第 3 学 年  薬理学(実習)
前 期 計 画 表

↓授業日程表を表示

教科の特徴
薬理学は医学・歯科医学で用いられる薬物を対象とし、薬物によっておこる生体反応およびその作用機序を研究する生物科学である。すなわち、疾病による生体の変化と適用される薬物の選択、薬物適用後の生体変化について明らかにする学問である。従って、薬理学では歯科医師として患者の疾病に適した薬物を適切に投与できるように基礎的な知識を提供することを目的とする。薬理学は歯科医学だけでなく、医学も含めた学問であり、解剖学、生理学、生化学、薬学を基礎とした著しく広範囲な学問であるため、それらを統合的に理解する必要のある学問である。それゆえ薬理学は、全人的な歯科医療を提供するために必要な基礎知識の根幹となる重要な学問である。
歯科医学における薬物の投与は、薬物の主作用と副作用による中毒のみならず、服用しているほかの薬物などとの相互作用が問題となる。高齢化社会を迎え、複数の診療科を受診し投薬を受けている患者が歯科を受診する機会が増加しているからである。さらに、肝・腎・循環器系などの内臓諸器官に機能が低下している高齢者患者の歯科受診の機会も増加している。このような患者に対し、歯科臨床において病態にかなった適切な薬物投与を行うとともに、投与された薬物による患者の生理機能や基礎疾患に対する影響、他の薬物などとの相互作用の正確な予測を行い、適切に対処できることが、歯科医師に対して要求される。このような歯科医師となるためには、医学全般に対する興味を懐き、幅広く正確な基礎医学の知識を習得した上で、臨床科目の修得が必要とされる。
薬理学実習は、授業で講義される主要な薬物について、マウス、ラットやウサギなどの動物を用いて、グループで実習を行い、医療人としての高い倫理観や人間性、協調性を身につける。また、実習で観察された薬物の作用についてレポートを作成することにより、積極的な自主学習態度と、結果に至った理由を整理することで、論理的思考および問題の発見、解決の能力を身につける。(コンピテンシー1、2、3、4、7、8)

1.一般目標(GIO:General Instructional Objective)
1)動物を用いて主要な薬物の薬理作用と作用機序を理解する。
2)論文を読解し発表することで論理的思考とプレゼンテーション能力を習得する。

2.行動目標(SBOs:Specific Behavioral Objectives)
1)薬物のとり扱いについて説明できる。(17%)
2)薬物の取扱いを理解し、投与量の計算ができる。(17%)
3)吸入麻酔薬の特徴について説明できる。 (17%)
4)血圧と呼吸運動に及ぼす自律神経作動薬について説明できる。(17%)
5)腸管運動に及ぼす自律神経作動薬について説明できる。(17%)
6)英語論文を読み、実験目的、方法、結果、考察について説明できる。(10%)
7)プレゼンテーションを作成し学会形式で発表できる。(5%)

3.方略(LS:Learning Strategy)
1) 実験  2)講義  3)示説

4.評価(Evaluation)(形成的評価・総括的評価)
【実習評価・100%】
1)筆記試験 50%
2)レポート 25%
3)授業態度 10%
4)グループフォーラム 15%

事前・事後学修
事前:実習書を10分程度読んでくる。
事後:レポート提出。

教科書
1)加藤有三他 監修:現代歯科薬理学 第6版、医歯薬出版
2)大浦 清他 編集:ポイントがよくわかるシンプル歯科薬理学 第1版 永末書店

参考図書
1)医療情報科学研究所 編:薬がみえる、メディックメディア
2)清野 裕 日本語版監修:病態生理に基づく臨床薬理学、MEDSi
3)Brunton,L.L. 編:Goodman & Gilman’s The Pharmacological Basis of Therapeutics 12th Edition、McGraw-Hill


オフィスアワー
毎週金曜日
新館6階 薬理学講座研究室
在室であれば可能な限り対応


総授業コマ数
30コマ

出席について
薬物や注射針を使用するため実習の10時35分から行われる説明を聞けなかった場合安全性を確保できない。そのため10時35分の出席を確認して以降は欠席とする。

   担当者  『 * 』は実務経験教員を示す
 笠原 正貴 教授*, 楊 隆強 助教*, 山本 恵史 助教*
 澤木 康平 客員教授*, 渡邊 正人 非常勤講師, 川野 壽彦 非常勤講師*
 田村 仁志 非常勤講師, 坂井 隆之 非常勤講師*, 王 久子 非常勤講師*
 大久保 みぎわ 非常勤講師*, 小菅 康弘 非常勤講師*, 四宮 敬史 非常勤講師*

↑科目ページのtopに戻る

月日 時限 コア・カリキュラム 方略(LS)場所 担当者
(その他の)SBOs
内容項目
1 5/8 4,5 A-8-1)-③
患者や疾患を分析するために、教科書・論文などから最新の情報を検索・整理統合することができる。
C-6-2)-②
薬物作用とその作用機序を説明できる。
C-6-2)-⑤
薬物の併用(協力作用、拮抗作用、相互作用)を説明できる。
 
講義、実習  新館・第1実習講義室  全員
1. 薬物のとり扱いについて説明できる。
2. 薬物の取扱いを理解し、投与量の計算ができる。 
1.オリエンテーション
  1)実習に際しての心構え
  2)基本的知識
    (1)動物の取り扱い方
    (2)薬物の投与方法
2 5/15 2,3,4,5 【実習A】
C-3-4)-(4)-①
心臓の構造、発生、機能及び心電図波形を説明できる。
C-3-4)-(4)-②
血液循環(肺循環、体循環及び胎児循環)の経路と主要な動静脈の名称を説明できる。
C-3-4)-(8)-①
気道系の構造と機能を説明できる。
C-6-2)-②
薬物作用とその作用機序を説明できる。
C-6-2)-⑤
薬物の併用(協力作用、拮抗作用、相互作用)を説明できる。
【実習B】
C-3-4)-(5)-①
末梢神経系の種類、走行及び支配領域を説明できる。
C-3-4)-(5)-③
交感神経系と副交感神経系の構造と機能を説明できる。
C-3-4)-(5)-⑨
シナプス伝達の機序と神経伝達物質を説明できる。
C-6-2)-②
薬物作用とその作用機序を説明できる。
C-6-2)-⑤
薬物の併用(協力作用、拮抗作用、相互作用)を説明できる。
【実習C】
C-6-2)-②
薬物作用とその作用機序を説明できる。
C-6-2)-⑤
薬物の併用(協力作用、拮抗作用、相互作用)を説明できる。
E-1-4)-(4)-②
全身麻酔時に使用する薬物とその基本的な薬理作用及び使用機器・器具を説明できる。
 
実習  新館・第1実習講義室   全員
【実習A】
1. ウサギの血圧に及ぼす自律神経作動薬・麻酔薬の影響を観察する。
2. 交感神経性受容体に対するアゴニストの作用と、アンタゴニストによる拮抗作用を観察する
3. 副交感神経性受容体に対するアゴニストの作用と、アンタゴニストによる拮抗作用を観察する
4. 受容体に作用する薬物とイオントランスポーターに作用する薬物が心臓の収縮力、収縮回数に及ぼす違いを観察し、結果について考察する。

【実習B】
1. 自律神経調節について腸管の収縮・弛緩反応を観察して理解する。
2. 受容体に対するアゴニストの作用を累積法を用いて観察し、理解する。
3. Kd値とBmax値を算出し、親和性と受容体数について考察する。
4.アゴニストとアンタゴニストの関係性を理解する。 

【実習C】
1. 吸入麻酔薬による導入・覚醒時間の違いを測定する。
2. 吸入麻酔薬による導入・覚醒の状態を観察する。
3. 導入・覚醒時間の長短が生じる機構を考察する。
4. 相乗作用の機構について考察する。 
2.実習班を8班に分け、【実習A】から【実習C】を、ローテーションを組んで行う。
4/17
 【実習A】1、2、3、4(班)
 【実習B】5、6、7、8(班)

【実習A】
3. 観血的血圧測定実験
  1)交感神経作動薬
  2)副交感神経作動薬
  3)全身麻酔薬
  4)血管拡張薬

【実習B】
4. 消化器系に関する実験
  1)概論
  2)腸管に対する作用
    (1)目的
    (2)実験方法
      a)magnus法
      b)コンピューター解析(Kd値の算出)

【実習C】
5. 中枢神経系に作用する薬物に関する実験
  1)概論
  2)全身麻酔作用
    (1)目的
    (2)実験方法
      a)吸入麻酔 b)静脈麻酔
  3)相乗作用
    (1)目的
    (2)実験方法
      a)全身麻酔の相乗効果
3 5/29 2,3,4,5 【実習A】
C-3-4)-(4)-①
心臓の構造、発生、機能及び心電図波形を説明できる。
C-3-4)-(4)-②
血液循環(肺循環、体循環及び胎児循環)の経路と主要な動静脈の名称を説明できる。
C-3-4)-(8)-①
気道系の構造と機能を説明できる。
C-6-2)-②
薬物作用とその作用機序を説明できる。
C-6-2)-⑤
薬物の併用(協力作用、拮抗作用、相互作用)を説明できる。
【実習B】
C-3-4)-(5)-①
末梢神経系の種類、走行及び支配領域を説明できる。
C-3-4)-(5)-③
交感神経系と副交感神経系の構造と機能を説明できる。
C-3-4)-(5)-⑨
シナプス伝達の機序と神経伝達物質を説明できる。
C-6-2)-②
薬物作用とその作用機序を説明できる。
C-6-2)-⑤
薬物の併用(協力作用、拮抗作用、相互作用)を説明できる。
【実習C】
C-6-2)-②
薬物作用とその作用機序を説明できる。
C-6-2)-⑤
薬物の併用(協力作用、拮抗作用、相互作用)を説明できる。
E-1-4)-(4)-②
全身麻酔時に使用する薬物とその基本的な薬理作用及び使用機器・器具を説明できる。
 
実習  新館・第1実習講義室  全員
【実習A】
1. ウサギの血圧に及ぼす自律神経作動薬・麻酔薬の影響を観察する。
2. 交感神経性受容体に対するアゴニストの作用と、アンタゴニストによる拮抗作用を観察する
3. 副交感神経性受容体に対するアゴニストの作用と、アンタゴニストによる拮抗作用を観察する
4. 受容体に作用する薬物とイオントランスポーターに作用する薬物が心臓の収縮力、収縮回数に及ぼす違いを観察し、結果について考察する。

【実習B】
1. 自律神経調節について腸管の収縮・弛緩反応を観察して理解する。
2. 受容体に対するアゴニストの作用を累積法を用いて観察し、理解する。
3. Kd値とBmax値を算出し、親和性と受容体数について考察する。
4.アゴニストとアンタゴニストの関係性を理解する。 

【実習C】
1. 吸入麻酔薬による導入・覚醒時間の違いを測定する。
2. 吸入麻酔薬による導入・覚醒の状態を観察する。
3. 導入・覚醒時間の長短が生じる機構を考察する。
4. 相乗作用の機構について考察する。
 
2.実習班を8班に分け、【実習A】から【実習C】を、ローテーションを組んで行う。
5/8
 【実習A】5、6、7、8(班)
 【実習B】1、2、3、4(班)

【実習A】
3. 観血的血圧測定実験
  1)交感神経作動薬
  2)副交感神経作動薬
  3)全身麻酔薬
  4)血管拡張薬

【実習B】
4. 消化器系に関する実験
  1)概論
  2)腸管に対する作用
    (1)目的
    (2)実験方法
      a)magnus法
      b)コンピューター解析(Kd値の算出)

【実習C】
5. 中枢神経系に作用する薬物に関する実験
  1)概論
  2)全身麻酔作用
    (1)目的
    (2)実験方法
      a)吸入麻酔 b)静脈麻酔
  3)相乗作用
    (1)目的
    (2)実験方法
      a)全身麻酔の相乗効果
4 6/12 2,3,4,5 コアカリキュラム
【実習A】
C-3-4)-(4)-①
心臓の構造、発生、機能及び心電図波形を説明できる。
C-3-4)-(4)-②
血液循環(肺循環、体循環及び胎児循環)の経路と主要な動静脈の名称を説明できる。
C-3-4)-(8)-①
気道系の構造と機能を説明できる。
C-6-2)-②
薬物作用とその作用機序を説明できる。
C-6-2)-⑤
薬物の併用(協力作用、拮抗作用、相互作用)を説明できる。
【実習B】
C-3-4)-(5)-①
末梢神経系の種類、走行及び支配領域を説明できる。
C-3-4)-(5)-③
交感神経系と副交感神経系の構造と機能を説明できる。
C-3-4)-(5)-⑨
シナプス伝達の機序と神経伝達物質を説明できる。
C-6-2)-②
薬物作用とその作用機序を説明できる。
C-6-2)-⑤
薬物の併用(協力作用、拮抗作用、相互作用)を説明できる。
【実習C】
C-6-2)-②
薬物作用とその作用機序を説明できる。
C-6-2)-⑤
薬物の併用(協力作用、拮抗作用、相互作用)を説明できる。
E-1-4)-(4)-②
全身麻酔時に使用する薬物とその基本的な薬理作用及び使用機器・器具を説明できる。
 
実習  新館・第1実習講義室  全員
【実習A】
1. ウサギの血圧に及ぼす自律神経作動薬・麻酔薬の影響を観察する。
2. 交感神経性受容体に対するアゴニストの作用と、アンタゴニストによる拮抗作用を観察する
3. 副交感神経性受容体に対するアゴニストの作用と、アンタゴニストによる拮抗作用を観察する
4. 受容体に作用する薬物とイオントランスポーターに作用する薬物が心臓の収縮力、収縮回数に及ぼす違いを観察し、結果について考察する。

【実習B】
1. 自律神経調節について腸管の収縮・弛緩反応を観察して理解する。
2. 受容体に対するアゴニストの作用を累積法を用いて観察し、理解する。
3. Kd値とBmax値を算出し、親和性と受容体数について考察する。
4.アゴニストとアンタゴニストの関係性を理解する。 

【実習C】
1. 吸入麻酔薬による導入・覚醒時間の違いを測定する。
2. 吸入麻酔薬による導入・覚醒の状態を観察する。
3. 導入・覚醒時間の長短が生じる機構を考察する。
4. 相乗作用の機構について考察する。 
2.実習班を8班に分け、【実習A】から【実習C】を、ローテーションを組んで行う。
5/22
 【実習C】1、2、3、4、5、6、7、8(班)

【実習A】
3. 観血的血圧測定実験
  1)交感神経作動薬
  2)副交感神経作動薬
  3)全身麻酔薬
  4)血管拡張薬

【実習B】
4. 消化器系に関する実験
  1)概論
  2)腸管に対する作用
    (1)目的
    (2)実験方法
      a)magnus法
      b)コンピューター解析(Kd値の算出)

【実習C】
5. 中枢神経系に作用する薬物に関する実験
  1)概論
  2)全身麻酔作用
    (1)目的
    (2)実験方法
      a)吸入麻酔 b)静脈麻酔
  3)相乗作用
    (1)目的
    (2)実験方法
      a)全身麻酔の相乗効果
5 7/10 2,3,4,5 A-8-1)-③
患者や疾患を分析するために、教科書・論文などから最新の情報を検索・整理統合することができる。
A-9-1)-①
自ら問題点を探し出し、自己学習によってそれを解決することができる。
A-9-1)-②
歯科医学・医療に関連する情報を客観的・批判的に統合整理することができる。
A-9-1)-③
医療の改善の必要性と科学的研究の重要性を説明できる。
 
ディスカッション
グループワーク
プレゼンテーション 
新館・第1実習講義室  全員
1. 選択したテーマについて、約8名の班を作る。
2. 各班に割り当てられた英語論文を読み、実験目的、方法、結果、考察について理解する。
3. プレゼンテーションを作成する。 
6. グループフォーラム
6 7/31 2,3,4,5 A-8-1)-③
患者や疾患を分析するために、教科書・論文などから最新の情報を検索・整理統合することができる。
A-9-1)-①
自ら問題点を探し出し、自己学習によってそれを解決することができる。
A-9-1)-②
歯科医学・医療に関連する情報を客観的・批判的に統合整理することができる。
A-9-1)-③
医療の改善の必要性と科学的研究の重要性を説明できる。
 
ディスカッション
グループワーク
プレゼンテーション 
新館・第1実習講義室  全員
1. 選択したテーマについて、約8名の班を作る。
2. 各班に割り当てられた英語論文を読み、実験目的、方法、結果、考察について理解する。
3. プレゼンテーションを作成する。 
6. グループフォーラム
7 8/12 2,3,4,5 A-8-1)-③
患者や疾患を分析するために、教科書・論文などから最新の情報を検索・整理統合することができる。
A-9-1)-①
自ら問題点を探し出し、自己学習によってそれを解決することができる。
A-9-1)-②
歯科医学・医療に関連する情報を客観的・批判的に統合整理することができる。
A-9-1)-③
医療の改善の必要性と科学的研究の重要性を説明できる。
 
ディスカッション
グループワーク
プレゼンテーション 
新館・第1講義室  全員
1. 選択したテーマについて、約8名の班を作る。
2. 各班に割り当てられた英語論文を読み、実験目的、方法、結果、考察について理解する。
3. プレゼンテーションを作成し学会形式で発表する。
4. 抄録の作成によるレポート提出を行う。 
6. グループフォーラム
8 9/4 2,3,4,5   試験  新館・第1講義室・新館・第1実習講義室  全員
 
8  筆記試験

↑科目ページのtopに戻る