第 2 学 年  歯科医学英語《Aクラス》
前 期 計 画 表

↓授業日程表を表示

教科の特徴
近年、外国人旅行者・居住者の増加により、外国人が安心して病院で治療を受けられるための環境整備が求められている。厚生労働省も、外国人患者が英語で自分の症状や気持ちを英語で伝えることが可能な病院が身近に存在するための体制整備に取り組んでいるところである。本科目では、歯科医師として、外国人患者を診療する際に必要な基本的歯科英語会話を学習し、対応ができるようになることを目指す。外国人患者が抱えている症状を的確に把握する英語表現を学ぶとともに、外国人患者が自分の症状を伝える英語を聞き取り、それに的確に対応する力をつける。また、歯科疾患をテーマにした英文を読み、英語論文を読む基礎力を身につけることも目指す。本教科は、英語のコミュニケーション能力の伸長を図るための言語活動を行う過程で、医療人としての高い倫理観や人間性・協調性を身につけ、多様性の中で常に向上しようと努力する人材育成に資することを使命としている。(コンピテンシー1、4)

1.一般目標(GIO:General Instructional Objective)
歯科医療に必要な歯科英単語、外国人患者の診療に使われる英会話を習得し、外国人患者と英語を使ってコミュニケーションを円滑に行うための基礎知識・技能を磨く。また、歯科疾患をテーマにした文章をパラグラフリーディングの手法を使って読み、英語論文を読む上での基礎力を育成する。

2.行動目標(SBOs:Specific Behavioral Objectives)
1)外国人患者への対応に必要な歯学英語と表現を身につける。
2)診療現場を想定したダイアログ等を利用して、実際に英語を使う場面で役に立つ表現の習得を目指す。(歯科疾患とその治療法を英語で分かりやすく説明する。)
3)歯科疾患に関するまとまった英文を読んだり、医学・医療・健康・歯科等がテーマのビデオを見て、概要を理解し、説明する。
4)医療・歯科関連の分野でよく用いられる専門用語の語源・語形成に関する基本知識(接頭辞・語幹・接尾語等)を学習し、歯科医療の道に進む者として知っていくべき基本的な知識を習得する。

3.方略(LS:Learning Strategy)
1)基礎的な歯科医学英語と表現を身につける(英語⇔日本語)とともに、基本的な歯学専門用語の英語の説明から、該当する用語を英語で書き、日本語訳をあてはめる。語彙テストを実施する。
2)英語による対話モデルを聴いたり、動画で見て、歯科診療で使われる単語や表現を空欄に埋めてダイアローグを完成させ、ペアになってロールプレイングをする。
3)歯科疾患に関する文章を読んだりビデオを見たりして、内容をまとめ、要旨を発表したり、付随した演習問題に取り組む。
※授業には、テキスト、辞書(英英辞典の機能がついているもの)、ノートを必ず持参すること。また、授業で配布されるプリントを整理するために専用ファイルを用意することが望ましい。

4.評価(Evaluation)(形成的評価・総括的評価)
中間試験+期末試験:50%
授業時に行う語彙テスト(歯科医学用語の理解を英語・日本語の両方で判定する):20%
授業時に出される課題や夏季課題:20%
平常点(ペアワーク・グループワーク等への参加意欲、予習復習を含む受講態度全般):10%
※テキストを忘れた場合は平常点からマイナスするので必要箇所を友だちからコピーさせてもらうなどして対応すること。


事前・事後学修
事前学修:毎回1時間~1時間半程度、指定された範囲の英文を読み、テキストに登場する未知語の意味を確認し、演習問題を解く。語彙テストの準備学習を行う。)
事後学修:1時間程度、授業で取ったノートや配布プリント等で授業で学んだ内容を復習する。分からなかった部分を明確にしておく。授業で学んだ歯科用語等を繰り返しリピートした後に正確に綴りを書いて定着を図る。


教科書
歯科学生のための医学英語(Comprehensive Medical English for Dentistry) 影山幾男、羽村章 学建書院 ISBN978-4-7624-0704-8
3,000円

参考図書
授業において適宜紹介する。
※辞書について
電子辞書を持参してもよいが、Word Powerをつけるためには英英辞典の機能があるものを用意する。『コウビルド英英辞典』、『ロングマン現代英英辞典』、『オックスフォード現代英英辞典』のいずれかを用いることを推奨する。


オフィスアワー
毎週 火 16:00~17:00
さいかち坂校舎教員室

総授業コマ数
15コマ

出席について
出席は講義開始後10分以内に取る。また講義開始30分後までに入室した場合は遅刻とし、それ以降は欠席とする。

   担当者  『 * 』は実務経験教員を示す
 今井 肇 准教授

↑科目ページのtopに戻る

月日 時限 コア・カリキュラム 方略(LS)場所 担当者
(その他の)SBOs
内容項目
1 4/13 2 A-4-1)-②
コミュニケーションを通じて良好な人間関係を築くことができる。
 
講義 
演習 
さいかち・第1講義室  今井 肇
1)外国人患者への対応に必要な歯学英語と表現を身につける。 
1)オリエンテーション(授業内容・進め方、評価,テキストの使い方について)
2)歯科英語基本用語(Parts of a Tooth, Parts of a Mouth)をイラストとビデオで学ぶ


2 4/20 2 A-2-2)-①
講義、国内外の教科書・論文、検索情報等の内容について、重要事項や問題点を抽出できる。
A-2-2)-②
得られた情報を統合し、客観的・批判的に整理して自分の考えを分かりやすく表現できる。
A-4-1)-②
コミュニケーションを通じて良好な人間関係を築くことができる。
A-4-1)-③
医療面接における基本的なコミュニケーションができる。
 
講義 
演習 
さいかち・第1講義室  今井 肇
1)外国人患者への対応に必要な歯学英語と表現を身につける。
2)診療現場を想定したダイアログ等を利用して、実際に英語を使う場面で役に立つ表現の習得を目指す。(歯科疾患とその治療法を英語で分かりやすく説明する。)
3)歯科疾患に関するまとまった英文を読んだり、医学・医療・健康・歯科等がテーマのビデオを見て、概要を理解し、説明する。
4)医療・歯科関連の分野でよく用いられる専門用語の語源・語形成に関する基本知識(接頭辞・語幹・接尾語等)を学習し、歯科医療の道に進む者として知っていくべき基本的な知識を習得する。 
1 Toothache
3 4/27 2 A-2-2)-①
講義、国内外の教科書・論文、検索情報等の内容について、重要事項や問題点を抽出できる。
A-2-2)-②
得られた情報を統合し、客観的・批判的に整理して自分の考えを分かりやすく表現できる。
A-4-1)-②
コミュニケーションを通じて良好な人間関係を築くことができる。
A-4-1)-③
医療面接における基本的なコミュニケーションができる。
 
講義 
演習 
さいかち・第1講義室  今井 肇
1)外国人患者への対応に必要な歯学英語と表現を身につける。
2)診療現場を想定したダイアログ等を利用して、実際に英語を使う場面で役に立つ表現の習得を目指す。(歯科疾患とその治療法を英語で分かりやすく説明する。)
3)歯科疾患に関するまとまった英文を読んだり、医学・医療・健康・歯科等がテーマのビデオを見て、概要を理解し、説明する。
4)医療・歯科関連の分野でよく用いられる専門用語の語源・語形成に関する基本知識(接頭辞・語幹・接尾語等)を学習し、歯科医療の道に進む者として知っていくべき基本的な知識を習得する。 
1) 2 Oral Hygiene
2) 語彙テスト
4 5/11 2 A-2-2)-①
講義、国内外の教科書・論文、検索情報等の内容について、重要事項や問題点を抽出できる。
A-2-2)-②
得られた情報を統合し、客観的・批判的に整理して自分の考えを分かりやすく表現できる。
A-4-1)-②
コミュニケーションを通じて良好な人間関係を築くことができる。
A-4-1)-③
医療面接における基本的なコミュニケーションができる。
 
講義 
演習 
さいかち・第1講義室  今井 肇
1)外国人患者への対応に必要な歯学英語と表現を身につける。
2)診療現場を想定したダイアログ等を利用して、実際に英語を使う場面で役に立つ表現の習得を目指す。(歯科疾患とその治療法を英語で分かりやすく説明する。)
3)歯科疾患に関するまとまった英文を読んだり、医学・医療・健康・歯科等がテーマのビデオを見て、概要を理解し、説明する。
4)医療・歯科関連の分野でよく用いられる専門用語の語源・語形成に関する基本知識(接頭辞・語幹・接尾語等)を学習し、歯科医療の道に進む者として知っていくべき基本的な知識を習得する。 
1) 3 Periodontal Disease
2) 語彙テスト
5 5/18 2 A-2-2)-①
講義、国内外の教科書・論文、検索情報等の内容について、重要事項や問題点を抽出できる。
A-2-2)-②
得られた情報を統合し、客観的・批判的に整理して自分の考えを分かりやすく表現できる。
A-4-1)-②
コミュニケーションを通じて良好な人間関係を築くことができる。
A-4-1)-③
医療面接における基本的なコミュニケーションができる。
 
講義 
演習 
さいかち・第1講義室  今井 肇
1)外国人患者への対応に必要な歯学英語と表現を身につける。
2)診療現場を想定したダイアログ等を利用して、実際に英語を使う場面で役に立つ表現の習得を目指す。(歯科疾患とその治療法を英語で分かりやすく説明する。)
3)歯科疾患に関するまとまった英文を読んだり、医学・医療・健康・歯科等がテーマのビデオを見て、概要を理解し、説明する。
4)医療・歯科関連の分野でよく用いられる専門用語の語源・語形成に関する基本知識(接頭辞・語幹・接尾語等)を学習し、歯科医療の道に進む者として知っていくべき基本的な知識を習得する。 
1) 4 Cleft Lip
2) 語彙テスト
6 5/25 2 A-2-2)-①
講義、国内外の教科書・論文、検索情報等の内容について、重要事項や問題点を抽出できる。
A-2-2)-②
得られた情報を統合し、客観的・批判的に整理して自分の考えを分かりやすく表現できる。
A-4-1)-②
コミュニケーションを通じて良好な人間関係を築くことができる。
A-4-1)-③
医療面接における基本的なコミュニケーションができる。
 
講義 
演習 
さいかち・第1講義室  今井 肇
1)外国人患者への対応に必要な歯学英語と表現を身につける。
2)診療現場を想定したダイアログ等を利用して、実際に英語を使う場面で役に立つ表現の習得を目指す。(歯科疾患とその治療法を英語で分かりやすく説明する。)
3)歯科疾患に関するまとまった英文を読んだり、医学・医療・健康・歯科等がテーマのビデオを見て、概要を理解し、説明する。
4)医療・歯科関連の分野でよく用いられる専門用語の語源・語形成に関する基本知識(接頭辞・語幹・接尾語等)を学習し、歯科医療の道に進む者として知っていくべき基本的な知識を習得する。 
1) 5 Bell's Palsy
2) 語彙テスト
7 6/1 2 A-2-2)-①
講義、国内外の教科書・論文、検索情報等の内容について、重要事項や問題点を抽出できる。
A-2-2)-②
得られた情報を統合し、客観的・批判的に整理して自分の考えを分かりやすく表現できる。
A-4-1)-②
コミュニケーションを通じて良好な人間関係を築くことができる。
A-4-1)-③
医療面接における基本的なコミュニケーションができる。
 
講義 
演習 
さいかち・第1講義室  今井 肇
1)外国人患者への対応に必要な歯学英語と表現を身につける。
2)診療現場を想定したダイアログ等を利用して、実際に英語を使う場面で役に立つ表現の習得を目指す。(歯科疾患とその治療法を英語で分かりやすく説明する。)
3)歯科疾患に関するまとまった英文を読んだり、医学・医療・健康・歯科等がテーマのビデオを見て、概要を理解し、説明する。
4)医療・歯科関連の分野でよく用いられる専門用語の語源・語形成に関する基本知識(接頭辞・語幹・接尾語等)を学習し、歯科医療の道に進む者として知っていくべき基本的な知識を習得する。 
1) 6 Leukoplakia
2) 語彙テスト
8 6/8 2   試験  さいかち・第1講義室  今井 肇
 
中間試験
9 6/15 2 A-2-2)-①
講義、国内外の教科書・論文、検索情報等の内容について、重要事項や問題点を抽出できる。
A-2-2)-②
得られた情報を統合し、客観的・批判的に整理して自分の考えを分かりやすく表現できる。
A-4-1)-②
コミュニケーションを通じて良好な人間関係を築くことができる。
A-4-1)-③
医療面接における基本的なコミュニケーションができる。
 
講義 
演習 
さいかち・第1講義室  今井 肇
1)外国人患者への対応に必要な歯学英語と表現を身につける。
2)診療現場を想定したダイアログ等を利用して、実際に英語を使う場面で役に立つ表現の習得を目指す。(歯科疾患とその治療法を英語で分かりやすく説明する。)
3)歯科疾患に関するまとまった英文を読んだり、医学・医療・健康・歯科等がテーマのビデオを見て、概要を理解し、説明する。
4)医療・歯科関連の分野でよく用いられる専門用語の語源・語形成に関する基本知識(接頭辞・語幹・接尾語等)を学習し、歯科医療の道に進む者として知っていくべき基本的な知識を習得する。 
1) 7 Herpes Simplex
2) 語彙テスト
10 6/22 2 A-2-2)-①
講義、国内外の教科書・論文、検索情報等の内容について、重要事項や問題点を抽出できる。
A-2-2)-②
得られた情報を統合し、客観的・批判的に整理して自分の考えを分かりやすく表現できる。
A-4-1)-②
コミュニケーションを通じて良好な人間関係を築くことができる。
A-4-1)-③
医療面接における基本的なコミュニケーションができる。
 
講義 
演習 
さいかち・第1講義室  今井 肇
1)外国人患者への対応に必要な歯学英語と表現を身につける。
2)診療現場を想定したダイアログ等を利用して、実際に英語を使う場面で役に立つ表現の習得を目指す。(歯科疾患とその治療法を英語で分かりやすく説明する。)
3)歯科疾患に関するまとまった英文を読んだり、医学・医療・健康・歯科等がテーマのビデオを見て、概要を理解し、説明する。
4)医療・歯科関連の分野でよく用いられる専門用語の語源・語形成に関する基本知識(接頭辞・語幹・接尾語等)を学習し、歯科医療の道に進む者として知っていくべき基本的な知識を習得する。 
1) 8 The Temporomandibular Joint
2) 語彙テスト
11 6/29 2 A-2-2)-①
講義、国内外の教科書・論文、検索情報等の内容について、重要事項や問題点を抽出できる。
A-2-2)-②
得られた情報を統合し、客観的・批判的に整理して自分の考えを分かりやすく表現できる。
A-4-1)-②
コミュニケーションを通じて良好な人間関係を築くことができる。
A-4-1)-③
医療面接における基本的なコミュニケーションができる。
 
講義 
演習 
さいかち・第1講義室  今井 肇
1)外国人患者への対応に必要な歯学英語と表現を身につける。
2)診療現場を想定したダイアログ等を利用して、実際に英語を使う場面で役に立つ表現の習得を目指す。(歯科疾患とその治療法を英語で分かりやすく説明する。)
3)歯科疾患に関するまとまった英文を読んだり、医学・医療・健康・歯科等がテーマのビデオを見て、概要を理解し、説明する。
4)医療・歯科関連の分野でよく用いられる専門用語の語源・語形成に関する基本知識(接頭辞・語幹・接尾語等)を学習し、歯科医療の道に進む者として知っていくべき基本的な知識を習得する。 
1) 9 Sialolithiasis
2) 語彙テスト
12 7/6 2 A-2-2)-①
講義、国内外の教科書・論文、検索情報等の内容について、重要事項や問題点を抽出できる。
A-2-2)-②
得られた情報を統合し、客観的・批判的に整理して自分の考えを分かりやすく表現できる。
A-4-1)-②
コミュニケーションを通じて良好な人間関係を築くことができる。
A-4-1)-③
医療面接における基本的なコミュニケーションができる。
 
講義 
演習 
さいかち・第1講義室  今井 肇
1)外国人患者への対応に必要な歯学英語と表現を身につける。
2)診療現場を想定したダイアログ等を利用して、実際に英語を使う場面で役に立つ表現の習得を目指す。(歯科疾患とその治療法を英語で分かりやすく説明する。)
3)歯科疾患に関するまとまった英文を読んだり、医学・医療・健康・歯科等がテーマのビデオを見て、概要を理解し、説明する。
4)医療・歯科関連の分野でよく用いられる専門用語の語源・語形成に関する基本知識(接頭辞・語幹・接尾語等)を学習し、歯科医療の道に進む者として知っていくべき基本的な知識を習得する。 
1) 10 Danger Triangle of the Face
2) 語彙テスト
13 7/13 2 A-2-2)-①
講義、国内外の教科書・論文、検索情報等の内容について、重要事項や問題点を抽出できる。
A-2-2)-②
得られた情報を統合し、客観的・批判的に整理して自分の考えを分かりやすく表現できる。
A-4-1)-②
コミュニケーションを通じて良好な人間関係を築くことができる。
A-4-1)-③
医療面接における基本的なコミュニケーションができる。
 
講義 
演習 
さいかち・第1講義室  今井 肇
1)外国人患者への対応に必要な歯学英語と表現を身につける。
2)診療現場を想定したダイアログ等を利用して、実際に英語を使う場面で役に立つ表現の習得を目指す。(歯科疾患とその治療法を英語で分かりやすく説明する。)
3)歯科疾患に関するまとまった英文を読んだり、医学・医療・健康・歯科等がテーマのビデオを見て、概要を理解し、説明する。
4)医療・歯科関連の分野でよく用いられる専門用語の語源・語形成に関する基本知識(接頭辞・語幹・接尾語等)を学習し、歯科医療の道に進む者として知っていくべき基本的な知識を習得する。 
1) 11 Inferior Alveolar Nerve Block
2) 語彙テスト
14 7/20 2 A-2-2)-①
講義、国内外の教科書・論文、検索情報等の内容について、重要事項や問題点を抽出できる。
A-2-2)-②
得られた情報を統合し、客観的・批判的に整理して自分の考えを分かりやすく表現できる。
A-4-1)-②
コミュニケーションを通じて良好な人間関係を築くことができる。
A-4-1)-③
医療面接における基本的なコミュニケーションができる。
 
講義 
演習 
さいかち・第1講義室  今井 肇
1)外国人患者への対応に必要な歯学英語と表現を身につける。
2)診療現場を想定したダイアログ等を利用して、実際に英語を使う場面で役に立つ表現の習得を目指す。(歯科疾患とその治療法を英語で分かりやすく説明する。)
3)歯科疾患に関するまとまった英文を読んだり、医学・医療・健康・歯科等がテーマのビデオを見て、概要を理解し、説明する。
4)医療・歯科関連の分野でよく用いられる専門用語の語源・語形成に関する基本知識(接頭辞・語幹・接尾語等)を学習し、歯科医療の道に進む者として知っていくべき基本的な知識を習得する。 
1) 12 Trigeminal Neuralgia
2) 語彙テスト
15 9/7 2   講義 
演習 
さいかち・第1講義室  今井 肇
 
前期学習した内容の総まとめと前期f末定期試験対策に関するアドバイス

↑科目ページのtopに戻る