第 3 学 年  病理学(講義・実習)
前 期 計 画 表

↓授業日程表を表示

教科の特徴
【講義】
病理学は、疾患を正しく認識するために、その原因と病態を解明する学問である。原因の除去(原因療法)と症状の緩和(対症療法)といった治療に役立つことでもある。本講義では病理学総論という位置づけで、臓器の違いを超えて共通にみられる疾患について、その原因、発病、経過、転帰という一連の変化を学ぶ。そして身体で起こっている現象を形態学的に総括的に捉え、医学的および病理学的な言葉の意味を理解する。本教科はこれから先の臨床科目とも関連し、医学・歯科医学を総合的に理解して全人的な歯科医療を提供する人材となるために必要な基礎的な知識の根幹となるものである。(コンピテンシー2、6、7)

【実習】
病理学実習では講義で学んだ内容を、実際に目で見ることによって理解を深めることを目的とする。病理学総論で学ぶ病因(病気の原因)と臓器や組織の変化などの生体内で起こっている現象を確認する。本実習は、積極的な自主学修態度と論理的思考および問題発見・解決のための基本的な能力となるものである。(コンピテンシー3、4、8-1)、4))

1.一般目標(GIO:General Instructional Objective)

【講義】
医療従事者として各種疾患の原因、経過、転帰を理解するために、その病態の基本的知識を修得する。

【実習】
講義で習得した病理学的知識を確実なものとするために、病変の視覚的構築を修得する。

2.行動目標(SBOs:Specific Behavioral Objectives)
1) 病因論を概説し、病因の内因と外因を説明できる。(5~10%)
2) 遺伝子異常、先天異常、発育異常に関する疾患を列挙し、概説できる。(5~10%)
3) 退行性病変(細胞・組織の障害および代謝障害)の原因、病態、経過、転帰について概説できる。(10~15%)
4) 進行性病変(細胞の反応性増殖)について原因、病態、経過、転帰を概説できる。(10~15%)
5) 循環障害の原因、病態、経過、転帰について概説できる。(10~15%)
6) 炎症およびその関連疾患の原因、病態、経過、転帰について概説できる。(15~20%)
7) 腫瘍の原因、病態、経過、転帰について概説できる。(10~20%)
8) 病理解剖(剖検)の目的と意義について概説できる。(0~5%)

3.方略(LS:Learning Strategy)
1)受動的方法:板書を中心とした講義
2)能動的方法:バーチャススライドによる標本観察とスケッチ実習、空欄補充ならびに記述による課題演習、クリッカーを使用したプレテストおよびポストテスト、ディスカッション
3)媒体:教科書、参考図書、スライド、バーチャススライド、プリントなど

実習の際は、TDCのネットワークに接続可能なPCを持参すること


4.評価(Evaluation)(形成的評価・総括的評価)
【評価・出席】
出席は、その日の内容に関わらず病理学講義が2・3限目病理学実習が4・5限目として取り扱う。
出席および評価は、講義と実習が別科目として取り扱われる。十分留意すること。

【講義評価】
1)中間試験および定期試験(総括的評価)90~100%
  講義内容の理解度を多肢選択、多真偽選択、空欄補充、論述などの記述試験で評価する。
  中間試験40~50% 
  定期試験50~60%
2)平常点評価(総括的評価)0~10%
  日常的な授業中の態度、質問事項に対する回答状況、課題の提出状況、授業の出欠状況などを評価する。
3)事前事後学習評価(形成的評価)
  各回の事業内容について、授業開始前に前回の講義の事後学習の内容のポストテストおよび当日の事前学習の内容についてプレテストを実施し評価する。


【実習評価】
1)実習試験(総括的評価)40~60%
  実習内容の理解度を多真偽選択、スライド試験、論述などの記述試験で評価する。(2回実施)
2)実習プロダクト(総括的評価)40~60%
  各実習項目についてのプロダクト内容を評価する。
3)平常点評価(総括的評価)
  日常的な実習中の取組状況を評価する。
  欠席した場合や、実習時にPCの不携帯あるいは持参していても活用していない場合、白衣を未着用の場合は、1コマにつき総合成績より2%減ずる。

事前・事後学修
【事前学修】
 『講義実習』
各回の講義・実習内容について該当部分を読んでおくこと。(10分) 
当日講義前にプレテストにて確認する。
第1回(4/13) 病因論
第2回(4/20) 循環障害:虚血・充血・うっ血・出血・出血性素因
第3回(4/27) 循環障害:血栓症・塞栓症・梗塞・ショック・水腫
第4回(5/11) 退行性病変(代謝疾患):変性
第5回(5/18) 退行性病変(代謝疾患):萎縮・壊死
第6回(5/25) 進行性病変:肥大・増生・再生・化生
第7回(6/1) 進行性病変:肉芽組織・創傷治癒・異物処理・移植
第9回(6/15) 炎症:炎症の分類・経過・非特異性炎
第10回(6/22) 炎症:非特異性炎
第11回(6/29) 炎症:特異性炎・自己免疫疾患・アレルギー
第12回(7/6) 腫瘍:定義・所見・分類・良性上皮性腫瘍・良性上皮性腫瘍
第13回(7/13) 腫瘍:悪性上皮性腫瘍・悪性非上皮性腫瘍
第14回(7/20) 腫瘍:軟部腫瘍・造血器系疾患

 『中間・実習試験』
中間・実習試験については、下記の内容に関して復習しておくこと
第8回(6/8):第1回~第7回の講義および実習内容
第15回(9/1):第1回~第7回および第9回~第14回の講義および実習内容

【事後学修】
 『講義・実習』
当日のポストテストの内容を通して、講義・実習内容を再度見直し、重要なポイントについて復習すること。(10分) 
次回講義の初めにプレテストと同時に確認テストを行う。
 『中間・実習試験』
中間試験、実習試験時(6/8, 9/1)は、試験の出題範囲の復習を行うこと。(30分)

日本病理学会『病理コア画像』
http://pathology.or.jp/corepictures2010/
日本臨床口腔病理学会『口腔病理基本画像アトラス』
http://www2.dent.nihon-u.ac.jp/OralPathologyAtlas/Ver1/index.html

教科書
講義プリント(前週に配布予定)
松坂賢一 編著:実習 病理学・口腔病理学、わかば出版

参考図書
深山正久 編:はじめの一歩の病理学 第2版、羊土社
井上 孝、田中昭男、長谷川博雅 編:病理学総論にもとづく口腔病理学 第2版、永末書店
井上 孝、石 和久、松坂賢一:口腔病態&身体病変の相互関係を探る、デンタルダイヤモンド社

日本病理学会『病理コア画像』
http://pathology.or.jp/corepictures2010/
日本臨床口腔病理学会『口腔病理基本画像アトラス』
http://www2.dent.nihon-u.ac.jp/OralPathologyAtlas/Ver1/index.html

オフィスアワー
講義日の放課後(17:30~18:30):実習講義室、本館9F病理学講座
(但し、在室であれば可能な限り質問を受け付けます)
市川総合病院の先生および非常勤講師への質問は、講義または実習終了後次の授業が始まるまで:講義室内あるいは実習室内

総授業コマ数
60コマ

出席について
出席は講義または実習開始直後に取る。講義または実習開始20分以内までに入室した場合は遅刻とし、それ以降は欠席とする。
公共交通機関のトラブルは、30分以上の遅延が発生した場合考慮します(到着時刻を記入のうえ、講義あるいは実習終了後に担当者に持ってくること)。

   担当者  『 * 』は実務経験教員を示す
 松坂 賢一 教授*, 佐々木 文 教授*, 橋本 和彦 講師*
 國分 克寿 講師*, 中島 啓 助教*, 中條 貴俊 助教*
 明石 良彦 助教*, 監物 真 非常勤講師*, 松岡 海地 非常勤講師*
 村上 聡 非常勤講師*, 小林 史卓 非常勤講師*

↑科目ページのtopに戻る

月日 時限 コア・カリキュラム 方略(LS)場所 担当者
(その他の)SBOs
内容項目
1 4/13 2 C-5
病因と病態
C-5-1)
病因論と先天異常
   ②
環境と疾患の関係を説明できる。
 
・クリッカーを用いたプレテスト
・講義
・ディスカッション 
新館・第1講義室  松坂 賢一
1. 病因論を概説し、病因の内因と外因を説明できる。 
病因論、内因、外因
2 4/13 3 C-5-1)-①
染色体、遺伝子及び発生の異常を説明できる。
 
・講義
・ディスカッション 
新館・第1講義室  松坂 賢一
1. 遺伝子異常、先天異常、発育異常に関する疾患を列挙し、概説できる。 
遺伝子病・配偶子病・奇形
3 4/13 4,5 C-5-1)
病因論と先天異常
C-5-1)-①
染色体、遺伝子及び発生の異常を説明できる。
C-5-1)-②
環境と疾患の関係を説明できる。
 
・バーチャルスライドによる標本観察
・空欄補充ならびに記述による課題演習
・ポストテスト 
新館・第2実習講義室  松坂 賢一
國分 克寿
中島 啓
中條 貴俊
明石 良彦
監物 真
松岡 海地
小林 史卓
1. 病因論を概説し、病因の内因と外因を説明できる。 
1. 実習オリエンテーション
2. 病因論に関する課題演習
3. 染色体異常・遺伝子異常・発生異常に関する課題演習
4 4/20 2 C-5-4)-①
虚血、充血及びうっ血の徴候、原因、転帰及び関連疾患を説明できる。
C-5-4)-②
出血の原因、種類及び転帰を説明できる。
 
・クリッカーを用いたプレテスト(事後学修の確認含む)
・講義
・ディスカッション
 
新館・第1講義室  松坂 賢一
1. 循環障害の原因、病態、経過、転帰について概説できる。 
循環の種類・虚血・充血・うっ血・出血・出血性素因
5 4/20 3 C-5-4)-①
虚血、充血及びうっ血の徴候、原因、転帰及び関連疾患を説明できる。
C-5-4)-②
出血の原因、種類及び転帰を説明できる。
 
・講義
・ディスカッション 
新館・第1講義室  松坂 賢一
1. 循環障害の原因、病態、経過、転帰について概説できる。 
脳出血・血友病・vonWillebrand病・血小板減少性紫斑病
6 4/20 4,5 C-5-4)-①
虚血、充血及びうっ血の徴候、原因、転帰及び関連疾患を説明できる。
C-5-4)-②
出血の原因、種類及び転帰を説明できる。
 
・バーチャルスライドによる標本観察とスケッチ実習
・空欄補充ならびに記述による課題演習
・ポストテスト
 
新館・第2実習講義室  松坂 賢一
國分 克寿
中島 啓
中條 貴俊
明石 良彦
監物 真
松岡 海地
小林 史卓
1. 循環障害の原因、病態、経過、転帰について概説できる。  
循環障害実習1

7 4/27 2 C-5-4)-③
血栓と塞栓の形成機序、形態的特徴、転帰および関連疾患を説明できる。
C-5-4)-④
梗塞の種類、形態的特徴、転帰及び関連疾患を説明できる。
C-5-4)-⑤
浮腫の原因と転帰を説明できる。
C-5-4)-⑥
ショックの成因と種類を説明できる。
 
・クリッカーを用いたプレテスト(事後学修の確認含む)
・講義
・ディスカッション 
新館・第1講義室  松坂 賢一
1. 循環障害の原因、病態、経過、転帰について概説できる。 
血栓症・塞栓症・梗塞・ショック・水腫

8 4/27 3 C-5-4)-①
虚血、充血及びうっ血の徴候、原因、転帰及び関連疾患を説明できる。
C-5-4)-②
出血の原因、種類及び転帰を説明できる。
C-5-4)-③
血栓と塞栓の形成機序、形態的特徴、転帰及び関連疾患を説明できる。
C-5-4)-④
梗塞の種類、形態的特徴、転帰及び関連疾患を説明できる。
C-5-4)-⑤
浮腫の原因と転帰を説明できる。
C-5-4)-⑥
ショックの成因と種類を説明できる。
 
・講義
・ディスカッション 
 
新館・第1講義室   松坂 賢一
1. 循環障害の原因、病態、経過、転帰について概説できる。  
エコノミークラス症候群・潜函病・狭心症・心筋梗塞・肺水腫
9 4/27 4,5 C-5-4)-①
虚血、充血及びうっ血の徴候、原因、転帰及び関連疾患を説明できる。
C-5-4)-②
出血の原因、種類及び転帰を説明できる。
C-5-4)-③
血栓と塞栓の形成機序、形態的特徴、転帰及び関連疾患を説明できる。
C-5-4)-④
梗塞の種類、形態的特徴、転帰及び関連疾患を説明できる。
C-5-4)-⑤
浮腫の原因と転帰を説明できる。
C-5-4)-⑥
ショックの成因と種類を説明できる。
 
・バーチャルスライドによる標本観察とスケッチ実習
・空欄補充ならびに記述による課題演習
・ポストテスト 
新館・第2実習講義室  松坂 賢一
國分 克寿
中島 啓
中條 貴俊
明石 良彦
監物 真
松岡 海地
小林 史卓
1. 循環障害の原因、病態、経過、転帰について概説できる。  
循環障害実習2
10 5/11 2 C-5-2)-①
細胞傷害と組織傷害を説明できる。
C-5-2)-②
変性と関連疾患の病態を説明できる。
 
・クリッカーを用いたプレテスト(事後学修の確認含む)
・講義
・ディスカッション 
新館・第1講義室  松坂 賢一
1. 退行性病変の原因、病態、経過、転帰について概説できる。 
変性
11 5/11 3 C-5-2)-①
細胞傷害と組織傷害を説明できる。
C-5-2)-②
変性と関連疾患の病態を説明できる。
C-5-2)-③
疾患における壊死とアポトーシスを説明できる。
C-5-2)-④
萎縮と仮性肥大を説明できる。
 
・講義
・ディスカッション 
新館・第1講義室  松坂 賢一
1. 退行性病変の原因、病態、経過、転帰について概説できる。
 
アルツハイマー病・パーキンソン病・筋萎縮性側索硬化症
12 5/11 4,5 C-5-2)-①
細胞傷害と組織傷害を説明できる。
C-5-2)-②
変性と関連疾患の病態を説明できる。
 
・バーチャルスライドによる標本観察とスケッチ実習
・空欄補充ならびに記述による課題演習
・ポストテスト 
新館・第2実習講義室  松坂 賢一
國分 克寿
中島 啓
中條 貴俊
明石 良彦
監物 真
松岡 海地
小林 史卓
1. 退行性病変の原因、病態、経過、転帰について概説できる。  
退行性病変実習1
13 5/18 2 C-5-2)-①
細胞傷害と組織傷害を説明できる。
C-5-2)-②
変性と関連疾患の病態を説明できる。
C-5-2)-③
疾患における壊死とアポトーシスを説明できる。
C-5-2)-④
萎縮と仮性肥大を説明できる。
 
・クリッカーを用いたプレテスト(事後学修の確認含む)
・講義
・ディスカッション 
新館・第1講義室  松坂 賢一
1. 退行性病変の原因、病態、経過、転帰について概説できる。
 
萎縮・脂質代謝異常・黄疸
14 5/18 3 C-5-2)-①
細胞傷害と組織傷害を説明できる。
C-5-2)-②
変性と関連疾患の病態を説明できる。
C-5-2)-③
疾患における壊死とアポトーシスを説明できる。
C-5-2)-④
萎縮と仮性肥大を説明できる。
 
・講義
・ディスカッション 
新館・第1講義室  松坂 賢一
1. 退行性病変の原因、病態、経過、転帰について概説できる。 
壊死・糖尿病・心筋梗塞
15 5/18 4,5 C-5-2)-①
細胞傷害と組織傷害を説明できる。
C-5-2)-②
変性と関連疾患の病態を説明できる。
C-5-2)-③
疾患における壊死とアポトーシスを説明できる。
C-5-2)-④
萎縮と仮性肥大を説明できる。
 
・バーチャルスライドによる標本観察とスケッチ実習
・空欄補充ならびに記述による課題演習
・ポストテスト 
新館・第2実習講義室  松坂 賢一
國分 克寿
中島 啓
中條 貴俊
明石 良彦
監物 真
松岡 海地
小林 史卓
1. 退行性病変の原因、病態、経過、転帰について概説できる。 
退行性病変実習2
16 5/25 2 C-5-3)-①
修復と再生の機序と幹細胞の役割を説明できる。
C-5-3)-②
肥大と過形成を説明できる。
C-5-3)-③
化生を説明できる。
 
・クリッカーを用いたプレテスト(事後学修の確認含む)
・講義
・ディスカッション 
新館・第1講義室  松坂 賢一
1. 進行性病変について原因、病態、経過、転帰を概説できる。 
肥大・増生・再生・化生
17 5/25 3 C-5-3)-①
修復と再生の機序と幹細胞の役割を説明できる。
C-5-3)-②
肥大と過形成を説明できる。
C-5-3)-③
化生を説明できる。
 
・講義
・ディスカッション 
新館・第1講義室  松坂 賢一
1. 進行性病変について原因、病態、経過、転帰を概説できる。
 
胃腸上皮化生・上顎洞扁平上皮化生

18 5/25 4,5 C-5-3)-①
修復と再生の機序と幹細胞の役割を説明できる。
C-5-3)-②
肥大と過形成を説明できる。
C-5-3)-③
化生を説明できる。
 
・バーチャルスライドによる標本観察とスケッチ実習
・空欄補充ならびに記述による課題演習
・ポストテスト 
新館・第2実習講義室  松坂 賢一
國分 克寿
中島 啓
中條 貴俊
明石 良彦
監物 真
松岡 海地
小林 史卓
1. 進行性病変について原因、病態、経過、転帰を概説できる。  
進行性病変実習1
19 6/1 2 C-5-3)-④
創傷治癒の過程と関与する細胞を説明できる。
C-5-3)-⑤
器質化を説明できる。
 
・クリッカーを用いたプレテスト(事後学修の確認含む)
・講義
・ディスカッション 
新館・第1講義室  松坂 賢一
1. 進行性病変について原因、病態、経過、転帰を概説できる。 
肉芽組織・創傷の治癒・異物の処理・移植

20 6/1 3 C-5-3)-④
創傷治癒の過程と関与する細胞を説明できる。
C-5-3)-⑤
器質化を説明できる。
 
・講義
・ディスカッション 
新館・第1講義室  松坂 賢一
1. 進行性病変について原因、病態、経過、転帰を概説できる。 
骨折・心筋胼胝・痛風(肉芽組織)・肝硬変症

21 6/1 4,5 C-5-3)-①
修復と再生の機序と幹細胞の役割を説明できる。
C-5-3)-②
肥大と過形成を説明できる。
C-5-3)-③
化生を説明できる。
C-5-3)-④
創傷治癒の過程と関与する細胞を説明できる。
C-5-3)-⑤
器質化を説明できる。
 
・バーチャルスライドによる標本観察とスケッチ実習
・空欄補充ならびに記述による課題演習
・ポストテスト 
新館・第2実習講義室  松坂 賢一
國分 克寿
中島 啓
中條 貴俊
明石 良彦
監物 真
松岡 海地
小林 史卓
1. 進行性病変について原因、病態、経過、転帰を概説できる。  
進行性病変実習2
22 6/8 2   ・試験  新館・第1講義室  松坂 賢一
 
中間試験(講義)
23 6/8 3   ・試験  本館・13階第1、2講義室
新館・第1講義室 
松坂 賢一
 
中間試験(講義)
24 6/8 4,5   ・試験  本館・13階第1、2講義室
新館・第1講義室
新館・第2実習講義室 
松坂 賢一
 
実習試験1
25 6/15 2 C-5-5)-①
炎症の定義と機序を説明できる。
C-5-5)-②
炎症に関与する細胞の種類と機能を説明できる。
 
・クリッカーを用いたプレテスト(事後学修の確認含む)
・講義
・ディスカッション 
新館・第1講義室  松坂 賢一
1. 炎症およびその関連疾患の原因、病態、経過、転帰について概説できる。  
分類・炎症の経過・循環障害・退行性変化・細胞増殖
26 6/15 3 C-5-5)-①
炎症の定義と機序を説明できる。
C-5-5)-②
炎症に関与する細胞の種類と機能を説明できる。
C-5-5)-③
滲出性炎の種類、形態的特徴及び経時的変化を説明できる。
 
・講義
・ディスカッション 
新館・第1講義室  松坂 賢一
1. 炎症およびその関連疾患の原因、病態、経過、転帰について概説できる。 
炎症の分類・非特異性炎
27 6/15 4,5 C-5-5)-①
炎症の定義と機序を説明できる。
C-5-5)-②
炎症に関与する細胞の種類と機能を説明できる。
C-5-5)-③
滲出性炎の種類、形態的特徴及び経時的変化を説明できる。
 
・バーチャルスライドによる標本観察とスケッチ実習
・空欄補充ならびに記述による課題演習
・ポストテスト 
新館・第2実習講義室  松坂 賢一
國分 克寿
中島 啓
中條 貴俊
明石 良彦
監物 真
松岡 海地
小林 史卓
1. 炎症およびその関連疾患の原因、病態、経過、転帰について概説できる。 
炎症実習1
28 6/22 2 C-5-5)-①
炎症の定義と機序を説明できる。
C-5-5)-②
炎症に関与する細胞の種類と機能を説明できる。
C-5-5)-③
滲出性炎の種類、形態的特徴及び経時的変化を説明できる。
 
・クリッカーを用いたプレテスト(事後学修の確認含む)
・講義
・ディスカッション 
新館・第1講義室  松坂 賢一
1. 炎症およびその関連疾患の原因、病態、経過、転帰について概説できる。 
非特異性炎
29 6/22 3 1.
炎症およびその関連疾患の原因、病態、経過、転帰について概説できる。
C-5-5)-①
炎症の定義と機序を説明できる。
C-5-5)-②
炎症に関与する細胞の種類と機能を説明できる。
C-5-5)-③
滲出性炎の種類、形態的特徴及び経時的変化を説明できる。
 
・講義
・ディスカッション 
新館・第1講義室  松坂 賢一
1. 炎症およびその関連疾患の原因、病態、経過、転帰について概説できる。 
胃炎・虫垂炎・肝炎・肺炎
30 6/22 4,5 C-5-5)-①
炎症の定義と機序を説明できる。
C-5-5)-②
炎症に関与する細胞の種類と機能を説明できる。
C-5-5)-③
滲出性炎の種類、形態的特徴及び経時的変化を説明できる。
 
・バーチャルスライドによる標本観察とスケッチ実習
・空欄補充ならびに記述による課題演習
・ポストテスト 
新館・第2実習講義室  松坂 賢一
國分 克寿
中島 啓
中條 貴俊
明石 良彦
監物 真
松岡 海地
小林 史卓
1. 炎症およびその関連疾患の原因、病態、経過、転帰について概説できる。 
炎症実習2
31 6/29 2 C-5-5)-④
肉芽腫性炎の種類、形態的特徴及び経時的変化を説明できる。
 
・クリッカーを用いたプレテスト(事後学修の確認含む)
・講義
・ディスカッション 
新館・第1講義室  村上 聡
1. 炎症およびその関連疾患の原因、病態、経過、転帰について概説できる。 
特異性炎・結核症・梅毒・AIDSによる真菌症
32 6/29 3 C-4-2)-⑤
アレルギー性疾患の種類、発症機序及び病態を説明できる。
 
・講義
・ディスカッション 
新館・第1講義室  村上 聡
1. 炎症およびその関連疾患の原因、病態、経過、転帰について概説できる。 
自己免疫疾患・過敏症・急性糸球体腎炎・金属アレルギー
33 6/29 4,5 C-5-5)-①
炎症の定義と機序を説明できる。
C-5-5)-②
炎症に関与する細胞の種類と機能を説明できる。
C-5-5)-③
滲出性炎の種類、形態的特徴及び経時的変化を説明できる。
C-5-5)-④
肉芽腫性炎の種類、形態的特徴及び経時的変化を説明できる。
 
・バーチャルスライドによる標本観察とスケッチ実習
・空欄補充ならびに記述による課題演習
・ポストテスト 
新館・第2実習講義室  松坂 賢一
國分 克寿
中島 啓
中條 貴俊
明石 良彦
監物 真
松岡 海地
小林 史卓
1. 炎症およびその関連疾患の原因、病態、経過、転帰について概説できる。 
炎症実習3
34 7/6 2 C-5-6)-①
腫瘍の定義を説明できる。
C-5-6)-②
腫瘍の病因を説明できる。
 
・クリッカーを用いたプレテスト(事後学修の確認含む)
・講義
・ディスカッション 
新館・第1講義室  松坂 賢一
1. 腫瘍の原因、病態、経過、転帰について概説できる。 
腫瘍の定義・肉眼的所見・組織学的所見・腫瘍の分類
35 7/6 3 C-5-6)-①
腫瘍の定義を説明できる。
C-5-6)-②
腫瘍の病因を説明できる。
C-5-6)-③
上皮異形成を説明できる。
C-5-6)-④
腫瘍の異型性と組織学的分化度を説明できる。
C-5-6)-⑤
良性腫瘍と悪性腫瘍の異同を説明できる。
C-5-6)-⑥
腫瘍の増殖、浸潤、再発及び転移を説明できる。
 
・講義
・ディスカッション 
新館・第1講義室  松坂 賢一
1. 腫瘍の原因、病態、経過、転帰について概説できる。 
良性上皮性腫瘍・良性非上皮性腫瘍
36 7/6 4,5 C-5-6)-①
腫瘍の定義を説明できる。
C-5-6)-②
腫瘍の病因を説明できる。
C-5-6)-③
上皮異形成を説明できる。
C-5-6)-④
腫瘍の異型性と組織学的分化度を説明できる。
C-5-6)-⑤
良性腫瘍と悪性腫瘍の異同を説明できる。
C-5-6)-⑥
腫瘍の増殖、浸潤、再発及び転移を説明できる。
 
・バーチャルスライドによる標本観察とスケッチ実習
・空欄補充ならびに記述による課題演習
・ポストテスト 
新館・第2実習講義室  松坂 賢一
國分 克寿
中島 啓
中條 貴俊
明石 良彦
監物 真
松岡 海地
小林 史卓
1. 腫瘍の原因、病態、経過、転帰について概説できる。 
腫瘍実習1
37 7/13 2 C-5-7)-①
死の概念と生物学的な死を説明できる。
 
・クリッカーを用いたプレテスト(事後学修の確認含む)
・講義
・ディスカッション 
新館・第1講義室  橋本 和彦
1. 病理解剖について概説できる。 
病理解剖に関する講義
38 7/13 3 C-5-6)-①
腫瘍の定義を説明できる。
C-5-6)-②
腫瘍の病因を説明できる。
C-5-6)-③
上皮異形成を説明できる。
C-5-6)-④
腫瘍の異型性と組織学的分化度を説明できる。
C-5-6)-⑤
良性腫瘍と悪性腫瘍の異同を説明できる。
C-5-6)-⑥
腫瘍の増殖、浸潤、再発及び転移を説明できる。
 
・講義
・ディスカッション 
新館・第1講義室  松坂 賢一
1. 腫瘍の原因、病態、経過、転帰について概説できる。 
悪性上皮性腫瘍・悪性非上皮性腫瘍・胃癌・肺癌・肝癌
39 7/13 4,5 C-5-6)-①
腫瘍の定義を説明できる。
C-5-6)-②
腫瘍の病因を説明できる。
C-5-6)-③
上皮異形成を説明できる。
C-5-6)-④
腫瘍の異型性と組織学的分化度を説明できる。
C-5-6)-⑤
良性腫瘍と悪性腫瘍の異同を説明できる。
C-5-6)-⑥
腫瘍の増殖、浸潤、再発及び転移を説明できる。
 
・バーチャルスライドによる標本観察とスケッチ実習
・空欄補充ならびに記述による課題演習
・ポストテスト 
新館・第2実習講義室  松坂 賢一
國分 克寿
中島 啓
中條 貴俊
明石 良彦
監物 真
松岡 海地
小林 史卓
1. 腫瘍の原因、病態、経過、転帰について概説できる。 
腫瘍実習2
40 7/20 2 C-5-6)-①
腫瘍の定義を説明できる。
C-5-6)-②
腫瘍の病因を説明できる。
C-5-6)-③
上皮異形成を説明できる。
C-5-6)-④
腫瘍の異型性と組織学的分化度を説明できる。
C-5-6)-⑤
良性腫瘍と悪性腫瘍の異同を説明できる。
C-5-6)-⑥
腫瘍の増殖、浸潤、再発及び転移を説明できる。
 
・講義
・ディスカッション 
新館・第1講義室  佐々木 文
1. 腫瘍の原因、病態、経過、転帰について概説できる。 
軟部腫瘍
41 7/20 3 C-5-6)-①
腫瘍の定義を説明できる。
C-5-6)-②
腫瘍の病因を説明できる。
C-5-6)-③
上皮異形成を説明できる。
C-5-6)-④
腫瘍の異型性と組織学的分化度を説明できる。
C-5-6)-⑤
良性腫瘍と悪性腫瘍の異同を説明できる。
C-5-6)-⑥
腫瘍の増殖、浸潤、再発及び転移を説明できる。
 
・クリッカーを用いたプレテスト(事後学修の確認含む)
・講義
・ディスカッション 
新館・第1講義室  國分 克寿
1. 腫瘍の原因、病態、経過、転帰について概説できる。 
造血器系腫瘍・白血病・多発性骨髄腫
42 7/20 4,5 C-5-6)-①
腫瘍の定義を説明できる。
C-5-6)-②
腫瘍の病因を説明できる。
C-5-6)-③
上皮異形成を説明できる。
C-5-6)-④
腫瘍の異型性と組織学的分化度を説明できる。
C-5-6)-⑤
良性腫瘍と悪性腫瘍の異同を説明できる。
C-5-6)-⑥
腫瘍の増殖、浸潤、再発及び転移を説明できる。
 
・バーチャルスライドによる標本観察とスケッチ実習
・空欄補充ならびに記述による課題演習
・ポストテスト 
新館・第2実習講義室  松坂 賢一
國分 克寿
中島 啓
中條 貴俊
明石 良彦
監物 真
松岡 海地
小林 史卓
1. 腫瘍の原因、病態、経過、転帰について概説できる。 
腫瘍実習3
43 9/7 2   ・クリッカーを使ったプレテスト
・講義
・ディスカッション  
新館・第1講義室  松坂 賢一
 
病理学講義まとめ
44 9/7 3   ・講義   本館・13階第1、2講義室 新館・第1講義室  松坂 賢一
 
病理学講義まとめ
45 9/7 4,5   ・試験  本館・13階第1、2講義室
新館・第1講義室
新館・第2実習講義室  
松坂 賢一
 
実習試験2

↑科目ページのtopに戻る