第 1 学 年  心理学《bクラス》
前 期 計 画 表

↓授業日程表を表示

教科の特徴
心はあると感じたことはあっても、手にとってまるめたり、その画像をSNSにアップロードしたことはあるでしょうか。
目で見たり、手でふれたりできない心についての学問は、耳目を集める傍らで、その実際はよく知られていないという実情があります。

心理学は、人が生きる上で切り離すことのできない心のしくみと働きを実証科学的に解き明かすとともに、その成果を心身の健康の回復・保持・増進のために実践的に活用し、よりよく生きることを目的とする学問です。
ですから、人の心を心理学的に理解することは、歯科学の専門家として、対人援助職として、全人的な歯科保健医療を提供し、社会に貢献するために、必要不可欠と考えられます。

心理学にはさまざまな分野があります。
近年、口腔内環境や歯科疾患の成り立ち・経緯における心身相互作用や心理社会的因子についても、高い関心が集まっています。個々人のこころと取り巻く環境の問題への気づきや、歯痛の根っこにある心の痛みへの配慮を意識していくことは、人を診る医療・支援につながっていくものです。これは、臨床心理学に含まれるテーマです。

人間の知覚、認知、記憶、学習のメカニズム、モチベーション、問題発見と解決、情動、ストレスについての心理学からは、学ぶ姿勢や心身の健康管理、人としての成長に結びつく知見を得、それを手がかりに自己向上に努めていかれるでしょう。
また、心のしくみと発達、パーソナリティ、対人関係やコミュニケーション、コミュニティについての心理学は、日常の対人関係や、患者さんとご家族はもちろんのこと、チーム医療・多職種協働、地域社会の場におけるスタッフ間の信頼関係構築と円滑なコミュニケーションにとって重要であり、歯科保健医療の専門家として、よりよく機能するために有用です。

いま、そして将来、日ごろから、また、医療現場において、習得した心理学の知見を活用し、自分と他者のこころを客観的に理解し、自ら柔軟に考え、他者と適切に関わり、適応的に行動するために、心をもって心を思う姿勢の素地を培っていきましょう。
(コンピテンシー 2、3、4、5、6、7、8)

1.一般目標(GIO:General Instructional Objective)
人のこころのしくみと働きを科学的に解明する心理学の基礎知識や理論を把握するとともに、人のこころについて多面的・多角的、かつ深淵な視点からとらえるよう、自身のこころを豊かに働かせ、人の複雑なこころを丁寧に見ていく習慣を形成していきましょう。
また、青年期という自分らしさ(identity)を形成する過程にある皆さん自身の心身の理解・成長につなげていただくことも目標とします。
授業でとりあげるテーマに、科学的思考と豊かな感性、洞察力をもって、問題解決・対処に自主的・積極的に取り組む態度で臨んでいただくことを期待します。

2.行動目標(SBOs:Specific Behavioral Objectives)
①心理学とは何かを知り、人の心を科学的に解明することの意義について理解し、適切に説明できる。(20%)
②心のしくみや働きについて理解し、説明できる。(20%)
③心理学専門用語を正しく理解し、用語を使って話すことができる。(20%)
④心の発達や臨床(心の障がいと支援)について適切に理解し、必要に応じて説明できる。(20%)
⑤心への多角的・多面的かつ奥深い視点を養い、自分と他者のこころの状態について注意をむけ、自身のこころの成長につなげていかれる。(20%)

3.方略(LS:Learning Strategy)
1)受動的方法:講義
2)能動的方法:積極的授業参加・ディスカッション・リアクションペーパー・体験学習
3)媒体:プリント、スライド、コンピューター画像、参考図書

4.評価(Evaluation)(形成的評価・総括的評価)
1)定期試験(総括的評価)行動目標に挙げた内容の理解度について、空欄補充、真偽選択、多肢選択式、論述などの記述試験にて評価する。(70%)
2)平常点評価(形成的評価):授業の出席状況と受講態度、リアクションペーパー(授業テーマに関連する課題へのとりくみやミニテスト、授業内容についての質問・考察などを含む)。(30%)

事前・事後学修
事前学修:
事前にテーマごとのプリントを配布するので、毎回目を通し、要点を把握し、テーマによっては問題意識や自分なりの感覚・考えをもった上で授業に臨む。(15~30分程度)
第1回:シラバスを通読する。心理学とは、心とは何か、自分なりのイメージを答えられるようにする。(15分)
第2~13回:プリントに目をとおし、重要なポイントや心理学用語をおさえたうえで授業に臨む。(15分)
第14回:プリント・資料などすべてを見直し、内容を十分に理解しているか、専門用語を正しく使えるかを精査し、質問・問題に答えられるようにする。(20分)

事後学修:
当日の授業内容をふりかえり、重要事項や心理学専門用語について、プリントをもとにノートを作成し、理解・考えを深める。日々身近にある心理学に気づき、他者に話せる。(15~30分)
第1~2回:当日の授業内容をふりかえり、重要事項について、配布プリントをもとに授業ノートを作成する。(15 分)
第3~13回:当日の授業内容をふりかえり、配布プリント・ノートに、重要事項や専門用語を授業中の説明とともに記載・整理する。毎回、プリント・ノートを見なおして、これまでの内容や専門用語を正しく理解できていることをくりかえし確認し、自分のものにする。(15 分)
第14回:プリント・資料すべてを再確認し、重要事項や専門用語をまとめる。生活の中で心理学を意識できている。(20分)

事前学修・事後学修の評価:
第1~13回: 
事前学修:授業中の質問に答える。
事後学修:授業ノート点検(ランダムに)、授業中やリアクションペーパーにて質問や課題に答える。
第14回:   
事前学修:授業当日に、質問に答えられる、自分なりの考察を発言する。
事後学修:配布資料、作成ノート精読。心理学の基礎知識が身についており、質問に答えることができる。日々であう心理学への気づきを続けており、必要に応じて他者に伝えることができる。

教科書
テーマごとにプリントを配布

参考図書
鹿取 廣人ら著編『心理学 第5版補訂版』(東京大学出版会)
長谷川 寿一ほか著『はじめて出会う心理学 第3版』(有斐閣)
斉藤 勇 編 『図説 心理学入門 第2版』(誠信書房)
詫摩 武俊 編 『心理学 改訂版』(新曜社) 
無藤 隆ら著『心理学 新版』(有斐閣)
ほか

オフィスアワー
授業終了後次の授業が始まるまで、講義室内

総授業コマ数
14コマ

出席について
出席は講義開始から5分以内にとる。また講義開始後20 分までに入室した場合は遅刻とし、それ以降は原則欠席とする。公共交通機関の遅延などによる場合には、証明となる書類(遅延証明書等)を提出すること。終了予定時刻から20分以上前に早退した場合には、欠席扱いとする。遅刻・早退・欠席回数に応じた点数を減点する。

   担当者  『 * 』は実務経験教員を示す
 林 百合 非常勤講師

↑科目ページのtopに戻る

月日 時限 コア・カリキュラム 方略(LS)場所 担当者
(その他の)SBOs
内容項目
1 4/8 3   講義
ディスカッション 
さいかち・第3講義室  林 百合
①心理学とは何かを知り、人の心を科学的に解明することの意義について理解し、適切に説明できる。  
こころとは。
これからの授業の進め方。
大学生とは(概観)。
2 4/15 3   講義
リアクションペーパー
 
さいかち・第3講義室  林 百合
①人の心を科学的に理解することの意義について理解する。
⑤心への多角的・多面的かつ奥深い視点を養い、自他のこころの状態について注意をむけ、自身のこころの成長につなげていかれる。  
大学生のキャンパスライフ・メンタルヘルスについて(概観)。
3 5/13 3   講義  さいかち・第3講義室  林 百合
①心理学を知り、人の心を科学的に解明することの意義について理解する。
②心のしくみや働きについて理解する。 
心理学のあゆみ(現代心理学の歴史と発展、心理学の目的と方法)
4 5/20 3   講義  さいかち・第3講義室  林 百合
②心のしくみや働きについて理解する。
③心理学専門用語を正しく理解する。   
感覚・知覚①こころの入り口である感覚・知覚について、感覚のしくみと役割について把握する。
5 5/27 3   講義
ディスカッション 
さいかち・第3講義室  林 百合
②心のしくみや働きについて理解する。
③心理学専門用語を正しく理解する。  
感覚・知覚②複雑で適応的な知覚のしくみ、認知について学ぶ。
6 6/3 3   講義  さいかち・第3講義室  林 百合
②心のしくみや働きについて理解する。
③心理学専門用語を正しく理解する。  
学習①心理学が扱うさまざまなな学習について-レスポンデント条件づけとオペラント条件づけ。
7 6/10 3   講義
ディスカッション 
さいかち・第3講義室  林 百合
②心のしくみや働きについて理解する。
③心理学専門用語を正しく理解する。  
学習②心理学が扱うさまざまなな学習についてー条件づけと人間の行動。
8 6/17 3   講義
ディスカッション 
さいかち・第3講義室  林 百合
②心のしくみや働きについて理解する。
③心理学専門用語を正しく理解する。  
記憶①記憶の構成と過程、情報処理モデルについて。
9 6/24 3   講義
ディスカッション 
さいかち・第3講義室  林 百合
②心のしくみや働きについて理解する。
③心理学専門用語を正しく理解する。  
記憶②憶える心理と忘れる心理について。 
10 7/1 3   講義
ディスカッション 
さいかち・第3講義室  林 百合
②心のしくみや働きについて理解する。
③心理学専門用語を正しく理解する。  
思考①いろいろな「考える」について、考える。
11 7/8 3   講義  さいかち・第3講義室  林 百合
②心のしくみや働きについて理解する。
③心理学専門用語を正しく理解する。  
思考②問題解決過程と方法・推論や判断の誤りを知る。
12 7/15 3   講義
ディスカッション
リアクションペーパー 
さいかち・第3講義室  林 百合
②心のしくみや働きについて理解する。
③心理学専門用語を正しく理解する。 
欲求と行動・動機づけ①-行動の規定因と、欲求、モチベーションについて。
13 9/2 3   講義
ディスカッション 
さいかち・第3講義室  林 百合
②心のしくみや働き、発達について理解する。
③心理学専門用語を正しく理解する。   
欲求と行動・動機づけ②欲求、葛藤と自我の防衛機制について。
14 9/9 3   講義
ディスカッション
 
さいかち・第3講義室  林 百合
①心理学とは何か、人の心を科学的に解明することの意義について、適切に説明できる。
②心のしくみや働きについて説明できる。
③心理学専門用語を正しく理解し、用語を使って話すことができる。
⑤心への多角的・多面的かつ奥深い視点を自身のこころの成長につなげる。   
前期のふりかえり(心のしくみと働き)
復習とアペンディクス。

↑科目ページのtopに戻る