.インターネットを用いた情報収集とモラル
2.電子メールのモラルとマナー
3.トラブル回避のために
8 11/26 1 3.情報の科学
3-(1)-【2】-1)1)インターネットシステムの概要、問題点、危険性、使用上のマナーを説明できる。
3-(1)-【2】-2)2)アカウントとパスワードを説明できる。
3-(1)-【2】-3)3)パスワードの管理ができる。
 
講義  さいかち・第2講義室  新島 典子
インターネットシステムの概要、問題点、危険性、使用上のマナーを説明できる。
アカウントとパスワードを説明できる。
パスワードの管理ができる。 
 ソーシャルメディア利用の倫理
1.ソーシャルメディア利用のリスク
2.ソーシャルメディア利用上のモラルとマナー
3.トラブル回避のために
9 12/3 1 3.情報の科学
3-(1)-【2】-1)1)インターネットシステムの概要、問題点、危険性、使用上のマナーを説明できる。
3-(1)-【2】-2)2)アカウントとパスワードを説明できる。
3-(1)-【2】-3)3)パスワードの管理ができる。
 
講義  さいかち・第2講義室  新島 典子
インターネットシステムの概要、問題点、危険性、使用上のマナーを説明できる。
アカウントとパスワードを説明できる。
パスワードの管理ができる。 
 ネット上の個人情報と倫理
1.携帯電話やパソコンの個体識別と本人追跡性
2.情報セキュリティ
3.トラブル回避のために
10 12/10 1   講義  さいかち・第2講義室  新島 典子
 
 これまでのまとめ(2)

11 12/17 1 A-2 医の倫理
A-3 歯科医師の責務
A-6 生涯学習

 
講義  さいかち・第2講義室  新島 典子
生と死に関わる倫理的問題を説明できる。
患者の価値観が多様であることを認識し、柔軟に対応できる。
医療の改善のために不断の評価・検証と倫理的および患者の利益と安全に配慮した科学的研究が必要であることの重要性を説明できる。 
 歯科医師に必要な倫理・道徳(2)
1.道徳的正しさとは: 正義論
2.実験動物をめぐる倫理・道徳的議論
12 1/14 1 A-2 医の倫理
A-4 インフォームドコンセント
A-6 生涯学習
A-6-2) 研究マインドの涵養
 
講義  さいかち・第2講義室  新島 典子
生と死に関わる倫理的問題を説明できる。
説明を受ける患者の心理状態や理解度に配慮できる
研究は、医学・医療の発展や患者の利益の増進を目的としてに行われるべきことを説明できる。 
 歯科医師に必要な倫理・道徳(3)
1.技術と実践のせめぎあい: いのちの操作と優性思想
2.高度生殖医療の現状をめぐる倫理・道徳的議論
13 1/21 1   講義  さいかち・第2講義室  新島 典子
 
 これまでのまとめ(3)

↑科目ページのtopに戻る