第 1 学 年  哲学《βクラス》
前 期 計 画 表

↓授業日程表を表示

教科の特徴
哲学の問題は多岐にわたりますが、この授業では特に、哲学の基礎および倫理(道徳哲学)に関わる諸問題を取り上げます。「哲学」の営みとは、とらわれのない目で世界や社会を見るとともに、そこにおける私たち自身の人生や生き方にかかわる問題を、先入観や常識に縛られずに根源的かつ自由に考察することにほかなりません。この授業では、現代の倫理的諸問題を視野に入れながら、2年次開講の「生命倫理」の基礎となる知識を提供しつつ、医療人に求められる倫理観や価値観について粘り強く考えていく思考力を養います。さらに、責任ある社会人として、現代を生きる一人の人間として、身に具えるべき素養や知性を涵養していきます。CP1およびDP1に該当する科目です。

1.一般目標(GIO:General Instructional Objective)
この授業は、哲学的・倫理学的諸問題について、受講者一人一人に自ら考えてもらうことを狙いとします。それを通して、受講者自身の人生観や幸福観の確立に寄与したいと思います。

2.行動目標(SBOs:Specific Behavioral Objectives)
(1) 主体的に考える姿勢を身につけ、自他の考えを批判的に吟味する能力を養う。
(2) 現代社会を生きる私たちが直面している様々な倫理的問題について、その重要性を認識し、問題解決の糸口を探す。
(3) 価値観の多様性を認識し、人間性の複雑と人生の問題の難しさに対する理解を深める。


3.方略(LS:Learning Strategy)
講義形式を基本とします。授業では、各回ごとのテーマに即してなるべく多くの問題を紹介したいと思います。そして、それらの問題について「自分なりの見識」をもてるよう、ヒントとなる考え方を示したいと思います。

4.評価(Evaluation)(形成的評価・総括的評価)
期末試験(論述式)によります。試験問題は、基本問題と応用問題とから成り、後者については、予め問題の概要を提示しますので、時間をかけて考察した上で試験に臨むことができます。試験答案に現れる授業へ主体的な参画度も参考にします。毎回、講義の「肝」となる部分や事項については、きちんとノートを取ることが大切です。



事前・事後学修
下記の各回の授業テーマについて、インターネットを利用したり、手持ちの関連図書(高校時代の「倫理」の教科書などでも可)を読んだりして、事前にリサーチしておいてください。また、授業後には、最も大切だと思われた問題について、自分なりの考えをまとめておくとよいでしょう(両方合わせて1時間程度)。

教科書
使用しません。

参考図書
必要に応じて、資料を配布もしくは参考文献を紹介します。

オフィスアワー
授業終了後、講師控室にて

総授業コマ数
15コマ

出席について
やむなく欠席する場合は、事務室にて本学の所定の手続きを取ること。

   担当者  『 * 』は実務経験教員を示す
 嘉吉 純夫 非常勤講師

↑科目ページのtopに戻る

月日 時限 コア・カリキュラム 方略(LS)場所 担当者
(その他の)SBOs
内容項目
1 5/11 4   講義  さいかち・第3講義室  嘉吉 純夫
 
(序)哲学入門(哲学の歴史の概観、哲学の世界への誘い)—ワンランク上の歯科医になるために、そして受講者自身の人生の向上のために—
2 5/18 4   講義  さいかち・第3講義室  嘉吉 純夫
 
西洋思想史から(1) 哲学の始まり「古代ギリシアにおける自然哲学の成立と展開—その思想的功績と現代的意義について考える—」(タレス、ピュタゴラス、デモクリトス等)
3 5/25 4   講義  さいかち・第3講義室  嘉吉 純夫
 
西洋思想史から(2) 古代哲学の展開「古代ギリシアにおける哲学的倫理思想の登場—その思想的功績と現代的意義について考える—」(ソクラテス)
4 6/1 4   講義  さいかち・第3講義室  嘉吉 純夫
 
西洋思想史から(3) 古代哲学の展開「イデア論の登場—超越的世界観の成立とその思想的・現代的意義について考える—」(プラトンとプラトニズム)
5 6/8 4   講義  さいかち・第3講義室  嘉吉 純夫
 
西洋思想史から(4) 古代哲学の展開「『ニコマコス倫理学』における人間観と倫理観—その思想的・現代的意義について考える-」(アリストテレス)
6 6/15 4   講義  さいかち・第3講義室  嘉吉 純夫
 
西洋思想史から(5) 「キリスト教の伝播と中世哲学倫理-その思想的意義と現代的意義について考える-」(イエス・キリストとその思想的後継者たち)
7 6/22 4   講義  さいかち・第3講義室  嘉吉 純夫
 
西洋思想史から(6)「近代哲学の成立-大陸合理論と英国経験論、その思想的意義と現代的意義ついて考える-」(デカルトとベーコン)
8 6/29 4   講義  さいかち・第3講義室  嘉吉 純夫
 
倫理について考える(1)倫理の普遍性と相対性、日本人の倫理観の特徴、世界の諸宗教のタブーについて等々
9 7/6 4   講義  さいかち・第3講義室  嘉吉 純夫
 
倫理について考える(2)動機説か結果説か、法的判断と倫理的判断のズレについて
10 7/13 4   講義  さいかち・第3講義室  嘉吉 純夫
 
倫理について考える(3)義務説か幸福説か(近代倫理の基礎理論)-現代の倫理的問題(生命倫理、生殖倫理等々)を題材に-  
11 7/20 4   講義  さいかち・第3講義室  嘉吉 純夫
 
西洋思想史から(7)カントの義務説的・人格主義的倫理思想-その思想的意義と現代的意義について考える-
12 7/27 4   講義  さいかち・第3講義室  嘉吉 純夫
 
西洋思想史から(8)ベンサムの幸福説的功利主義-その思想的意義と現代的意義について考える-
13 8/3 4   講義  さいかち・第3講義室  嘉吉 純夫
 
西洋思想史から(9)ミルの幸福説的「質的功利主義」とシンガーの幸福説的「選好功利主義」-その思想的意義と現代的意義について考える-
14 8/31 4   講義  さいかち・第3講義室  嘉吉 純夫
 
ここまでの総括と質疑応答
15 9/7 4   講義  さいかち・第3講義室  嘉吉 純夫
 
現代思想の出発点としてのニーチェ、科学技術文明の功罪、現代における「愛」の諸相等々について、私たちの立場から考える—

↑科目ページのtopに戻る