第 1 学 年  基礎化学(Ⅰ)《イ》
前 期 計 画 表

↓授業日程表を表示

教科の特徴
 人類は古代の文明を作りだして以来、自分たちの生きている世界を出きる限り正しく理解しようと努めてきました。今日の自然科学や技術には、人類が過去数千年にわたって蓄積してきた自然に対する理解とそれに基づく創造とが反映されています。化学は自然に対する理解を深め、私たちの身の回りに存在する物質の本性や働きを調べ、さらに私たちの生活に役立てようとする自然科学の一分野です。
 無限ともいえる物質も元をたどれば約100種類の元素に過ぎません。そのうちの少数の元素の組み合わせで自然界のいろいろな物質ができあがっています。物質はさまざまな変化をしますが、その複雑な変化の道すじも少数の基本的な原理と法則をもとに説明できます。私たちは今後ますます多様な物質に取り囲まれた環境に身を置くことになると考えられます。化学が私たちの生活にいかに深く関わっているかを認識することで、自然や環境を深く観察し新たな創造へと進むことが可能となります。
 この講義を聴講する学生は、化学があまり得意ではない人たちです。従って、高校の化学に立ち戻って復習しながら一歩一歩大学レベルの講義に移行していきます。医学・歯科医学を統合的に理解し全人的な歯科医療を提供するために必要な基礎知識としての化学をしっかり修得してください。(コンピテンシー6、7)

1.一般目標(GIO:General Instructional Objective)
日常生活に関連する化学反応を理解し、専門科目(基礎科目・臨床科目)の基本となる化学を学ぶ。

2.行動目標(SBOs:Specific Behavioral Objectives)
1)原子の基本構造を説明できる。(15%) 
2)物質の基本となる原子・分子・イオンについて説明できる。(15%)
3)原子どうし、分子どうしの結合様式を説明できる。(20%)
4)物質量を用いて計算できる。(10%)
5)化学反応式を理解できる。(10%)
6)気体、液体、固体の性質を説明できる。(20%)
7)化学反応と生体内反応を関連づけることができる。(10%)

3.方略(LS:Learning Strategy)
1) 受動的方法:講義
2) 能動的方法:クリッカーを使ってのプレテストとポストテスト、ディスカッション
3) 媒体:教科書、参考図書、スライド、プリント

4.評価(Evaluation)(形成的評価・総括的評価)
1)形成的評価:クリッカーによるプレテストおよびポストテスト(各回の授業において、重要なポイントを把握するために行う。テスト終了後、質問を受け、解説を行う。)
2)総括的評価:前期定期試験100%(講義内容の理解度を記述試験で評価する。一般化学と同一テストで、共通問題8~10問、選択問題2問[4問中2問選択]で行う。)

事前・事後学修
事前:シラバスを必ず確認し、その内容について教科書の該当部分を精読して授業に臨んでください。教科書に該当部分がない内容については、高等学校の教科書や図書館の参考図書等を精読して下さい。
〔事前学修〕
第1回:(20分)
 教科書の1・1、1・2・1、1・2・2を読んでおくこと。
 (2) 1)については高校の教科書やインターネット教材等で学修すること。
第2回:(30分)
 教科書の1・1・2、1・4、1・5を読んでおくこと。
第3回:(20分)
 教科書の1・6、1・7・2、1・7・3を読んでおくこと。
 (4) 1) 2)については高校の教科書やインターネット教材等で学修すること。
第4回:(10分)
 教科書の1・6を読んでおくこと。
第5回:(20分)
 教科書の2・1、2・2、2・3を読んでおくこと。
第6回:(20分)
 教科書の2・4、2・6を読んでおくこと。
第7回:(30分)
 教科書の2・7を読んでおくこと。
第8回:(30分)
 教科書の3・1、3・2、3・4、3・5、4・1・1、4・1・2、4・2・1を読んでおくこと。
第9回:(30分)
 高校の教科書やインターネット教材等で学修すること。
第10回:(20分)
 高校の教科書やインターネット教材等で学修すること。
第11回:(20分)
 教科書の5・1、5・4を読んでおくこと。
第12回:(30分)
 高校の教科書やインターネット教材等で学修すること。
第13回:(30分)
 教科書の1・2・3、5・6・1、5・6・2を読んでおくこと。
 (1) 3) 4)については高校の教科書やインターネット教材等で学修すること。
第14回:(20分)
 教科書の6・1、6・2・1、6・3、6・4を読んでおくこと。
第15回:(20分)
 教科書の6・5、6・6・1、6・6・2、6・6・3を読んでおくこと。

〔事後学修〕
 授業で理解できなかった点を調べて理解する。また、ポストテストの内容(特に間違ったところ)について、復習する。

事前学修の成果については、当日の授業前にプレテストで確認する。事後学修の成果については、翌週のプレテストと一緒にポストテストを行って確認する。

教科書
齋藤勝裕、太田好次、山倉文幸、八代耕児、馬場 猛 共著:メディカル化学-医歯薬系のための基礎化学、裳華房

毎回、授業プリントを配布する。

参考図書
Molly M.Bloomfield著、伊藤ら共訳:生命科学のための基礎化学、無機物理化学編、丸善
佐佐木行美(ほか)著:新教養無機化学
J.D.Lee著、浜口 博訳:リー無機化学
千谷利三著:新版無機化学

高校新演習スタンダード 化学基礎
 https://www.edu-network.jp/juku/movie/lm/s_30chk.html
NHK高校講座 化学基礎
 https://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/kagakukiso/
生活と化学
 http://sekatsu-kagaku.sub.jp/
化学のグルメ
 https://kimika.net/

オフィスアワー
月から金の昼休みと放課後18時まで(さいかち坂校舎8階)

総授業コマ数
15コマ

出席について
出席は講義開始5分以内に取る。講義開始15分後までに入室した場合は遅刻とし、それ以降は欠席とする。

   担当者  『 * 』は実務経験教員を示す
 加藤 哲男 教授, 西川 慶一 准教授

↑科目ページのtopに戻る

月日 時限 コア・カリキュラム 方略(LS)場所 担当者
(その他の)SBOs
内容項目
1 4/13 3 C-1-1)-①
原子と生体を構成する元素を説明できる。
C-1-1)-②
分子の成り立ち及び生体構成分子に関する化学的性質を説明できる。
 
クリッカーによるプレテスト、講義、ディスカッション、クリッカーによるポストテスト   さいかち・第3講義室  西川 慶一
(1) 原子の構造を古典モデルで説明できる。
(2) 原子番号、質量数の意味を説明できる。
(3) 元素の意味を説明できる。 
原子の構造と性質(その1)
(1) 物質とは
(2) 古典的な原子モデル
 1) 原子の構造
 2) 原子の表記法
 3) 原子の大きさ
2 4/20 3 C-1-1)-①
原子と生体を構成する元素を説明できる。
C-1-1)-②
分子の成り立ち及び生体構成分子に関する化学的性質を説明できる。
 
クリッカーによるプレテスト、講義、ディスカッション、クリッカーによるポストテスト  さいかち・第3講義室  西川 慶一
(1) 原子の構造を量子力学的モデルで説明できる。 
(2) パウリの排他律を説明できる。
(3) フントの規則を説明できる。
(4) 軌道電子の軌道配置順を説明できる。 
原子の構造と性質(その2)
(3) 現在の原子モデル
 1) 電子殻と電子雲
 2) 電子配置と量子数
3 4/27 3 C-1-1)-①
原子と生体を構成する元素を説明できる。
C-1-1)-②
分子の成り立ち及び生体構成分子に関する化学的性質を説明できる。
 
クリッカーによるプレテスト、講義、ディスカッション、クリッカーによるポストテスト  さいかち・第3講義室  西川 慶一
(1) イオンとイオン化を説明できる。
(2) イオンの種類を説明できる。
(3) イオンの名称を述べることができる。
(4) 周期律の意味と周期律が生じる理由を説明できる。 
原子の構造と性質(その3)
(4)電子配置とイオン化
 1) イオンとイオン化
 2) イオンの種類
(5)元素の周期表
 1) 元素の周期律
 2) イオン化エネルギーと電子親和力
4 5/11 3 C-1-1)-①
原子と生体を構成する元素を説明できる。
C-1-1)-②
分子の成り立ち及び生体構成分子に関する化学的性質を説明できる。
 
クリッカーによるプレテスト、講義、ディスカッション、クリッカーによるポストテスト  さいかち・第3講義室  西川 慶一
(1) 周期表の族と周期の意味を説明できる。
(2) 同族元素の名称を述べることができる。
(3) 典型元素と遷移元素の違いを説明できる。 
原子の構造と性質(その4)
(5) 元素の周期表
 3) 周期表と元素の分類
 4) 典型元素と遷移元素
5 5/18 3 C-1-1)-①
原子と生体を構成する元素を説明できる。
C-1-1)-②
分子の成り立ち及び生体構成分子に関する化学的性質を説明できる。
 
クリッカーによるプレテスト、講義、ディスカッション、クリッカーによるポストテスト   さいかち・第3講義室  西川 慶一
原子どうしの結合様式を説明できる。 
化学結合と混成軌道(その1)
(1)原子の化学結合と化学式
(2)イオン結合
(3)金属結合
6 5/25 3 C-1-1)-①
原子と生体を構成する元素を説明できる。
C-1-1)-②
分子の成り立ち及び生体構成分子に関する化学的性質を説明できる。
 
クリッカーによるプレテスト、講義、ディスカッション、クリッカーによるポストテスト  さいかち・第3講義室  西川 慶一
原子どうしの結合様式を説明できる。 
化学結合と混成軌道(その2)
(3)共有結合
 1) 共有結合と分子
 2) 電子式(ルイス構造式)
 3) 電子雲の結合(σ結合とπ結合)
7 6/1 3 C-1-1)-①
原子と生体を構成する元素を説明できる。
C-1-1)-②
分子の成り立ち及び生体構成分子に関する化学的性質を説明できる。
 
クリッカーによるプレテスト、講義、ディスカッション、クリッカーによるポストテスト  さいかち・第3講義室  西川 慶一
原子どうしの結合様式を説明できる。 
化学結合と混成軌道(その3)
(3)共有結合
 4) 分子の形と混成軌道
8 6/8 3 C-1-1)-①
原子と生体を構成する元素を説明できる。
C-1-1)-②
分子の成り立ち及び生体構成分子に関する化学的性質を説明できる。
 
クリッカーによるプレテスト、講義、ディスカッション、クリッカーによるポストテスト  さいかち・第3講義室  西川 慶一
(1) 配位結合を説明できる。
(2) 錯イオンの名称を述べることができる。
(3) 分子どうしの結合様式を説明できる。 
化学結合と混成軌道(その4)
(4)配位結合
分子間力と分子の化学結合
 1) 分子間力
 2) 共有結合のイオン性(極性)
 3) 水素結合
 4) ファンデルワールス力
9 6/15 3 C-1-1)-①
原子と生体を構成する元素を説明できる。
C-1-1)-②
分子の成り立ち及び生体構成分子に関する化学的性質を説明できる。
 
クリッカーによるプレテスト、講義、ディスカッション、クリッカーによるポストテスト  さいかち・第3講義室  西川 慶一
(1) 物質の三態を説明できる。
(2) 単体、化合物、純物質、混合物の意味を説明できる。
(3) 物質の分離法と精製法を説明できる。 
物質の三態
成分による物質の分類
物質の分離と精製
10 6/22 3 C-1-1)-①
原子と生体を構成する元素を説明できる。
C-1-1)-②
分子の成り立ち及び生体構成分子に関する化学的性質を説明できる。
 
クリッカーによるプレテスト、講義、ディスカッション、クリッカーによるポストテスト  さいかち・第3講義室  西川 慶一
(1) 理想気体と実在気体の違いを説明できる。
(2) ボイルの法則、シャルルの法則を説明できる。
(3) 理想気体の状態方程式を説明できる。
(4) 気体の発生方法、捕集方法、主な性質を説明できる。 
気体の性質
(1) ボイル・シャルルの法則
(2) 理想気体の状態方程式
(3) 気体の発生、捕集、主な性質
11 6/29 3 C-1-1)-①
原子と生体を構成する元素を説明できる。
C-1-1)-②
分子の成り立ち及び生体構成分子に関する化学的性質を説明できる。
 
クリッカーによるプレテスト、講義、ディスカッション、クリッカーによるポストテスト  さいかち・第3講義室  西川 慶一
(1) 溶液、溶解、溶解度の意味を説明できる。
(2) コロイドを説明できる。
(3) コロイド溶液の種類と性質を説明できる。 
液体の性質
(1) 溶液、溶解、溶解度
(2) コロイド溶液
(4) 金属結晶
(5) 分子結晶
12 7/6 3 C-1-1)-①
原子と生体を構成する元素を説明できる。
C-1-1)-②
分子の成り立ち及び生体構成分子に関する化学的性質を説明できる。
 
クリッカーによるプレテスト、講義、ディスカッション、クリッカーによるポストテスト  さいかち・第3講義室  西川 慶一
固体の種類と性質を説明できる。 
固体の種類と性質
(1) 非晶質と結晶
(2) 共有(結合)結晶
(3) イオン結晶
(4) 金属結晶
(5) 分子結晶
13 7/13 3 C-1-1)-①
原子と生体を構成する元素を説明できる。
C-1-1)-②
分子の成り立ち及び生体構成分子に関する化学的性質を説明できる。
 
クリッカーによるプレテスト、講義、ディスカッション、クリッカーによるポストテスト  さいかち・第3講義室  西川 慶一
(1) 物質量を用いた計算ができる。
(2) 溶液の濃度の計算ができる。
(3) 化学反応を式で表せる。 
物質の化学変化(その1)
(1) 物質量と化学反応式
 1) 原子量、分子量、物質量
 2) 溶液の濃度
 3) 化学反応式
 4) 化学反応の量的関係
14 7/20 3 C-1-1)-①
原子と生体を構成する元素を説明できる。
C-1-1)-②
分子の成り立ち及び生体構成分子に関する化学的性質を説明できる。
 
クリッカーによるプレテスト、講義、ディスカッション、クリッカーによるポストテスト  さいかち・第3講義室  西川 慶一
(1) 酸性、塩基性を説明できる。
(2) pHの意味を説明できる。
(3) pHの計算ができる。
(4) 中和反応を説明できる。 
物質の化学変化(その2)
(2) 酸、塩基、中和
 1) 酸と塩基
 2) 水素イオン濃度とpH
 3) 中和反応
15 9/7 3   クリッカーによるプレテスト、講義、ディスカッション、クリッカーによるポストテスト  さいかち・第3講義室  西川 慶一
(1) 酸化と還元の意味を説明できる。
(2) 酸化数を用いて酸化反応と還元反応を区別できる。
(3) 酸化剤と還元剤を例示できる。 
物質の化学変化(その3)
(3) 酸化還元反応
 1) 酸化・還元と酸化数
 2) 酸化剤と還元剤

↑科目ページのtopに戻る