第 2 学 年  人体の構造と機能(生物)
前 期 計 画 表

↓授業日程表を表示

教科の特徴
 ひとのからだは、ひとつの受精卵が細胞分裂と細胞の分化・誘導により、様々な臓器がつくられていき、多様な器官が形成される。そして、ひとつの個体としてそれらの器官が統合され、器官系が互いに連携し、機能するようになる。このような受精卵から始まる組織発生から、成長、成熟、老化、そして死にいたる加齢変化を理解することは、さまざまな疾患の理解と、診断・治療に極めて重要となってくる。人体の構造と機能では、ヒトの発生と成長過程における各器官の組織形成と機能発現について考える。

1.一般目標(GIO:General Instructional Objective)
 受精から始まる組織発生を理解すると共に、ヒトの様々な臓器の器官形成過程を知り、臓器・器官の機能の成熟と、成長、成熟、老化へと向う加齢変化について理解を深める。

2.行動目標(SBOs:Specific Behavioral Objectives)
1)ヒトの正常発生を概説できる。(10%)
2)受精の過程を説明できる。(5〜10%)
3)胚葉の分化と初期発生、器官形成を説明できる。(10%)
4)鰓性器官の形成を説明できる。(10%)
5)神経系の発生を説明できる。(5〜10%)
6)骨格系と筋系の発生を説明できる。(5〜10%)
7)泌尿器系と生殖器系の発生を説明できる。(5〜10%)
8)消化器系と呼吸器系の発生を説明できる。(10%)
9)循環器と血液の発生を説明できる。(10%)
10)免疫系の発生と進化を説明できる。(5〜10%)
11)顎顔面の形成を説明できる。(10%)
12)加齢と老化を説明できる。(5〜10%)
13)外皮系の発生を説明できる。(5〜10%)

3.方略(LS:Learning Strategy)
1)受動的方法:PowerPoint による講義
2)能動的方法:問題練習やディスカッションを取りいれた、学修状況を把握しながらの双方向授業
3)媒体:カラーの図を多用し、書き込みのできる講義資料プリント

4.評価(Evaluation)(形成的評価・総括的評価)
1)定期試験(総括的評価):100%
講義内容の理解度を、空欄補充、多肢選択式、論述などの試験で評価する。
追再試験は、全講義内容を範囲とする。

事前・事後学修
発生学は、解剖学・組織学・生理学・発生病態学等の専門科目と密接な関連した基礎となるものであり、基本的な事項を充分に理解するつもりで授業に臨むこと。
事前学修:各回の教科書と参考図書の指定されたところに目を通しておくこと。(各15分)
事後学修:教科書と参考図書を参考にして、配付された資料を用いてまとめること。(各15分)

教科書
白澤信行 編著:Qシリーズ・新発生学・改訂第4版.日本医事新報社(2012)

参考図書
Moore/Persaud著:受精卵からヒトになるまで 原著第6版.医歯薬出版(2007)
Sadler,T.W. 著、安田峯生訳:ラングマン人体発生学 第11版、メディカル・サイエンス・インターナショナル(2017)
Moore,Persaud 著、瀬口 春道 監訳:ムーア人体発生学 原著第8版、医歯薬出版(2011)
Larsen著,相川英三他監訳:ラーセン人体発生学第4版、西村書店(2017)
脇田稔 他著:口腔組織・発生学 第2版、医歯薬出版(2015)
脇田稔、前田健康他編 口腔組織・発生学、第2版、医歯薬出版(2018)
下野正基他編 新口腔病理学、第2版、医歯薬出版(2018)

オフィスアワー
毎週金曜 昼休み(11:45~12:55):さいかち坂校舎8階

総授業コマ数
15コマ

出席について
出席は講義開始後10分以内に取る。また講義開始30分後までに入室した場合は遅刻とし、それ以降は欠席とする。公共交通機関の遅延が15分を超える場合は出欠席について考慮するが、15分以内の場合は考慮しない。

   担当者  『 * 』は実務経験教員を示す
 橋本 貞充 教授*, 佐藤 正樹 講師

↑科目ページのtopに戻る

月日 時限 コア・カリキュラム 方略(LS)場所 担当者
(その他の)SBOs
内容項目
1 4/9 1 C-3-2)-① 人体の正常な個体発生と器官発生を説明できる。
 
PowerPoint による講義・ディスカッション  さいかち・第1講義室  橋本 貞充
1. ヒトの発生の概略を捉え、説明できる。
 
発生の全体像
(教科書p2~7)
2 4/16 1 C-2-2)-1
個体発生と器官発生を概説できる。
 
PowerPoint と書き込みのできるカラーの資料による講義・ディスカッション  さいかち・第1講義室  佐藤 正樹
1.配偶子形成を説明できる。
2.受精の過程を説明できる。
3. 解剖学的平面を説明できる。 
ヒトの生殖
1)配偶子形成
2)生殖器官
3)受精の過程
(教科書p2~8)

3 4/23 1 C-3-2)-①
人体の正常な個体発生と器官発生を説明できる。
C-3-2)-②
多能性幹細胞と基本的な発生学的技術を概説できる。
C-3-2)-③
人体の形態的な成長と機能的な発達を説明できる。
 
PowerPoint と書き込みのできるカラーの資料による講義・ディスカッション  さいかち・第1講義室  佐藤 正樹
1.卵割~胚盤胞の形成過程を説明できる。
2.2層性の胚盤形成および着床を説明できる。
1.原腸胚形成を説明できる。 
2.神経管と神経堤の形成を説明できる。
3.体節の形成を概説できる。
4.循環器系・造血系の初期発生を概説できる。 
ヒトの発生第1週~第3週
(教科書p10~21)
4 5/14 1 C-3-2)-①
人体の正常な個体発生と器官発生を説明できる。
C-3-2)-②
多能性幹細胞と基本的な発生学的技術を概説できる。
C-3-2)-③
人体の形態的な成長と機能的な発達を説明できる。
 
PowerPoint と書き込みのできるカラーの資料による講義・ディスカッション  さいかち・第1講義室  佐藤 正樹
1.円筒形の胚子形成の過程を説明できる。
2.内胚葉・中胚葉・外胚葉からできる主な組織を説明できる。
3.異常発生に感受性のある時期について説明できる。 
第4週~第8週における発生の重要点
(教科書p8、18、20~22)
5 5/21 1 C-3-2)-①
人体の正常な個体発生と器官発生を説明できる。
C-3-2)-②
多能性幹細胞と基本的な発生学的技術を概説できる。
C-3-2)-③
人体の形態的な成長と機能的な発達を説明できる。
 
PowerPoint と書き込みのできるカラーの資料による講義・ディスカッション  さいかち・第1講義室  佐藤 正樹
三胚葉から分化する器官、構造を説明できる。 
器官形成期(胎児期における発生の重要点)
(教科書p24~34)
6 5/28 1 C-3-2)-①
人体の正常な個体発生と器官発生を説明できる。
C-3-2)-②
多能性幹細胞と基本的な発生学的技術を概説できる。
C-3-2)-③
人体の形態的な成長と機能的な発達を説明できる。
 
PowerPoint と書き込みのできるカラーの資料による講義・ディスカッション  さいかち・第1講義室  佐藤 正樹
1.神経系の発生と進化を説明できる。  
神経系の発生と進化
1)脳と脊髄の発生と進化
2)神経細胞とグリア細胞
(教科書p126~167)
7 6/4 1 C-3-2)-①
人体の正常な個体発生と器官発生を説明できる。
C-3-2)-②
多能性幹細胞と基本的な発生学的技術を概説できる。
C-3-2)-③
人体の形態的な成長と機能的な発達を説明できる。
C-3-4)-(2)-④
骨発生(軟骨内骨化と膜内骨化)、骨成長及びリモデリングの機序と調節機構を説明できる。
 
PowerPoint と書き込みのできるカラーの資料による講義・ディスカッション  さいかち・第1講義室  佐藤 正樹
1. 骨格系の発生を説明できる。
2. 筋細胞の発生を概説できる。
3. 筋系の形成を説明できる。  
骨格系と筋系の発生
(教科書p116~125)
8 6/11 1 C-3-2)-① 人体の正常な個体発生と器官発生を説明できる。
C-3-4)-(7)-① 消化管の基本構造、消化機能及び調節機構を説明できる。
C-3-4)-(7)-② 肝臓の構造と機能及び胆汁と胆道系を説明できる。
 
PowerPoint と書き込みのできるカラーの資料による講義・ディスカッション  さいかち・第1講義室  橋本 貞充
1.消化器系の発生を説明できる。
 
消化器系の発生
(教科書p72~85)
9 6/18 1 C-3-2)-① 人体の正常な個体発生と器官発生を説明できる。
C-3-4)-(4)-② 血液循環(肺循環、体循環及び胎児循環)の経路と主要な動静脈の名称を説明できる。
C-3-4)-(4)-⑥ 造血器官と造血機構を説明できる。
 
PowerPoint と書き込みのできるカラーの資料による講義・ディスカッション  さいかち・第1講義室  橋本 貞充
1. 血液の形成と血球の分化成熟を説明できる。
2. 循環器系の発生と器官形成を説明できる。 
1)循環器系の発生と器官形成
2)血液の形成と血球の分化成熟
(教科書p42~65)
10 6/25 1 E-2-3)-① 口腔・顎顔面領域の発生を説明できる。
 
PowerPoint と書き込みのできるカラーの資料による講義・ディスカッション  さいかち・第1講義室  橋本 貞充
1. 鰓性器官の発生を説明できる。 
咽頭器官(鰓性器官)
1) 鰓弓・鰓嚢・鰓溝
2) 甲状腺の発生
(教科書p28~33)
11 7/2 1 E-2-3)-① 口腔・顎顔面領域の発生を説明できる。
 
PowerPoint と書き込みのできるカラーの資料による講義・ディスカッション  さいかち・第1講義室  橋本 貞充
1. 舌の発生を説明できる。
2. 唾液腺の発生を説明できる。
3. 顔の発生を説明できる。
4. 口蓋の発生を説明できる。  
1) 舌の発生
2) 唾液腺の発生
3) 顔の発生
4) 口蓋の発生
(教科書p34~41)

12 7/9 1 C-3-2)-① 人体の正常な個体発生と器官発生を説明できる。
C-3-4)-(8)-① 気道系の構造と機能を説明できる。
C-3-4)-(8)-② 肺の構造・機能と呼吸運動を説明できる。
C-3-4)-(10)-① 腎臓、尿管、膀胱及び尿道の構造と機能を説明できる。
 
PowerPoint と書き込みのできるカラーの資料による講義・ディスカッション  さいかち・第1講義室  橋本 貞充
1. 呼吸器系の発生を説明できる。
2. 泌尿性殖器系の発生を説明できる。 
呼吸器系の発生
泌尿性殖器系の発生
(教科書p86~89、p95~135)

13 7/16 1 C-4-2)-③ 免疫系担当臓器・細胞の種類と機能を説明できる。
 
PowerPoint と書き込みのできるカラーの資料による講義・ディスカッション  さいかち・第1講義室  橋本 貞充
1. 免疫器官の発生を概説できる。
2. 免疫担当細胞の発生と分化を概説できる。 
免疫系の発生
14 9/3 1 C-3-3)-② 老化に伴う細胞、組織、器官及び個体の形態的・機能的な変化を概説できる。
 
PowerPoint と書き込みのできるカラーの資料による講義・ディスカッション  さいかち・第1講義室  橋本 貞充
1. 加齢について説明できる。
2. 老化について説明できる。 
1)加齢変化と老化
(参考図書/新口腔病理学第2版p292〜311)
15 9/10 1 C-3-2)-① 人体の正常な個体発生と器官発生を説明できる。
C-3-4)-(1)-① 上皮組織の形態、機能及び分布を説明できる。
C-3-4)-(1)-② 皮膚と粘膜の基本的な構造と機能を説明できる。
 
PowerPoint と書き込みのできるカラーの資料による講義・ディスカッション  さいかち・第1講義室  橋本 貞充
1. 外皮系(皮膚・毛・羽毛・歯)の発生を説明できる 
1. 外皮系の発生
(教科書p14~17、p66~71)

↑科目ページのtopに戻る