第 1 学 年  哲学
前 期 計 画 表

↓授業日程表を表示

教科の特徴
哲学の問題は多岐にわたりますが、この授業では特に、哲学の基礎および、倫理や価値に関わる問題を取り上げます。「哲学」の営みとは、とらわれのない目で世界や社会を見るとともに、そこにおける私たち自身の人生や生き方にかかわる問題を、先入観や常識に縛られずに根本的かつ自由に考察することにほかなりません。この授業では、現代の倫理的諸問題を視野に入れながら、混迷をきわめるこの世界を生きる一人の人間として身に付けるべき素養や知性を育むことを目標とします。また、教養系科目「生命倫理」の基礎となる知識を扱いつつ、医療人に求められる倫理観や価値観についても粘り強く考えていく思考力を養います。CP1およびDP1に該当する科目です。

1.一般目標(GIO:General Instructional Objective)
この授業は、哲学的・倫理学的諸問題について、学生のみなさん一人一人に自ら考えてもらうことを狙いとします。それを通して、みなさん自身の人生観や幸福観の確立に寄与したいと思います。

2.行動目標(SBOs:Specific Behavioral Objectives)
(1) 主体的に考える姿勢を身につけ、自他の考えを批判的に吟味する能力を養う。
(2) 現代社会を生きる私たちが直面している様々な倫理的問題について、その重要性を認識し、問題解決の糸口を探す。
(3) 価値観の多様性を認識し、人間性の複雑と人生の問題の難しさに対する理解を深める。


3.方略(LS:Learning Strategy)
講義形式を基本とします。毎回、それぞれのテーマに即してなるべく身近に感じられる問題を取り上げながら話を進めます。そして、それらの問題について自分自身で考えるためのヒントを示していきたいと思います。なお、講義後には毎回コメントシートを記入していただき、次週にその一部を匿名でご紹介し、コメントする予定です。

4.評価(Evaluation)(形成的評価・総括的評価)
期末試験(論述式を予定)100%で評価します。詳細は授業内でご案内します。

事前・事後学修
各回の授業で扱う思想家について、手持ちの関連図書(高校時代の「倫理」の教科書などでも可)や、図書館など利用して、事前にリサーチしておいてください。しかし、事前よりもむしろ事後学習に力を入れるとよいでしょう。授業後には、その回で取り上げた問題について反芻し、自分なりの考えをまとめておいてください。そうすることで授業の理解が深まり、また試験の準備ともなるでしょう。(両方合わせて30-60分程度)。

教科書
使用しません。 授業の内容を簡潔にまとめたプリントを配布します。

参考図書
必要に応じてご紹介します。

オフィスアワー
授業終了後、講師控室にて

総授業コマ数
15コマ

出席について
やむなく欠席する場合は、事務室にて本学の所定の手続きを取ってください。

   担当者  『 * 』は実務経験教員を示す
 関谷 雄磨 非常勤講師

↑科目ページのtopに戻る

月日 時限 コア・カリキュラム 方略(LS)場所 担当者
(その他の)SBOs
内容項目
1 4/12 3   講義  本館13階・第1講義室  関谷 雄磨
 
(序)「哲学は一体何の役に立つのか?」―ワンランク上の医療人になるために、そしてみなさん自身の人生の向上のために―
2 4/19 3   講義  本館13階・第1講義室  関谷 雄磨
 
「ずるや不正をしながら生きることをどう思いますか?」(1)―「優れた人」と幸福の関係についての考察―(ソクラテス)
3 4/26 3   講義  本館13階・第1講義室  関谷 雄磨
 
「ずるや不正をしながら生きることをどう思いますか?」(2)―「いちばん大切なものは目に見えない」ということについての考察―(プラトンとプラトニズム)
4 5/10 3   講義  本館13階・第1講義室  関谷 雄磨
 
「欲望との付き合い方」―欲望を叶えることにまつわる問題についての考察―(「カリクレス」)

5 5/17 3   講義  本館13階・第1講義室  関谷 雄磨
 
「人生は楽しければそれでOK?」(1)―「快楽主義」という生き方についての考察―(キュレネ派)

6 5/24 3   講義  本館13階・第1講義室  関谷 雄磨
 
「人生は楽しければそれでOK?」(2)―「快楽主義」の難しさについての考察―(キュレネ派)

7 5/31 3   講義  本館13階・第1講義室  関谷 雄磨
 
「物欲との付き合い方」―「欲望を持たない」という生き方についての考察―(キュニコス派)

8 6/7 3   講義  本館13階・第1講義室  関谷 雄磨
 
「ノモス病」について―「幸福の基準」を自ら定めることについての考察―(キュニコス派)

9 6/14 3   講義  本館13階・第1講義室  関谷 雄磨
 
「ストレスフルな現代人への提言」―心の安らぎの哲学ついての考察―(エピクロス)

10 6/21 3   講義  本館13階・第1講義室  関谷 雄磨
 
「ひとを愛するということ」―「自己愛」と「他者愛」についての考察―(キリスト教的倫理観)

11 6/28 3   講義  本館13階・第1講義室  関谷 雄磨
 
「『精神』というものをどう扱えばよいのか」―「心身二元論」が引き起こす問題についての考察―(デカルト)

12 7/5 3   講義  本館13階・第1講義室  関谷 雄磨
 
「欲望と道徳のはざまで」(1)―「幸福説」と「義務説」の問題についての考察―(ベンサム、ミル、カントなど)

13 7/12 3   講義  本館13階・第1講義室  関谷 雄磨
 
「欲望と道徳のはざまで」(2)―現代の倫理的応用問題の考察―(ベンサム、ミル、カントなど)

14 7/19 3   講義  本館13階・第1講義室  関谷 雄磨
 
ここまでの総括と質疑応答
15 9/6 3   講義  本館13階・第1講義室  関谷 雄磨
 
「多くの人に幸福になってもらいたい人たち」―「功利主義」とその問題についての考察―(ベンサム、ミルなど)


↑科目ページのtopに戻る