第 1 学 年  一般物理学(Ⅱ)
後 期 計 画 表

↓授業日程表を表示

教科の特徴
 一般物理学の一般的な特徴は前期計画表に書いたとおりです。後期も前期までと同様に、自ら設定した問題に対し推論を行う訓練を行い、ディプロマ・ポリシーに掲げられた、積極的な自主学修態度と論理的思考および問題発見・解決のための基本的な能力を身につけてもらうために、そして医学・歯科医学を統合的に理解して全人的な歯科医療を提供するために必要な基本的知識を得てもらうために、本講義では電磁気学、測定の誤差、剛体の力学の基礎を学びます。(コンピテンシー6、7)
 なお、この履修要覧で提示した講義内容はほぼ基礎物理学(Ⅱ)と共通であり、試験も共通です。この講義では基礎物理学(Ⅱ)で教えていない内容も扱いますが、試験に出ることはありません。

1.一般目標(GIO:General Instructional Objective)
 自ら問題を設定し、物理をその問題に応用し、結果または解答を得られるようになるため、そして生命科学のよりよい理解をするために、電磁気学・測定の誤差・剛体の力学の基礎を理解し、推論の方法と推論を説明する方法を体得する。

2.行動目標(SBOs:Specific Behavioral Objectives)
1)電気とは何かを説明する。(約10%)
2)点電荷に働くクローン力を求める。(約10%)
3)電場とは何かを説明する。(約10%)
4)電位とは何かを説明する。(約10%)
5)金属の電気に関する特徴を説明する。(約5%)
6)オームの法則を説明する。(約10%)
7)磁場とは何かを説明する。(約5%)
8)ローレンツ力を説明する。(約10%)
9)剛体が並進しない(並進し出さない)条件を説明する。(約5%)
10)剛体が回転しない(回転し出さない)条件を説明する。(約10%)
11)直接測定の誤差を説明する。(約5%)
12)間接測定の誤差を説明する。(約10%)

3.方略(LS:Learning Strategy)
1)受動的行動:講義、ビデオ教材視聴、演示実験
2)能動的行動:演習、ディスカッション、クリッカーによるピアインストラクション、質問提出、課題提出
3)媒体:板書、教科書、プリント、ビデオ教材、演示実験

4.評価(Evaluation)(形成的評価・総括的評価)
1)後期定期試験において、記述試験等による総括的評価を行う。(100%)
2)授業への取り組み等を日常点として減点法により総括的評価を行う。
(-20%)
3)適宜、クリッカーやプリントの課題提出等による形成的評価を行い、授業の中で解説する。

事前・事後学修
事前学修
第1回:前期定期試験を見直す。(60分)
第2回:第1回授業内容を見直す。(10分)
第3回:第2回授業内容を見直す。(10分)
第4回:第3回授業内容と第4回自然科学演習の内容を見直す。(15分)
第5回:第4回授業内容を見直す。(10分)
第6回:第5回授業内容を見直す。(10分)
第7回:第6回授業内容を見直す。(10分)
第8回:第7回授業内容を見直す。(10分)
第9回:第8回授業内容と第8回自然科学演習の内容を見直す。(15分)
第10回:配布プリントの空欄を埋めておく。(20分程度)
第11回:第12回授業内容を再度見直す。(10分程度)
第12回:一般物理学Ⅰで学んだ力のつり合いを復習する。(20分程度)
第13回:第12回授業内容を見直す。(10分程度)
事後学修
第1回:第1回授業内容を復習し、課題を提出する。質問を提出する。(15分程度)
第2回:第2回授業内容を復習し、課題を提出する。質問を提出する。(15分程度)
第3回:第3回授業内容を復習する。質問を提出する。(10分程度)
第4回:第4回授業内容を復習し、課題を提出する。質問を提出する。(15分程度)
第5回:第5回授業内容を復習する。質問を提出する。(10分程度)
第6回:第6回授業内容を復習し、課題を提出する。質問を提出する。(15分程度)
第7回:第7回授業内容を復習する。質問を提出する。(10分程度)
第8回:第8回授業内容を復習する。質問を提出する。(10分程度)
第9回:第9回授業内容を復習する。質問を提出する。(10分程度)
第10回:第10回授業内容を復習する。(20分程度)・プリントの課題に取り組む。
第11回:第11回授業内容を復習する。(20分程度)・プリントの課題に取り組む。
第12回:第12回授業内容に関する質問を提出する。(5分)・第10回授業内容を復習する。(10分程度)
第13回:第13回授業内容を復習する。(20分程度)
事前学修、事後学修の評価
1.講義内の課題提出にて評価(形成的評価)を行う。
2.提出された質問に回答、コメントする。

教科書
原 康夫 著:増補版 物理学入門、学術図書出版

参考図書
朝永振一郎 著:物理学とは何だろう(上、下)、岩波新書
赤間松太郎 著:医歯系の物理学、東京教学社


オフィスアワー
毎週水、木曜日 17:25~18:00:さいかち坂校舎8F教員室

望月教授のオフィスアワーについては基礎物理学Ⅰのシラバスを参照すること。

総授業コマ数
13コマ

出席について
出席は講義開始直後に取る。また講義開始後10分以内に入室した場合は遅刻とし、それ以降は欠席とする。交通機関の遅延は考慮するが、遅延の状況と比べて入室が遅い場合や、遅延にかかわらず大幅に入室が遅れた場合には考慮しない。

   担当者  『 * 』は実務経験教員を示す
 池上 健司 准教授, 望月 隆二 教授

↑科目ページのtopに戻る

月日 時限 コア・カリキュラム 方略(LS)場所 担当者
(その他の)SBOs
内容項目
1 10/6 1 C-1-2)-③
医療機器に応用される電磁現象を説明できる。
 
講義、演習、演示実験  さいかち・第3講義室  池上 健司
1)電気とは何かを説明する。 
1.電荷と電気力
1)電荷と、電荷保存則
  (1)電荷
  (2)帯電のメカニズム
  (3)電荷保存則
2 10/13 1 C-1-2)-①
生体現象と医療機器の原理における物体の力学的な運動を説明できる。
C-1-2)-③
医療機器に応用される電磁現象を説明できる。
 
講義、演習、演示実験  さいかち・第3講義室  池上 健司
2)点電荷に働くクローン力を求める。 
2)クーロンの法則
  (1)クーロンの法則
  (2)電気力の重ね合わせ
3 10/20 1 C-1-2)-①
生体現象と医療機器の原理における物体の力学的な運動を説明できる。
C-1-2)-③
医療機器に応用される電磁現象を説明できる。
 
講義、演習、ビデオ教材視聴  さいかち・第3講義室  池上 健司
3)電場とは何かを説明する。 
3)電場(電界)
  (1)電場(電界)の考え方
  (2)電場の定義
4 10/27 1 C-1-2)-①
生体現象と医療機器の原理における物体の力学的な運動を説明できる。
C-1-2)-③
医療機器に応用される電磁現象を説明できる。
 
講義、演習  さいかち・第3講義室  池上 健司
3)電場とは何かを説明する。 
  (3)点電荷が周囲に作る電場
5 11/10 1 C-1-2)-①
生体現象と医療機器の原理における物体の力学的な運動を説明できる。
C-1-2)-③
医療機器に応用される電磁現象を説明できる。
 
講義、演習  さいかち・第3講義室  池上 健司
4)電位とは何かを説明する。 
4)電気的位置エネルギー(クーロン力による位置エネルギー)と電位
  (1)電気的位置エネルギー(クーロン力による位置エネルギー)
6 11/17 1 C-1-2)-①
生体現象と医療機器の原理における物体の力学的な運動を説明できる。
C-1-2)-③
医療機器に応用される電磁現象を説明できる。
 
講義、演習、クリッカーによるピアインストラクション  さいかち・第3講義室  池上 健司
4)電位とは何かを説明する。
5)金属の電気に関する特徴を説明する。 
  (2)電位
  (3)クーロン力による位置エネルギーとエネルギー保存則
5)導体と電場
  (1)導体と絶縁体
  (2)導体と電場
7 11/24 1 C-1-2)-①
生体現象と医療機器の原理における物体の力学的な運動を説明できる。
C-1-2)-③
医療機器に応用される電磁現象を説明できる。
 
講義、演習
 
さいかち・第3講義室  池上 健司
5)金属の電気に関する特徴を説明する。
6)オームの法則を説明する。 
  (3)静電シールド(静電遮蔽)
6)電流と磁場
  (1)電流とは何か
  (2)電流を流すことの出来る物体と自由電荷
  (3)オームの法則
8 12/1 1 C-1-2)-①
生体現象と医療機器の原理における物体の力学的な運動を説明できる。
C-1-2)-③
医療機器に応用される電磁現象を説明できる。
 
講義、演習  さいかち・第3講義室  池上 健司
6)オームの法則を説明する。
7)磁場とは何かを説明する。 
  (3)オームの法則
  (4)磁石の周囲の磁場
9 12/8 1 C-1-2)-①
生体現象と医療機器の原理における物体の力学的な運動を説明できる。
C-1-2)-③
医療機器に応用される電磁現象を説明できる。
 
講義、演習  さいかち・第3講義室  池上 健司
7)磁場とは何かを説明する。
8)ローレンツ力を説明する。 
  (5)電流の周囲の磁場
  (6)磁場から電流が受ける力
  (7)磁場から動いている電荷が受ける力(ローレンツ力)
10 12/15 1 A-2-2)-③ 実験・実習の内容を決められた様式にしたがって文書と口頭で発表できる。
 
講義
演習 
さいかち・第3講義室  望月 隆二
11)直接測定の誤差を説明する。 
2.測定と誤差
1)誤差と有効数字
  (1)誤差とは何か
  (2)有効数字
  (3)誤差の求め方

11 1/12 1 A-2-2)-③ 実験・実習の内容を決められた様式にしたがって文書と口頭で発表できる。
 
講義、演習  さいかち・第3講義室  望月 隆二
12)間接測定の誤差を説明する  
2)測定値の表し方
  (1)測定値の相対誤差と絶対誤差
  (2)測定値の表し方
12 1/19 1 C-1-2)-①
生体現象と医療機器の原理における物体の力学的な運動を説明できる。
 
講義、演習、ディスカッション、演示実験  さいかち・第3講義室  池上 健司
9)剛体が並進しない(並進し出さない)条件を説明する。 
3.物体の並進と回転
1)物体の並進
  (1)剛体とは何か
  (2)義歯に働く力
  (3)剛体が並進しない条件
13 1/26 1 C-1-2)-①
生体現象と医療機器の原理における物体の力学的な運動を説明できる。
 
講義、演習、演示実験  さいかち・第3講義室  池上 健司
10)剛体が回転しない(回転し出さない)条件を説明する。 
2)剛体の回転
  (1)力のモーメント
  (2)剛体が回転しない(回転し出さない)条件

↑科目ページのtopに戻る