第 1 学 年  英語(Ⅰ)《イ》
後 期 計 画 表

↓授業日程表を表示

教科の特徴
英語の4技能の向上を図る総合英語の学習を通じて、日本や多様な外国の言語・文化を尊重する心を養いながら、医療人としての高い倫理観や人間性・協調性を身につける。(コンピテンシー1、4)

ナンバリング
A0321-1C

1.一般目標(GIO:General Instructional Objective)
中学校・高等学校で学習した英語を基礎として、聞くこと・話すこと・読むこと・書くことの英語の4技能の伸長を目指し、英語でのコミュニケーション能力を身につける。

2.行動目標(SBOs:Specific Behavioral Objectives)
1)様々な英語の文章を聞いたり、読んだりして、その内容を正しく理解できる。(40%)
2)英語を書いたり、話したりすることを通じて、自分の考え等を伝えることができる。(40%)
3)日本や外国の言語や文化に興味をもち、大切にする。(5%)
4)プリント等を使った活動において、積極的に取り組んでいる。(15%)
5)ペアやグループ活動において、積極的に取り組んでいる。(5%)

3.方略(LS:Learning Strategy)
1)受動的方法:講義
2)能動的方法:ディスカッション、ペアワーク、グループワーク
3)媒体:教科書、プリント、スライド、ビデオ

4.評価(Evaluation)(形成的評価・総括的評価)
1)定期試験及び中間試験等(総括的評価)70~80%
講義内容の空欄補充、多肢選択、記述式問題等で評価する。中間テスト(1回実施)5~10%、定期試験65~70%
2)平常点評価(総括的評価)5~10%
課題提出状況、実技テスト、授業出席状況

事前・事後学修
事前:シラバスの各回の内容を確認しておくこと。
事後:授業で使用したプリント等を確実に仕上げること。

【e-Learning】

教科書
Jリサーチ出版:瞬時に話せる英会話フレーズ大特訓
自主作成教材(プリント)

参考図書
必要に応じて授業にて紹介

オフィスアワー
授業終了後、次の授業が始まるまで
講義室内または8F教員室

総授業コマ数
14コマ

出席について
出席は講義開始後5分以内に取る。また講義開始30分後までに入室した場合は遅刻とし、それ以降は欠席とする。公共交通機関の遅延については、状況を確認の上、考慮する。

   担当者  『 * 』は実務経験教員を示す
 森田 雅義 客員教授

↑科目ページのtopに戻る

月日 時限 コア・カリキュラム 方略(LS)場所 担当者
(その他の)SBOs
内容項目
1 9/29 1 A-2-1)-④
課題の解決に当たり、他の学習者や教員と協力してよりよい解決方法を見出すことができる。
A-2-1)-⑤
適切な自己評価ができ、改善のための具体的方策を立てることができる。
 
・講義
・ディスカッション
・グループワーク 
さいかち・第3講義室  森田 雅義
1)様々な英語の文章を聞いたり、読んだりして、その内容を正しく理解できる。
2)英語を書いたり、話したりすることを通じて、自分の考え等を伝えることができる。
3)日本や外国の言語や文化に興味をもち、大切にする。
4)プリント等を使った活動において、積極的に取り組んでいる 
日本の昔話の英訳に挑戦!
2 10/6 1 A-2-1)-④
課題の解決に当たり、他の学習者や教員と協力してよりよい解決方法を見出すことができる。
A-4-1)-②
コミュニケーションを通じて良好な人間関係を築くことができる。
 
・講義
・ディスカッション
・ペアワーク 
さいかち・第3講義室  森田 雅義
2)英語を書いたり、話したりすることを通じて、自分の考え等を伝えることができる。
4)プリント等を使った活動において、積極的に取り組んでいる。
5)ペアやグループ活動において、積極的に取り組んでいる。 
瞬間英作文
演習(6)
3 10/13 1 A-2-1)-④
課題の解決に当たり、他の学習者や教員と協力してよりよい解決方法を見出すことができる。
A-4-1)-②
コミュニケーションを通じて良好な人間関係を築くことができる。
 
・講義
・ディスカッション
・ペアワーク 
さいかち・第3講義室  森田 雅義
2)英語を書いたり、話したりすることを通じて、自分の考え等を伝えることができる。
4)プリント等を使った活動において、積極的に取り組んでいる。
5)ペアやグループ活動において、積極的に取り組んでいる。 
瞬間英作文
演習(7)
4 10/20 1 A-2-1)-④
課題の解決に当たり、他の学習者や教員と協力してよりよい解決方法を見出すことができる。
A-4-1)-②
コミュニケーションを通じて良好な人間関係を築くことができる。
 
・講義
・ディスカッション
・ペアワーク 
さいかち・第3講義室  森田 雅義
2)英語を書いたり、話したりすることを通じて、自分の考え等を伝えることができる。
4)プリント等を使った活動において、積極的に取り組んでいる。
5)ペアやグループ活動において、積極的に取り組んでいる。 
瞬間英作文
演習(8)
5 10/25 1 A-2-1)-④
課題の解決に当たり、他の学習者や教員と協力してよりよい解決方法を見出すことができる。
A-4-1)-②
コミュニケーションを通じて良好な人間関係を築くことができる。
 
・講義
・ディスカッション
・ペアワーク 
さいかち・第3講義室  森田 雅義
2)英語を書いたり、話したりすることを通じて、自分の考え等を伝えることができる。
4)プリント等を使った活動において、積極的に取り組んでいる。
5)ペアやグループ活動において、積極的に取り組んでいる。 
瞬間英作文
演習(9)
6 11/10 1 A-2-1)-④
課題の解決に当たり、他の学習者や教員と協力してよりよい解決方法を見出すことができる。
A-4-1)-②
コミュニケーションを通じて良好な人間関係を築くことができる。
 
・講義
・ディスカッション
・ペアワーク 
さいかち・第3講義室  森田 雅義
2)英語を書いたり、話したりすることを通じて、自分の考え等を伝えることができる。
4)プリント等を使った活動において、積極的に取り組んでいる。
5)ペアやグループ活動において、積極的に取り組んでいる。 
瞬間英作文
演習(10)
7 11/17 1 A-2-1)-④
課題の解決に当たり、他の学習者や教員と協力してよりよい解決方法を見出すことができる。
A-2-1)-⑤
適切な自己評価ができ、改善のための具体的方策を立てることができる。
A-4-1)-②
コミュニケーションを通じて良好な人間関係を築くことができる。
 
・講義
・ディスカッション 
さいかち・第3講義室  森田 雅義
2)英語を書いたり、話したりすることを通じて、自分の考え等を伝えることができる。
4)プリント等を使った活動において、積極的に取り組んでいる。 
瞬間英作文
後期中間テスト
【e-Learning】
8 11/24 1 A-2-1)-⑤
適切な自己評価ができ、改善のための具体的方策を立てることができる。
 
・講義
・ディスカッション 
さいかち・第3講義室  森田 雅義
1)様々な英語の文章を聞いたり、読んだりして、その内容を正しく理解できる。
3)日本や外国の言語や文化に興味をもち、大切にする。
4)プリント等を使った活動において、積極的に取り組んでいる。 
Special Program
【e-Learning】
9 12/1 1 A-2-1)-⑤
適切な自己評価ができ、改善のための具体的方策を立てることができる。
 
・講義
・ディスカッション 
さいかち・第3講義室  森田 雅義
1)様々な英語の文章を聞いたり、読んだりして、その内容を正しく理解できる。
3)日本や外国の言語や文化に興味をもち、大切にする。
4)プリント等を使った活動において、積極的に取り組んでいる。 
Special Program
10 12/8 1 A-2-1)-④
課題の解決に当たり、他の学習者や教員と協力してよりよい解決方法を見出すことができる。
A-2-1)-⑤
適切な自己評価ができ、改善のための具体的方策を立てることができる。
 
・講義
・ディスカッション 
さいかち・第3講義室  森田 雅義
2)英語を書いたり、話したりすることを通じて、自分の考え等を伝えることができる。
3)日本や外国の言語や文化に興味をもち、大切にする。
4)プリント等を使った活動において、積極的に取り組んでいる。 
課題作成演習
【e-Learning】
11 12/15 1 A-2-1)-④
課題の解決に当たり、他の学習者や教員と協力してよりよい解決方法を見出すことができる。
A-2-1)-⑤
適切な自己評価ができ、改善のための具体的方策を立てることができる。
A-4-1)-②
コミュニケーションを通じて良好な人間関係を築くことができる。
 
・講義
・ディスカッション
・ペアワーク 
さいかち・第3講義室  森田 雅義
1)様々な英語の文章を聞いたり、読んだりして、その内容を正しく理解できる。
2)英語を書いたり、話したりすることを通じて、自分の考え等を伝えることができる。
3)日本や外国の言語や文化に興味をもち、大切にする。
4)プリント等を使った活動において、積極的に取り組んでいる。 
Christmas Songs
実技テスト
【e-Learning】
12 1/12 1 A-2-1)-④
課題の解決に当たり、他の学習者や教員と協力してよりよい解決方法を見出すことができる。
A-2-1)-⑤
適切な自己評価ができ、改善のための具体的方策を立てることができる。
 
・講義
・ディスカッション
・ペアワーク 
さいかち・第3講義室  森田 雅義
1)様々な英語の文章を聞いたり、読んだりして、その内容を正しく理解できる。
2)英語を書いたり、話したりすることを通じて、自分の考え等を伝えることができる。
3)日本や外国の言語や文化に興味をもち、大切にする。
4)プリント等を使った活動において、積極的に取り組んでいる。 
課題演習
実技テスト
【e-Learning】
13 1/19 1 A-2-1)-④
課題の解決に当たり、他の学習者や教員と協力してよりよい解決方法を見出すことができる。
A-2-1)-⑤
適切な自己評価ができ、改善のための具体的方策を立てることができる。
A-4-1)-②
コミュニケーションを通じて良好な人間関係を築くことができる。
 
・講義
・ディスカッション
・グループワーク 
さいかち・第3講義室  森田 雅義
1)様々な英語の文章を聞いたり、読んだりして、その内容を正しく理解できる。
2)英語を書いたり、話したりすることを通じて、自分の考え等を伝えることができる。
3)日本や外国の言語や文化に興味をもち、大切にする。
4)プリント等を使った活動において、積極的に取り組んでいる。
5)ペアやグループ活動において、積極的に取り組んでいる。 
課題グループ内発表
【e-Learning】
14 1/26 1 A-2-1)-④
課題の解決に当たり、他の学習者や教員と協力してよりよい解決方法を見出すことができる。
A-2-1)-⑤
適切な自己評価ができ、改善のための具体的方策を立てることができる。
A-4-1)-②
コミュニケーションを通じて良好な人間関係を築くことができる。
 
・講義
・ディスカッション
・ペアワーク 
さいかち・第3講義室  森田 雅義
1)様々な英語の文章を聞いたり、読んだりして、その内容を正しく理解できる。
2)英語を書いたり、話したりすることを通じて、自分の考え等を伝えることができる。
4)プリント等を使った活動において、積極的に取り組んでいる。
5)ペアやグループ活動において、積極的に取り組んでいる。 
復習・後期のまとめ

↑科目ページのtopに戻る