第 2 学 年  解剖学(講義)
通 年 計 画 表

↓授業日程表を表示

教科の特徴
 解剖学の教育は生命の尊さを認識させ、人体の基本形態を理解させるとともに各器官の機能および病態の発現機序など他の基礎教科および臨床の教科を学習するための基礎知識を深めることにあると考える。また、歯科医学を習得するためには頭頸部のみならず全身の構造、機能ならびにこれらの相互関係を知らなければならない。さらに解剖学講義のみでは理解が困難な人体の基本的形態について、主に骨標本を用いながら実習を行う。後期における講義と解剖実習は相互の内容を考え、より効果的に講義と実習を組み合わせていく。以上のように解剖学の講義実習を通し、医療人としての高い倫理観や人間性・協調性を身につけ、常に向上しようと努力する力をつける。そして医学・歯科医学を統合的に理解して、全人的な医療を提供するために必要な基本的知識を修得するための基盤をつくる。さらに積極的な自主学習態度と論理的思考および問題発見・解決のための基本的な能力を身につける。(コンピテンシー1、6、7)

1.一般目標(GIO:General Instructional Objective)
 歯科大学の学部(アンダーグラジュエイト)教育において、教養科目から基礎科目への登竜門である解剖学講義を通して、歯科臨床科目を学ぶための基本となる人体諸器官の構造、機能について理解するため、2年前期から2年後期にかけて系統的に習得する。2年の後期では主に頭頸部の神経学、口腔内臓学、摂食・嚥下基礎機能について理解する。さらに講義で得た知識を基礎に解剖実習において、形態、構造ならびに立体的な相互位置関係などを習得する。

2.行動目標(SBOs:Specific Behavioral Objectives)
 1)人体の構成について概説する。
 2)頭蓋を構成する骨の名称とその形態的特徴について説明する。
 3)神経の分類と脳神経が通る骨の名称を説明できる。
 4)蝶形骨の各部の名称を説明する。 
 5)側頭骨の各部の名称を説明する。 
 6)前頭、頭頂、後頭骨、口蓋骨の各部の名称を説明する。 
 7)眼窩、鼻腔、翼口蓋窩を構成する骨、各部の名称を説明する。 
 8)下顎骨の各部の名称を説明する。
 9)上顎骨の各部の名称を説明する。
10)咀嚼筋、舌骨上・下筋、顔面筋、広頸筋について説明する。 
11)口腔、咽頭、喉頭の構造と機能を説明する。 
12)舌、軟口蓋、咽頭、喉頭、頸部の筋を説明する。
13)三叉神経の走行、機能を説明する。 
14)顔面神経の走行、機能を説明する。
15)舌咽・迷走神経の走行、機能を説明する。
16)他の脳神経の走行、機能を説明する。
17)脊柱の骨の各部名称を説明する。
18)上肢の骨の各部名称を説明する。
19)下肢の骨の各部名称を説明する。
20)全身の神経の走行、機能を説明する。
21)自律神経の走行、機能を説明する。
22)心臓から外頸動脈に至る走行を説明できる。
23)外頸動脈の分枝を説明できる。
24)舌動脈、顔面動脈の走行を説明できる。
25)顎動脈、浅側頭動脈、他の外頸動脈の走行を説明できる。
26)全身の脈管系、静脈、リンパの走行を説明できる。
27)呼吸器系の概略を説明できる。
28)口腔内臓(唾液腺、舌)、咽頭の構造と機能を説明できる。
29)消化器系の概略を説明できる。

3.方略(LS:Learning Strategy)
 解剖学講義を行うとともに各自のコンピュータを利用し、総合的な知識の整理を行う。

4.評価(Evaluation)(形成的評価・総括的評価)
 1)定期試験では、全範囲に関して筆記試験を行う。(総括的評価):80%
 2)中間試験を行い、総括評価に加える。(総括的評価):30%
 3)小テストの結果、出欠状況、受講態度評価などに対し形成評価を行い、基準に達していない学生に補講を行う。

事前・事後学修
事前学修
第1回  教科書1-4, 94-98ページを読んでおくこと (10分)
第2回  教科書94-98ページを読んでおくこと(10分)
第3回  教科書104-105ページを読んでおくこと(10分)
第4回  教科書104-105ページを読んでおくこと(10分)
第5回  教科書102-104ページを読んでおくこと(10分)
第6回  教科書98-102ページを読んでおくこと(10分)
第7回  教科書114-116ページを読んでおくこと(10分) 
第8回  教科書108-111ページを読んでおくこと(10分)
第9回  教科書117-120ページを読んでおくこと(10分)
第10回 教科書107-117ページを読んでおくこと(10分)
第11回 第1-10回講義分を復習しておくこと(10分)
第12回 第1-10回講義分を復習しておくこと(10分)
第13回 教科書7-11ページを読んでおくこと(10分)
第14回 教科書7-11ページを読んでおくこと(10分)
第15回 教科書11-14ページを読んでおくこと(10分)
第16回 教科書11-14ページを読んでおくこと(10分)
第17回 教科書14-17ページを読んでおくこと(10分)
第18回 教科書14-17ページを読んでおくこと(10分)
第19回 第13-18回講義分を復習しておくこと(10分)
第20回 第13-18回講義分を復習しておくこと(10分)
第21回 第13-18回講義分を復習しておくこと(10分)
第22回 第1-21回講義分を復習しておくこと(10分) 
第23回 教科書125-128ページを読んでおくこと(10分)
第24回 教科書130-132ページ(顎関節)を読んでおくこと(10分)
第25回 教科書121-124ページを読んでおくこと(10分)
第26回 教科書121-124ページを読んでおくこと(10分)
第27回 教科書184-187ページを読んでおくこと(10分)
第28回 教科書170-187ページを読んでおくこと(10分)
第29回 教科書170-187ページを読んでおくこと(10分)
第30回 第23-29回講義分を復習しておくこと(10分)
第31回 教科書159-165ページを読んでおくこと(10分) 
第32回 教科書165-166ページを読んでおくこと(10分)
第33回 教科書166-169ページを読んでおくこと(10分)
第34回 教科書154-169ページを読んでおくこと(10分)
第35回 教科書133-137ページを読んでおくこと(10分)
第36回 教科書133-137ページを読んでおくこと(10分)
第37回 教科書133-137ページを読んでおくこと(10分)
第38回 教科書133-137ページを読んでおくこと(10分)
第39回 教科書138-144ページを読んでおくこと(10分)
第40回 教科書188-195ページを読んでおくこと(10分)
第41回 教科書170-187ページを読んでおくこと(10分)
第42回 教科書79-84ページを読んでおくこと(10分)
第43回 教科書70-78ページを読んでおくこと(10分)

事後学習
第1回  授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第2回  授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第3回  授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第4回  授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第5回  授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第6回  授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第7回  授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第8回  授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第9回  授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第10回 授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第11回 授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第12回 授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第13回 授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第14回 授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第15回 授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第16回 授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第17回 授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第18回 授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第19回 授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第20回 授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第21回 授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第22回 中間試験で出題された内容を教科書で復習する(30分) 
第23回 授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第24回 授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第25回 授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第26回 授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第27回 授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第28回 授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第29回 授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第30回 授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第31回 授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分) 
第32回 授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第33回 授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第34回 授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第35回 中間試験で出題された内容を教科書で復習する(30分)
第36回 授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第37回 授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第38回 授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第39回 授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第40回 授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第41回 授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第42回 授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
第43回 授業内容を再度見直し、重要なポイントを整理する(15分)
事前学修については各回の授業内容項目について教科書の該当部分を読み、ポイントをつかんだうえで授業に臨むこと。
事後学修については当日の授業内容を再度見直し、重要なポイントをリストアップして復習すること。

教科書
・口腔解剖学第2版:医歯薬出版
・口腔解剖学 1.骨学:アナトーム社
・頭部プラスチック模型(毎回使用する)
・口腔顎顔面解剖ノート:学建書院
・人体解剖学 1.骨学(頭蓋)、わかば出版(CD-ROM)
・人体解剖学 2.筋学(頭頸部)、わかば出版(CD-ROM)
・人体解剖学:南江堂

参考図書
・口腔解剖学:アナトーム社
 2.筋学、3.脈管学、4.神経学、5.口腔内臓学


オフィスアワー
平日 8:20~8:50 12:00~12:50 17:40~18:50 
:別棟6F 解剖学講座

総授業コマ数
71コマ

出席について
 講義開始後10分に入室した場合は遅刻とする。公共交通機関の遅延が30分を超える場合は考慮するが、30分以内の場合は考慮しない。

   担当者  『 * 』は実務経験教員を示す
 阿部 伸一 教授*, 松永 智 准教授*, 山本 将仁 講師*
 廣内 英智 助教*

↑科目ページのtopに戻る

月日 時限 コア・カリキュラム 方略(LS)場所 担当者
(その他の)SBOs
内容項目
1 4/9 3 E-2-1)-②
 
講義  本館13階・第1講義室  阿部 伸一
1)人体の構成について概説する。
2)頭蓋を構成する骨の名称とその形態的特徴について説明する。 
1)解剖学総論
2)頭蓋を構成する骨と主な名称
  15種23個
2 4/14 3,4 E-2-1)-②
 
講義  Zoomによる遠隔講義   阿部 伸一
1)人体の構成について概説する。
2)頭蓋を構成する骨の名称とその形態的特徴について説明する。 
1)解剖学総論
2)頭蓋を構成する骨と主な名称
  15種23個
3 4/16 3 E-2-1)-②
 
講義  本館13階・第1講義室  阿部 伸一
3)蝶形骨の各部の名称を説明する。 
 
3)蝶形骨
 (1)各部の名称
 (2)神経、脈管の通る部位の名称
 (3)筋の付着部

4 4/21 3,4 E-2-1)-②
 
講義  Zoomによる遠隔講義  松永 智
4)側頭骨の各部の名称を説明する。 
4)側頭骨
 (1)各部の名称
 (2)神経、脈管の通る部位の名称
 (3)筋の付着部
5 4/23 3 E-2-1)-②
E-2-1)-⑤
 
講義  本館13階・第1講義室  山本 将仁
5)神経の分類と脳神経が通る骨の名称を説明できる。
 
5)神経の分類と脳神経12対の名称
6)頭蓋底における神経が通る部位

6 4/28 3,4 E-2-1)-②
 
講義  Zoomによる遠隔講義  松永 智
6)前頭、頭頂、後頭骨、口蓋骨の各部の名称を説明する。 
 
7)前頭、頭頂、後頭骨、口蓋骨
 (1)各部の名称
 (2)神経、脈管の通る部位の名称
 (3)筋の付着部

7 5/12 3,4 E-2-1)-②
 
講義  Zoomによる遠隔講義  阿部 伸一
7)下顎骨の各部の名称を説明する。  
8)下顎骨
 (1)各部の名称
 (2)神経、脈管の通る部位の名称
 (3)筋の付着部

8 5/14 3 E-2-1)-②
 
講義  本館13階・第1講義室  山本 将仁
8)上顎骨の各部の名称を説明する。 
9)上顎骨
 (1)各部の名称
 (2)神経、脈管の通る部位の名称
 (3)筋の付着部
9 5/19 3,4 E-2-1)-②
 
講義  Zoomによる遠隔講義  山本 将仁
9)眼窩、鼻腔、翼口蓋窩を構成する骨、各部の名称を説明する。 
10)眼窩、鼻腔、翼口蓋窩
 (1)各部の名称
 (2)神経、脈管の通る部位の名称

10 5/21 3 E-2-1)-②
 
講義  本館13階・第1講義室  廣内 英智
10)その他の骨(鼻骨、鋤骨、涙骨、舌骨など)、各部の名称を説明する。 
11)その他の骨(鼻骨、鋤骨、涙骨、舌骨など)
 (1)各部の名称
 (2)神経、脈管の通る部位の名称

11 5/26 3,4 E-2-1)-③
 
講義  Zoomによる遠隔講義  阿部 伸一
14)咀嚼筋、舌骨上・下筋について説明する。
15)咀嚼筋、舌骨上筋 
筋学総論
咀嚼筋、舌骨上・下筋
顎関節
12 5/28 3 E-2-1)-③
 
講義  本館13階・第1講義室  阿部 伸一
14)咀嚼筋、舌骨上・下筋について説明する。
15)咀嚼筋、舌骨上筋
 
筋学総論
咀嚼筋、舌骨上・下筋
顎関節

13 6/2 3,4 E-2-1)-③
 
講義  Zoomによる遠隔講義  阿部 伸一
15)表情筋、広頸筋、頸部の筋などについて説明する。 
表情筋、広頸筋、頸部の筋
14 6/4 3 E-2-1)-③
 
講義  本館13階・第1講義室  山本 将仁
15)表情筋、広頸筋、頸部の筋などについて説明する。 
表情筋、広頸筋、頸部の筋
15 6/9 3,4 E-2-1)-⑪
 
講義  Zoomによる遠隔講義  阿部 伸一
16)軟口蓋、咽頭の筋について説明する。 
軟口蓋、咽頭の筋
16 6/11 3 E-2-1)-⑪
 
講義  本館13階・第1講義室  山本 将仁
16)軟口蓋、咽頭の筋について説明する。 
軟口蓋、咽頭の筋
17 6/16 3,4 E-2-1)-⑪
 
講義  Zoomによる遠隔講義  山本 将仁
17)喉頭の構造、喉頭内筋について説明する。 
喉頭の構造、喉頭の筋
18 6/18 3 E-2-1)-⑪
 
講義  本館13階・第1講義室  阿部 伸一
17)喉頭の構造、喉頭内筋について説明する。 
喉頭の構造、喉頭の筋
19 6/23 3,4 E-2-1)-③
C-3-4)-(3)-③
 
講義  Zoomによる遠隔講義  松永 智
18)頸部の筋、全身の筋について概説する。 
頸部の筋、全身の筋
20 6/25 3 E-2-1)-③
C-3-4)-(3)-③
 
講義  本館13階・第1講義室  阿部 伸一
18)頸部の筋、全身の筋について概説する。 
頸部の筋、全身の筋
21 6/30 3,4 C-3-4)-(4)-①
C-3-4)-(4)-②
 
講義  Zoomによる遠隔講義  松永 智
19)脈管学総論
20)心臓から外頸動脈への走行形態を説明できる。
21)外頸動脈の分枝を説明できる。 
脈管学総論、心臓から外頸動脈への走行形態、外頸動脈
22 7/2 3 C-3-4)-(4)-①
C-3-4)-(4)-②
 
講義  本館13階・第1講義室  阿部 伸一
19)脈管学総論
20)心臓から外頸動脈への走行形態を説明できる。
21)外頸動脈の分枝を説明できる。 
 
脈管学総論、心臓から外頸動脈への走行形態、外頸動脈
23 7/7 3,4 C-3-4)-(4)-②
E-2-1)-④
 
講義  Zoomによる遠隔講義  松永 智
22)上甲状腺動脈、舌動脈、顔面動脈の走行形態を説明する。 
上甲状腺動脈、舌動脈、顔面動脈
24 7/9 3 C-3-4)-(4)-②
E-2-1)-④
 
講義  本館13階・第1講義室  阿部 伸一
22)上甲状腺動脈、舌動脈、顔面動脈の走行形態を説明する。 
上甲状腺動脈、舌動脈、顔面動脈
25 7/14 3,4 E-2-1)-④
 
講義  Zoomによる遠隔講義  松永 智
23)顎動脈の走行形態を説明する。 
顎動脈
26 7/16 3 E-2-1)-④
 
講義  本館13階・第1講義室  山本 将仁
23)顎動脈の走行形態を説明する。 
顎動脈
27 7/21 3,4 E-2-1)-④
 
講義  Zoomによる遠隔講義  松永 智
24)浅側頭動脈、上行咽頭動脈、後頭動脈、後耳介動脈、内頸動脈の走行形態を説明する。
 
浅側頭動脈、上行咽頭動脈、後頭動脈、後耳介動脈、内頸動脈

28 9/3 3 E-2-1)-④
 
講義  本館13階・第1講義室  阿部 伸一
25)頭頸部の静脈の走行形態を説明する。。 
頭頸部の静脈
29 9/8 3,4 E-2-1)-④
 
講義  Zoomによる遠隔講義  松永 智
25)頭頸部の隙とリンパの走行形態を説明する。 
頭頸部の隙とリンパ
30 9/10 3   講義  本館13階・第1講義室  阿部 伸一
 
解剖学総復習、矢状断、嚥下
31 10/5 3,4 E-2-1)-⑤
 
講義  Zoomによる遠隔講義  阿部 伸一
16)三叉神経の走行、機能を説明する。 
17)三叉神経
 (1)分枝名
 (2)分布領域
32 10/12 3,4 E-2-1)-⑤
 
講義  Zoomによる遠隔講義  阿部 伸一
17)顔面神経の走行、機能を説明する。 
18)顔面神経
 (1)分枝名
 (2)分布領域
33 10/19 3,4 E-2-1)-⑤
 
講義  Zoomによる遠隔講義  松永 智
18)舌咽・迷走神経の走行、機能を説明する。 
19)舌咽・迷走神経
 (1)分枝名
 (2)分布領域
34 10/26 3,4 E-2-1)-⑤
 
講義  Zoomによる遠隔講義  山本 将仁
19)他の脳神経の走行、機能を説明する。 
20)他の脳神経
35 11/2 3,4 C-3-4)-(5)-②
C-3-4)-(5)-③
 
講義  Zoomによる遠隔講義  阿部 伸一
20)自律神経の走行、機能を説明する。 
21) 自律神経
36 11/9 3,4 C-3-4)-(5)-①
C-3-4)-(5)-②
C-3-4)-(5)-④
 
講義  Zoomによる遠隔講義  阿部 伸一
21)全身の神経の走行、機能を概説する。  
22) 全身の神経
37 11/16 3,4 E-2-2)-①
E-2-2)-⑤
 
講義  Zoomによる遠隔講義  廣内 英智
22)口腔内臓、隙を説明できる。 
23)口腔内臓、隙
 (1)口腔の構造
 (2)3大唾液腺
 (3)隙
38 11/30 3,4   試験(予定日)  Zoomによる遠隔講義  阿部 伸一
松永 智
山本 将仁
廣内 英智
24)神経学中間試験(予定日) 
25)神経学中間試験(予定日)
39 12/7 3,4   講義  Zoomによる遠隔講義  阿部 伸一
25)特別講義(予備日) 
26)特別講義(予備日)
40 12/14 3,4 C-3-4)-(8)-①
E-2-1)-⑪
E-2-2)-⑦
 
講義  Zoomによる遠隔講義  山本 将仁
26)呼吸器系(鼻腔、副鼻腔、咽頭)の概略を説明できる。  
27)呼吸器系(鼻腔、副鼻腔、咽頭)
 (1)構造
 (2)機能
 (3)嗅覚器

41 1/11 3,4 E-2-2)-①
E-2-2)-⑤
 
講義  Zoomによる遠隔講義  松永 智
27)口腔内臓、隙を説明できる。  
28)口腔内臓、隙
 (1)口腔の構造
 (2)3大唾液腺
 (3)隙

42 1/18 3,4 C-3-4)-(7)-①
C-3-4)-(7)-②
C-3-4)-(7)-③
C-3-4)-(10)-①
 
講義  Zoomによる遠隔講義  阿部 伸一
廣内 英智
28)全身の内臓学の概略を説明できる。 
29)消化器系
 (1)肝臓
 (2)膵臓
 (3)腎臓

43 1/25 3,4 C-3-4)-(6)-①
C-3-4)-(10)-①
C-3-4)-(11)-①
 
講義  Zoomによる遠隔講義  山本 将仁
29)視覚器、聴覚器、泌尿生殖器の概略を説明できる。 
 
30)
 (1)視覚器
 (2)聴覚器
 (3)泌尿生殖器


↑科目ページのtopに戻る