第 1 学 年  自然科学演習《Bクラス》
後 期 計 画 表

↓授業日程表を表示

教科の特徴
歯科医学の習得のためには、自然科学の基礎的知識が必須であることは言うまでもない。高校時代は理科3科目(物理・化学・生物)の内、1科目を集中して勉強すればよかったかもしれないが、入学後は他の科目の知識も当然要求されることになる。いずれの科目も不得意を理由に避けて通ることはできない。この演習では、基礎・一般物理学、基礎・一般化学、基礎・一般生物学、及び各科目のⅡで履修した内容を中心に、高校で履修した内容も含んだ問題演習と講義を行い、物理学、化学、生物学の理解の深化をはかる。高校での履修の内容や不得意の程度には個人差があろう。そこで、この演習では、各授業の始めまたは終わりにその時点での実力テスト(プレテストまたはポストテスト)を行い、補充授業が必要とみなされた学生には、高校の内容に準じた補習を行う。各自、できるだけ早く不得意なところを改善し、医学・歯科医学を統合的に理解して全人的な歯科医療を提供するために必要な基本的知識を修得してほしい。(コンピテンシー6、7)
 なお、前期の自然科学演習(生物)、自然科学演習(化学・物理)と後期の自然科学演習は1つの通年科目として実施する。

1.一般目標(GIO:General Instructional Objective)
自然科学分野の問題演習及び関連した講義を受け、平行して履修する物理学・化学・生物学の授業内容の深化をはかる。

2.行動目標(SBOs:Specific Behavioral Objectives)
1)高校物理(物理基礎、物理)の内容を理解する。(12.5%)
2)基礎・一般物理学の内容の理解に必要な基本事項を習得する。(12.5%)
3)高校化学(化学基礎、化学)の内容を理解する。(12.5%)
4)基礎・一般化学の内容の理解に必要な基本事項を習得する。(12.5%)
5)高校生物(生物基礎、生物)の内容を理解する。(25%)
6)生物Ⅱの内容の理解に必要な基本事項を習得し、要点を理解する。さらに演習問題をとおして論理的に説明する能力を身につける。(25%)

3.方略(LS:Learning Strategy)
1)能動的方法:プレテストまたはポストテスト、演習(グループワーク)
2)受動的方法:解説講義
3)媒体:プリント、ビデオ、コンピュータ画像


4.評価(Evaluation)(形成的評価・総括的評価)
前期の自然科学演習(生物)、自然科学演習(化学・物理)と後期の自然科学演習は1つの通年科目として扱い、評価する。
1)プレテスト・ポストテスト・演習(形成的評価)
2)前期定期試験と後期定期試験の平均点(総括的評価)
なお、補習対象学生(プレ・ポストテストの成績不振者および未受験者)が正当な理由なしに当該補習を欠席した場合は、定期試験成績から1回の欠席あたり5点を減ずることとする。

事前・事後学修
事前学修
第1回 炭化水素、官能基について復習する。(10分)
第2回 減数分裂について復習する。(10分)
第3回 DNAの複製について復習する。(10分) 
第4回 電気量、クーロンの法則、電場について復習する。(20分)
第5回 セントラルドグマについて復習する。(10分)
第6回 基礎・一般化学の教科書(メディカル 化学)p. 102~103を読んでおく。(10分)
第7回 メンデル遺伝について復習する。(15分)
第8回 クーロン力による位置エネルギー、電位、電流、オームの法則について復習する。(15分)
第9回 集団遺伝の計算問題の解き方について復習する。(15分)
第10回 芳香族化合物について復習する。(10分)オームの法則について復習する。(10分)
第11回 自然免疫(先天性免疫)と適応免疫(獲得免疫)について復習する。(15分)
第12回 立体異性体について復習する。(15分)電流の周りの磁場、磁場から電流に働く力、磁場から電荷に働く力について復習する。(10分)
第13回 棘皮動物ウニの発生過程を復習する。(10分)免疫現象の復習をする。(10分)
事後学修
第1回、第6回、第10回、第12回(化学) 各回の講義やポストテストの内容を復習する。(各10分)
第4回、第8回、第10回(物理)、第12回(物理) 各回の講義やポストテストの内容を復習する。(各10分)
事前学修については講義内のポストテストにて評価(形成的評価)を行う。
事後学修については対応する講義(基礎・一般化学、基礎・一般物理学)内にてクリッカーなどで評価(形成的評価)する。

生物学の事前学修についは演習問題で評価(形成的評価)する。
生物学の事後学修についてはポストテストで評価(形成的評価)する(第2,3,5,7,9回)。第11、13回は演習問題解法のディスカッションで評価(形成的評価)する。

教科書
1)適宜プリントを配布する。
2)基礎から学ぶ 生物学・細胞生物学 第3版:和田 勝 著 羊土社
3)フォトサイエンス生物図録 三訂版: 鈴木孝仁 監修 数研出版

参考図書
高校物理(物理基礎、物理)の教科書。
高校化学(化学基礎、化学)の教科書。基礎・一般化学で指定した教科書(メディカル 化学)。
高校生物(生物基礎、生物)の教科書。

オフィスアワー
物理学、化学、生物学、それぞれの科目の、オフィスアワーの項目を参照。


総授業コマ数
13コマ

出席について
出席は講義開始5分以内に取る。講義開始15分後までに入室した場合は遅刻とし、それ以降は欠席とする。公共交通機関の遅延が15分を超える場合は考慮するが、15分以内の場合は考慮しない。

   担当者  『 * 』は実務経験教員を示す
 橋本 貞充 教授*, 遠山 光則 客員教授, 佐藤 正樹 講師
 望月 隆二 教授, 池上 健司 准教授, 加藤 哲男 教授
 西川 慶一 准教授

↑科目ページのtopに戻る

月日 時限 コア・カリキュラム 方略(LS)場所 担当者
(その他の)SBOs
内容項目
1 10/5 2 C-1-1)-①
原子と生体を構成する元素を説明できる。
C-1-1)-②
分子の成り立ち及び生体構成分子に関する化学的性質を説明できる。
 
講義
演習 
さいかち・第3講義室  加藤 哲男
西川 慶一
(1)有機化合物の特徴を概説できる。 
(2)主な官能基を列挙し、その性質を説明できる。  
化学演習⑧
 1)有機化合物の特徴、炭化水素
 2)官能基による分類 
2 10/12 2 C-3-2)-➀ 人体の正常な個体発生と器官発生を説明できる。
 
演習・ポストテスト
 
さいかち・第3講義室  遠山 光則
1.発生学の主だった用語を説明できる。
2.生殖細胞形成を概説できる。 
生物学演習⑮
 発生学総論
 1)発生学用語の説明
 2)精子形成と卵子形成
(教科書185~192,199,200;生物図録P.104,105,108,109)
3 10/19 2 C-2-2)-②
デオキシリボ核酸(DNA)複製と修復の機序を説明できる。
 
演習・ポストテスト
 
さいかち・第3講義室  遠山 光則
1.DNAの半保存的複製を説明できる。 
生物学演習⑯
  1)DNAの複製
(教科書P.169~175;生物図録P.73~75)
4 10/26 2 C-1-2)-③
医療機器に応用される電磁現象を説明できる。
 
講義・演習  さいかち・第3講義室  望月 隆二
池上 健司
(1)電気量を説明できる。
(2)クーロンの法則を説明できる。   
(3)電場を説明できる。  
物理学演習⑧
 1)電気量(電荷)
 2)クーロンの法則
 3)電場
5 11/2 2 C-2-2)-③
転写と翻訳の過程と調節機序を説明できる。
 
演習・ポストテスト
 
さいかち・第3講義室  遠山 光則
転写と飜訳の過程を説明できる.
  
生物学演習⑰
 1)転写
 2)翻訳
 3)遺伝子発現の制御
(教科書P.86~94;生物図録P.76~79)

6 11/9 2 C-1-1)-①
原子と生体を構成する元素を説明できる。
C-1-1)-②
分子の成り立ち及び生体構成分子に関する化学的性質を説明できる。
 
講義
演習 
さいかち・第3講義室  加藤 哲男
西川 慶一
(1) 官能基を示し、命名ができる。
(2) IUPAC命名法で有機化合物の命名ができる。 
化学演習⑨
 1)有機化合物の名称
 2)IUPAC命名法
7 11/16 2 C-5-1)-①
染色体、遺伝子及び発生の異常を説明できる。
 
演習・ポストテスト
 
さいかち・第3講義室  遠山 光則
1.遺伝の法則を説明できる。
2.遺伝子の発現と表現型の関係を説明できる。 

  
生物学演習⑱
 1)メンデルの法則
  2)遺伝子型と表現型
 3)伴性遺伝
(教科書P.33~38;生物図録P.140~149)


8 11/30 2 C-1-2)-③
医療機器に応用される電磁現象を説明できる。
 
講義
演習  
さいかち・第3講義室   望月 隆二
池上 健司
(1)クーロン力による位置エネルギーと電位の関係を説明できる。
(2)電流と電気量の関係を説明できる。
(3)オームの法則を説明できる。  
物理学演習⑨
 1)クーロン力による位置エネルギー(電気的位置エネルギー)
 2)電位
 3)電流
 4)オームの法則
9 12/7 2 C-2-2)-⑤
遺伝子解析や遺伝子工学技術を説明できる。
 
演習・ポストテスト
 
さいかち・第3講義室  遠山 光則
1.突然変異のメカニズムについて概説できる。
2.集団遺伝を概説できる。 
3.集団遺伝の計算問題が解ける。  
生物学演習⑲
  集団遺伝
(教科書P.305~314;生物図録P.80,81,246~251)
10 12/14 2 C-1-1)-①
原子と生体を構成する元素を説明できる。
C-1-1)-②
分子の成り立ち及び生体構成分子に関する化学的性質を説明できる。
C-1-2)-③
医療機器に応用される電磁現象を説明できる。
 
講義
演習
 
さいかち・第3講義室  望月 隆二
池上 健司
加藤 哲男
西川 慶一
(1)芳香族化合物の化学構造と性質を説明できる。 
(2)オームの法則を説明できる。  
化学演習⑩
 1)芳香族化合物
物理学演習⑩
 1)オームの法則
11 12/21 2 C-4-2)-①
自然免疫の種類と機能を説明できる。
C-4-2)-②
獲得免疫の種類と機能を説明できる。
 
講義・演習・ディスカッション  さいかち・第3講義室  遠山 光則
免疫現象の成り立ちを説明できる。 
生物学演習⑳
免疫系
 1)からだの防御反応
 2)自己と非自己
 3)自然免疫(先天性免疫)と適応免疫(獲得免疫)
(教科書P.213~241;生物図録P.164~171)

12 1/18 2 C-1-1)-①
原子と生体を構成する元素を説明できる。
C-1-1)-②
分子の成り立ち及び生体構成分子に関する化学的性質を説明できる。
C-1-2)-③
医療機器に応用される電磁現象を説明できる。
 
講義
演習 
さいかち・第3講義室  望月 隆二
池上 健司
加藤 哲男
西川 慶一
(1) 立体配置について説明できる。
(2) 電流の周りの磁場を説明できる。
(3) 磁場から電流に働く力を説明できる。
(4) 磁場から電荷に働く力を説明できる。   
化学演習⑪
 1)幾何異性体 E-Z表示法
 2)光学異性体 R-S表示法
物理学演習⑪
 1)電流の周りの磁場
 2)磁場から電流に働く力
 3)磁場から電荷に働く力
13 1/25 2 C-2-3)-③
細胞周期と細胞分裂を説明できる。
C-4-2)-④
抗原提示機能と免疫寛容を説明できる。
 
演習・ディスカッション  さいかち・第3講義室  遠山 光則
1.三胚葉性動物の発生の基本を説明できる。具体的には、棘皮動物ウニの発生を概説できる。
2.免疫現象の成り立ちを説明できる。 
生物学演習㉑
 1)ウニの発生過程
 2)免疫現象
(教科書P.195~198,220~241;生物図録P.110~113,164~171)
 

↑科目ページのtopに戻る