第 1 学 年  基礎物理学(Ⅰ)
前 期 計 画 表

↓授業日程表を表示

教科の特徴
 基礎物理学では原則として高校での物理学を学んだことがない人を対象にして講義をすすめます。では、これから学ぶ物理学とはどのようなものなのでしょうか。
まず、物理学は公式に数値を代入することではないし、まして、公式を覚えることでもありません。公式は教科書を見ればでています。
次に、物理学は抽象的な言葉の意味を丸暗記することでもありません。これも教科書を見ればでています。
さらに、物理学はありそうもないほど理想化されたモデルに対するパズルを解くゲームでもありません。これは慣れると結構面白く、また、物理学のひとつの側面ではありますが、本質ではありません。
物理学をはじめすべての自然科学は観測事実に拠り所を求めます。ですから、公式や抽象的な概念は常に自然現象と対応するわけで、概念を整理し、公式を変形し、理論を発展させることは自然現象に対する理解を深め、新たな現象を予言することを可能にします。物理学はほかの自然科学に比べて扱うものが単純ですから、その分この“自然科学の論理構造”がよりはっきりと打ち出されます。(そのせいで物理学はより“理屈っぽい”印象を与えるわけです。)逆に言えば物理学を学ぶことで、たとえば歯科医学という学問全体、あるいはその各分野の構造を見渡しやすくなるわけです。勿論、カリキュラムポリシーにある歯科医学専門科目を十分に理解するための基礎知識として物理学で学ぶ概念や法則自体が必要となることもありますが、ディプロマポリシーにあるように医学・歯科医学を統合的に理解し、論理的思考や問題発見・解決のための基本的な能力を身に着けるためには物理学を学ぶことがとても良い方法だということです。(コンピテンシー6,7)
第1学年前期は物理学の中でも基礎的な分野である力学について講義を行います。私たちを取り囲む様々な現象がどのような形で概念や法則として整理されるのか、整理された概念や法則がいかにパワフルに自然に対する理解をすすめるのか、こういったことを自然現象のリアルなイメージを持ちながら学んでいってほしく思います。

1.一般目標(GIO:General Instructional Objective)
歯科医学を学ぶなかで、物理学的な方法を活用することができるように、力学の基本的な概念や法則を理解し、物理学的思考方法を修得する。

2.行動目標(SBOs:Specific Behavioral Objectives)
1)単位とは何かを説明する。(約10%)
2)力の釣り合いを説明する。(約20%)
3)質点の位置、速度、加速度の関係を説明する。(約20%)
4)力が働いている質点の運動を説明する。(約20%)
5)エネルギーと仕事を関連づける。(約10%)
6)エネルギー保存則に基づいた計算を実施する。(約20%)

3.方略(LS:Learning Strategy)
受動的方法:①講義②ビデオ教材視聴
能動的方法:①課題(プリント等)②質問用紙提出③グループディスカッション④クリッカーでの小テスト(形成的)⑤演示実験
媒体:プリント、教科書、板書、ビデオ教材、パソコン映像

4.評価(Evaluation)(形成的評価・総括的評価)
1)前期定期試験において、記述試験等による総括的評価を行う。(100%)
2)授業への取り組み等を日常点として減点法により総括的評価を行う。
(-20%)
3)適宜、クリッカーやプリントの課題提出等による形成的評価を行い、授業の中で解説する。

事前・事後学修
事前学修
第1回:シュラバスで基礎物理学の特徴やGIOを読む。(5分程度)
第2回:第1回授業内容を再度見直す。(10分程度)
第3回:第2回授業内容を再度見直す。(10分程度)
第4回:第3回授業内容を再度見直す。(10分程度)
第5回:第4回授業内容を再度見直す。(10分程度)
第6回:第5回授業内容を再度見直す。(10分程度)
第7回:第6回授業内容を再度見直す。(10分程度)
第8回:第7回授業内容を再度見直す。(10分程度)
第9回:第8回授業内容を再度見直す。(10分程度)
第10回:第9回授業内容を再度見直す。(10分程度)
第11回:第10回授業内容を再度見直す。(10分程度)
第12回:第11回授業内容を再度見直す。(10分程度)
第13回:第12回授業内容を再度見直す。(10分程度)
第14回:第13回授業内容を再度見直す。(10分程度)
事後学修
第1回:第1回授業内容に関する質問を提出する。(5分)・第1回授業内容を復習する。(20分程度)
第2回:第2回授業内容に関する質問を提出する。(5分)・第2回授業内容を復習する。(20分程度)
第3回:第3回授業内容に関する質問を提出する。(5分)・プリントの課題に取り組む。(20分程度)
第4回:第4回授業内容に関する質問を提出する。(5分)・プリントの課題に取り組む。(20分程度)
第5回:第5回授業内容に関する質問を提出する。(5分)・第5回授業内容を復習する。(20分程度)
第6回:第6回授業内容に関する質問を提出する。(5分)・プリントの課題に取り組む。(20分程度)
第7回:第7回授業内容に関する質問を提出する。(5分)・プリントの課題に取り組む。(20分程度)
第8回:第8回授業内容に関する質問を提出する。(5分)・第8回授業内容を復習する。(20分程度)
第9回:第9回授業内容に関する質問を提出する。(5分)・第9回授業内容を復習する。(20分程度)
第10回:第10回授業内容に関する質問を提出する。(5分)・プリントの課題に取り組む。(20分程度)
第11回:第11回授業内容に関する質問を提出する。(5分)・第11回授業内容を復習する。(20分程度)
第12回:第12回授業内容に関する質問を提出する。(5分)・プリントの課題に取り組む。(20分程度)
第13回:第13回授業内容に関する質問を提出する。(5分)・プリントの課題に取り組む。(20分程度)
第14回:第1回~第14回の授業内容の復習をする。(120分程度)
事前学修、事後学修の評価
①各回の提出された質問に回答、コメントする。
②第3、7、8回の授業中にクリッカーによる小テスト行い、復習状況の確認をする。
③第4、5、7,8,11、13、14回の授業中に演習問題の解説を行う。

教科書
原 康夫 著:第3版 物理学入門、学術図書出版

参考図書
金原 粲 著:これだけはおさえたい物理、実教出版
藤城敏幸 著:新編力学、東京教学社
木下紀正 他 著:物理学の基礎 身近なアプローチ、東京教学社
J.T.Shipman 著、勝守寛 訳:増補改訂版シップマン自然科学入門新物理学、学術図書出版

オフィスアワー
毎週水曜16:00~18:00、毎週月、水、金曜11:50~12:40
さいかち坂校舎8F 望月教授室


総授業コマ数
14コマ

出席について
出席は講義開始直後に取る。講義開始後、20分以内に入室した場合は遅刻とし、それ以降は欠席とする。また、交通機関の遅延は考慮するが、遅延の状況と比べて入室が遅い場合には遅刻または欠席とする。

   担当者  『 * 』は実務経験教員を示す
 望月 隆二 教授, 池上 健司 准教授

↑科目ページのtopに戻る

月日 時限 コア・カリキュラム 方略(LS)場所 担当者
(その他の)SBOs
内容項目
1 4/8 1 C-1-2)-① 生体現象と医療機器の原理における物体の力学的な運動を説明できる。
 
講義  さいかち・第1講義室  望月 隆二
池上 健司
1)単位とは何かを説明する 
オリエンテーション
1.測定と単位
  1)測定とは何をすることか
  2)単位の変換
  3)SI(エスアイ)

2 4/15 1 C-1-2)-① 生体現象と医療機器の原理における物体の力学的な運動を説明できる。
 
講義、
グループディスカッション 
さいかち・第1講義室  望月 隆二
2)力のつり合いを説明する。 
2.物体が静止し続けること
  1)質点とは何か
  2)質点を動かすには
3 5/13 1 C-1-2)-① 生体現象と医療機器の原理における物体の力学的な運動を説明できる。
 
講義、クリッカーによる小テスト(形成的)  さいかち・第1講義室  望月 隆二
2)力のつり合いを説明する。 
  3)ベクトルの足し算と引き算
  4)力の分解と合成
4 5/20 1 C-1-2)-① 生体現象と医療機器の原理における物体の力学的な運動を説明できる。
 
講義、
演習 
さいかち・第1講義室  望月 隆二
4)力の釣り合いを説明する 
  5)質点が静止し続けること
5 5/27 1 C-1-2)-① 生体現象と医療機器の原理における物体の力学的な運動を説明できる。
 
講義、
演習 
さいかち・第1講義室  望月 隆二
2)力のつり合いを説明する。 
  6)質点に働く力の探し方
6 6/3 1 C-1-2)-① 生体現象と医療機器の原理における物体の力学的な運動を説明できる。
 
講義  さいかち・第1講義室  望月 隆二
3)質点の位置、速度、加速度の関係を説明する。 
3.質点が動くということ
  1)質点の動きを記述する
    (1)直線上を動く質点
    (2)座標と位置ベクトル
    (3)変位と平均速度
    (4)(瞬間)速度
7 6/10 1 C-1-2)-① 生体現象と医療機器の原理における物体の力学的な運動を説明できる。
 
講義、演習、クリッカーによる小テスト(形成的)  さいかち・第1講義室  望月 隆二
3)質点の位置、速度、加速度の関係を説明する。 
    (5)平均加速度と(瞬間)加速度
8 6/17 1 C-1-2)-① 生体現象と医療機器の原理における物体の力学的な運動を説明できる。
 
講義、
演習、クリッカーによる小テスト(形成的) 
さいかち・第1講義室  望月 隆二
3)質点の位置、速度、加速度の関係を説明する。 
    (6)速度・加速度から位置を求める
9 6/24 1 C-1-2)-① 生体現象と医療機器の原理における物体の力学的な運動を説明できる。
 
講義、
演示実験 
さいかち・第1講義室  望月 隆二
4)力が働いている質点の運動を説明する。 
  2)質点は力で動く
    (1)力が働いていない質点は
    (2)運動方程式
10 7/1 1 C-1-2)-① 生体現象と医療機器の原理における物体の力学的な運動を説明できる。
 
講義、
ビデオ教材 
さいかち・第1講義室  望月 隆二
4)力が働いている質点の運動を説明する。 
    (3)運動方程式を解く
11 7/8 1 C-1-2)-① 生体現象と医療機器の原理における物体の力学的な運動を説明できる。
 
講義、演習  さいかち・第1講義室  望月 隆二
5)エネルギーと仕事を関連づける。 
4.エネルギー
  1)仕事とエネルギー
    (1)仕事
12 7/15 1 C-1-2)-① 生体現象と医療機器の原理における物体の力学的な運動を説明できる。
 
講義  さいかち・第1講義室  望月 隆二
12)力学的エネルギーを列挙する 
    (2)エネルギー
    (3)いろいろなエネルギー
13 9/2 1 C-1-2)-① 生体現象と医療機器の原理における物体の力学的な運動を説明できる。
 
講義、演習  さいかち・第1講義室  望月 隆二
6)エネルギー保存則に基づいた計算を実施する。 
2)エネルギー保存則

14 9/9 1 C-1-2)-① 生体現象と医療機器の原理における物体の力学的な運動を説明できる。
 
演習  さいかち・第1講義室  望月 隆二
1)単位とは何かを説明する。
2)力の釣り合いを説明する。
3)質点の位置、速度、加速度の関係を説明する。
4)力が働いている質点の運動を説明する。
5)エネルギーと仕事を関連づける。
6)エネルギー保存則に基づいた計算を実施する。  
前期の総復習

↑科目ページのtopに戻る