第 1 学 年  歯科医学のための一般教養Ⅱ
後 期 計 画 表

↓授業日程表を表示

教科の特徴
本学の建学の精神「歯科医師たる前に人間たれ」を実現するためには、専門知識のみならず、人間として幅広く高い教養が求められる。一般教養については、「歯科医師国家試験出題基準」の「必修の基本的事項」の13番目の項目として示されており、将来、歯科医師として患者と接し、さまざまな医療職とチーム医療を実践していくにあたり、重要な素養である。ここでは、医学・医療に関する人文・社会科学・自然科学・芸術などに関連する一般教養的知識や考え方を身につけるため、歯科における基礎系学問、社会系学問、一般教養、口腔の細胞と組織の基本について学修する。

1.一般目標(GIO:General Instructional Objective)
卒業後歯科医師として地域のリーダーの役割を担い、次世代における歯学や歯科医療の発展につなぐために、一般教養としての知識や態度を身につける

2.行動目標(SBOs:Specific Behavioral Objectives)
教科の特徴を参照

3.方略(LS:Learning Strategy)
講義
PowerPoint ・書き込みのできるプリントによる講義と、ディスカッションを取りいれた双方向授業

4.評価(Evaluation)(形成的評価・総括的評価)
定期試験(総括的評価):100.0%
講義内容の理解度を多肢選択式試験、記述試験で評価する。

事前・事後学修
授業要覧(シラバス)の各回の内容項目を読んだ上で受講すること。

事前学修:各回の教科書と参考図書の指定されたところに目を通しておくこと。(各15分)
事後学修:教科書と参考図書を参考にして、配付された資料を用いてまとめること。(各15分)

教科書
適宜プリントを配付

書き込みのできるカラーの講義資料プリントの配布
基礎から学ぶ 生物学・細胞生物学 第3版:和田 勝 著 羊土社

参考図書
授業中に適宜提示する

井出吉信 監修 新編・「歯と口腔のビジュアルガイド」 医歯薬出版

オフィスアワー
授業終了後:教室

総授業コマ数
13コマ

出席について

   担当者  『 * 』は実務経験教員を示す
 橋本 正次 教授, 橋本 貞充 教授*, 下野 正基 名誉教授*

↑科目ページのtopに戻る

月日 時限 コア・カリキュラム 方略(LS)場所 担当者
(その他の)SBOs
内容項目
1 10/7 2   講義  さいかち・第1講義室  橋本 正次
 
人文分野における一般教養
1 国語
2 英語
3 音楽、美術、保険、体育、その他
2 10/14 2   講義  さいかち・第1講義室  橋本 正次
 
社会分野における一般教養
1 歴史
2 地理
3 政治経済
4 倫理
3 10/21 2   講義  さいかち・第1講義室  橋本 正次
 
自然分野における一般教養
1 数学
2 物理・化学
3 生物・地学
4 10/28 2   講義  さいかち・第1講義室  橋本 正次
 
時事分野における一般教養
1 環境
2 科学技術
3 時事

5 11/4 2   講義  さいかち・第1講義室  橋本 正次
文化とは何かを説明できる。
通過儀礼とその意義を説明できる。 
文化人類学
6 11/11 2   講義  さいかち・第1講義室  橋本 正次
世界の主な宗教について説明できる。
日本の宗教について説明できる。 
文化人類学(宗教学・死生観)
7 11/18 2   講義  さいかち・第1講義室  橋本 正次
 
歯科における基礎系・社会系分野について 1
8 11/25 2   講義  さいかち・第1講義室  橋本 正次
 
歯科における基礎系・社会系分野について 2
9 12/2 2 C-2-4)-① 細胞接着の機構を説明できる。
C-2-4)-③ 主な細胞外マトリックス分子の構造と機能、合成と分解を説明できる。
 
Power Point と配布プリントによる講義・ディスカッション  さいかち・第1講義室  橋本 貞充
細胞の動きと細胞骨格を概説できる。
細胞の動きと細胞接着を概説できる。  
【口腔の細胞と組織をみる】
生きている細胞と組織をどう捉え、理解するのか。
1.細胞の動きをとらえる。
2.細胞の骨格とは何か。
3.細胞間結合装置の構造と機能を捉える。
(教科書p68~69、p131~139、p147~152)
10 12/9 2 C-2-3)-(1)-③ 腺の構造と分布及び分泌機構を説明できる。
E-2-2)-⑥ 唾液腺の構造、機能及び分泌調節機序を説明できる。
 
Power Point と配布プリントによる講義・ディスカッション
 
さいかち・第1講義室  橋本 貞充
唾液と唾液腺について概説できる。 
【口腔の細胞と組織をみる】
唾液腺をどうみるのか。
1.分泌とは何か。
2.唾液は何のためにあるのか。唾液の機能について。
3.唾液はどのように生成されるのか。唾液の分泌機構について。
(教科書p147~152)
(参考図書書 p56~59ページ、 p113~115ページ)
11 12/16 2 C-2-3)-④ 細胞死の種類と基本的機序を説明できる。
 
Power Point と配布プリントによる講義・ディスカッション
 
さいかち・第1講義室  橋本 貞充
細胞と個体の死について概説できる。 
【口腔の細胞と組織をみる】
1.細胞の再生と死とは何か。
2.個体の死とは何か。
(教科書p251~254)
12 1/13 2 C-3-4)-(1)-② 皮膚と粘膜の基本構造と機能を説明できる。
E-3-1)-⑥ 歯周組織の発生、構造及び機能を説明できる。
 
Power Point と配布プリントによる講義・ディスカッション
 
さいかち・第1講義室  橋本 貞充
歯と歯周組織の関係を概説できる。 
【口腔の細胞と組織をみる】
歯肉をどうみるのか。
1.歯と粘膜と骨をつなぐ組織・歯周組織とは。
2.口腔粘膜上皮とは何か。
3.口腔粘膜のバリア機構とは何か。
4.歯周組織とは何か。
(参考図書書 p145~166ページ)
13 1/20 2 E-3-1)-⑤ 歯髄の構造と機能を説明できる。
E-3-2)-② 歯髄・根尖性歯周疾患の病因と病態を説明できる。
 
Power Point と配布プリントによる講義・ディスカッション
 
さいかち・第1講義室  橋本 貞充
下野 正基
歯科医学における、考える楽しさ、疑問をもつことの大切さを知る。 
歯科医学の基礎研究から臨床応用へ。
(参考図書書 p51~55ページ、 p101~112ページ)

↑科目ページのtopに戻る