第 4 学 年  歯周療法学(講義)
通 年 計 画 表

↓授業日程表を表示

教科の特徴
歯科の2大疾患の1つである歯周病は,歯の喪失の大きな原因となるだけではなく,全身の健康やQOLにも影響を及ぼす。歯周療法学では,歯周病の発症と進展の理論を理解し,治療の基本的な考え方を学習する。
 本科目を学ぶことにより,ディプロマポリシーの「医学・歯科医学の統合的な理解」を目指し,「自主的学習態度」および「論理的思考」を促す。

1.一般目標(GIO:General Instructional Objective)
歯周病とその予防・治療を理解するために,基礎的な知識と治療の考え方を修得する

2.行動目標(SBOs:Specific Behavioral Objectives)
1)正常な歯周組織の構造と機能を説明する
2)歯周病の症状を説明する
3)歯周病の分類を説明する
4)歯周病の疫学とその指標を説明する
5)歯周病の原因を説明する
6)歯周治療の流れを説明する
7)診察,検査,診断,治療計画の基本を説明する
8)歯周基本治療の目的および内容を説明する
9)各種歯周外科治療の目的および内容を説明する
10)口腔機能回復治療を説明する
11)メインテナンス・SPTを説明する

3.方略(LS:Learning Strategy)
1)講義
2)基礎実習

4.評価(Evaluation)(形成的評価・総括的評価)
(1)定期試験(総括的評価):講義評価中の80%
  講義内容の理解度を論述試験、多肢選択式試験で評価する。
(2)平常点評価(総括的評価):講義評価中の20%
  日常的な授業における取組状況を評価する。
(3)講義の振り返り,ポストテスト(形成的評価)
  重要なポイントを確認し,学生自身が理解度を把握するために行う。適宜,講義内でフィードバックを行う。

準備学習
各回の授業内容項目について,教科書の該当部分を読んでおくこと。授業内容についてノートにまとめ,復習すること。

教科書
臨床歯周病学 第2版-医歯薬出版
(第2版第6刷 以降のもの)

参考図書
1)歯周治療の指針2015-日本歯周病学会
2)ザ・ペリオドントロジー第3版-永末書店

オフィスアワー
授業終了後:水道橋校舎本館8階 歯周病学講座研究室

総授業コマ数
28コマ

出席について
授業開始時に出席をとる。

   担当者  『 * 』は実務経験教員を示す
 齋藤 淳 教授*, 富田 幸代 准教授*, 勢島 典 講師*
 今村 健太郎 講師*, 色川 大輔 助教*, 備前島 崇浩 助教*
 喜田 大智 助教*, 青木 栄人 助教*, 吉川 幸輝 助教
 中川 種昭 客員教授, 北村 秀和 非常勤講師*, 天野 恭彦 非常勤講師*
 増田 浩之 非常勤講師*, 山本 茂樹 非常勤講師*, 関口 一実 非常勤講師*
 伊藤 明代 非常勤講師*, 廣瀬 理子 非常勤講師*, 中西 伸介 非常勤講師*
 東郷 沙織 非常勤講師*, 小川 貴也 非常勤講師*, 衣松 高志 非常勤講師*
 中西 万理子 非常勤講師*, 藤田 貴久 非常勤講師*, 藤波弘州 非常勤講師*
 大久保 信貴 非常勤講師*, 白谷 聡 非常勤講師*, 鈴木 瑛一 非常勤講師*
 村野 嘉則 非常勤講師*, 庵原 英晃 非常勤講師*, 杉澤 幹雄 非常勤講師*
 太田 功貴 非常勤講師*, 大井 麻子 非常勤講師*, 石井 善仁 非常勤講師*
 穂坂 康朗 非常勤講師*, 武内 崇博 非常勤講師*, 西村 英紀 非常勤講師*

↑科目ページのtopに戻る

月日 時限 コア・カリキュラム 方略(LS)場所 担当者
(その他の)SBOs
内容項目
1 4/11 3 E-3-1)-⑥
歯周組織の発生、構造および機能を説明できる。
 
講義  新館・第2講義室  齋藤 淳
勢島 典
今村 健太郎
歯周組織の発生、構造および機能を説明する。 
1.歯周療法学概論
2.正常な歯周組織の構造と機能
  1)歯肉の肉眼所見
  2)歯周組織の発生
  3)歯周組織の構造
    (1)歯肉
2 4/18 3 E-3-1)-⑥
歯周組織の発生、構造および機能を説明できる。
 
講義  新館・第2講義室  齋藤 淳
歯周組織の発生、構造および機能を説明する。 
    (2)歯根膜
    (3)セメント質
    (4)歯槽骨
    (5)歯槽粘膜
    (6)歯肉と歯の付着
3 4/25 3 E-2-3)-④
口腔・顎顔面領域の老化と歯の喪失に伴う変化を説明できる。
 
講義  新館・第2講義室  勢島 典
歯周組織の加齢変化について説明する。  
  4)歯周組織の加齢的変化
4 5/9 3 E-3-2)-③

歯周疾患の病因と病態を説明できる。
 
講義  新館・第2講義室  齋藤 淳
歯周疾患の病態を説明する。 
3.歯周疾患の病理
    (1)歯肉炎
    (2)歯周炎
    (3)歯周組織の炎症性病変
5 5/16 3 E-3-3)-(3)-①
歯周疾患の症状及び全身疾患との関連を説明できる(疾患の細胞レベル、分子生物学的レベルでの説明を含む)。
 
講義  新館・第2講義室  勢島 典
歯周疾患の症状を説明する。 
4.歯周疾患の症状
  1)歯周ポケット、歯肉溝滲出液
  2)歯肉の炎症症状
  3)歯の動揺と移動
  4)歯槽骨の吸収
  5)根分岐部病変
  6)口臭
6 5/23 3 E-3-2)-③
歯周疾患の病因と病態を説明できる。
B-4-1)-③
歯科疾患の疫学的指標を説明できる。
 
講義  新館・第2講義室  今村 健太郎
歯周疾患の分類を説明する。
口腔疾患の疫学的指標を説明する。 
5.歯周疾患の分類
6.歯周疾患の疫学
  1)口腔清掃度を表す指数
  2)歯肉炎を表す指数
  3)歯周炎を表す指数
  4)治療の必要性を表わす指数
7 5/30 3 E-3-2)-②
歯髄・根尖性歯周疾患の病因と病態を説明できる。
 
講義  新館・第2講義室  齋藤 淳
歯周疾患の病因を説明する。 
7.歯周疾患の原因
  1)歯周疾患の原因の分類
    (1)局所的因子
    (2)全身的因子
8 6/6 3 E-3-2)-②
歯髄・根尖性歯周疾患の病因と病態を説明できる。
E-3-2)-④
口腔細菌、プラーク(口腔バイオフィルム)及び歯石を説明できる。
 
講義  新館・第2講義室  今村 健太郎
歯周疾患の病因における口腔細菌、プラークバイオフィルムおよび歯石について説明する。 
  2)局所的因子
    (1)プラーク(バイオフィルム)について(その1)
9 6/13 3 E-3-2)-③
歯周疾患の病因と病態を説明できる。
E-3-2)-④
口腔細菌、プラーク(口腔バイオフィルム)及び歯石を説明できる。
 
講義  新館・第2講義室  齋藤 淳
歯周疾患の病因における口腔細菌、プラークバイオフィルムについて説明する。
歯周疾患における宿主免疫応答について説明する。 
    (2)歯石
  歯周疾患と宿主免疫応答
10 6/20 3 E-3-3)-(3)-①
歯周疾患の症状及び全身疾患との関連を説明できる(疾患の細胞レベル、分子生物学的レベルでの説明を含む)。
E-3-3)-(3)-②
歯周疾患の検査法、診断及び治療方針(メインテナンス法を含む)を説明できる。
 
講義  新館・第2講義室  勢島 典
歯周疾患のリスクとペリオドンタルメディシンを説明する。
歯周疾患の検査法を説明できる。 
  3)リスクファクター
  4) 歯周疾患と全身疾患との関わり
    ペリオドンタルメディシン
8.検査、診断、予後
  1)診察,検査
    (1)問診,全身状態の把握
    (2)口腔の検査(その1)
    (3)口腔の検査(その2)
11 6/27 3 E-3-3)-(3)-②
歯周疾患の検査法、診断及び治療方針(メインテナンス法を含む)を説明できる。
 
講義  新館・第2講義室  富田 幸代
歯周疾患の検査法を説明する。  
    (4)スタディスャストと口腔内写真
    (5)エックス線写真検査
    
12 7/4 3 E-3-3)-(3)-②
歯周疾患の検査法、診断及び治療方針(メインテナンス法を含む)を説明できる。
 
講義  新館・第2講義室  齋藤 淳
歯周疾患の診断と治療計画の立案について説明する。 
  2)診断
  3)予後の判定
9.治療計画
13 7/11 3 E-3-3)-(3)-③
歯周治療の術式と適応症を説明できる。
 
講義  新館・第2講義室  齋藤 淳
歯周基本治療の内容と項目について説明する。  
10.歯周基本治療
  1)目的
  2)種類
  3)項目
    (1)緊急処置
    (2)プラークコントロール
14 7/18 3 E-3-3)-(3)-③
歯周治療の術式と適応症を説明できる。
E-3-3)-(3)-⑤
歯周治療後の組織の治癒機転と予後を説明できる。
 
講義  新館・第2講義室  齋藤 淳
歯周基本治療のスケーリング・ルートプレーニングについて説明する。 
    (3)スケーリング・ルートプレーニング
15 9/5 3 E-3-3)-(3)-③
歯周治療の術式と適応症を説明できる。
E-3-3)-(3)-②
歯周疾患の検査法、診断及び治療方針(メインテナンス法を含む)を説明できる。
E-3-3)-(3)-⑤
歯周治療後の組織の治癒機転と予後を説明できる。
 
講義  新館・第2講義室  富田 幸代
歯周基本治療と再評価について説明する。 
    (4)歯周ポケットの掻爬
    (5)暫間固定
     (6) その他
11.再評価
  1)目的
  2)時期
  3)診査法
16 10/3 3 E-3-3)-(3)-③
歯周治療の術式と適応症を説明できる。
E-3-3)-(3)-④
歯周外科治療の種類と適応症を説明できる。
E-3-3)-(3)-⑤
歯周治療後の組織の治癒機転と予後を説明できる。
 
講義  新館・第2講義室  齋藤 淳
歯周外科手術について説明する。
 
12.歯周外科治療
  1)目的
  2)基本事項
  3)各種歯周外科治療
    (1)組織付着療法
      ①歯周ポケット掻爬術
      ②新付着術(ENAP)
     
17 10/10 3 E-3-3)-(3)-③
歯周治療の術式と適応症を説明できる。
E-3-3)-(3)-④
歯周外科治療の種類と適応症を説明できる。
E-3-3)-(3)-⑤
歯周治療後の組織の治癒機転と予後を説明できる。
 
講義  新館・第2講義室  齋藤 淳
歯周外科治療について説明する。
 
    (1)組織付着療法
      ③フラップ手術
    (2)歯周組織再生療法
      ①組織再生誘導法(GTR法)
      ②増殖因子等を用いた再生療法(EMD, FGF-2ほか)
18 10/17 3 E-3-3)-(3)-④
歯周外科治療の種類と適応症を説明できる。
E-3-3)-(3)-⑤
歯周治療後の組織の治癒機転と予後を説明できる。
 
講義  新館・第2講義室  齋藤 淳
歯周外科治療について説明する。
 
    (3)切除療法
      ①歯肉切除術
      ②歯肉弁根尖側移動術
19 10/31 3 E-3-3)-(3)-④
歯周外科治療の種類と適応症を説明できる。
E-3-3)-(3)-⑤
歯周治療後の組織の治癒機転と予後を説明できる。
 
講義  新館・第2講義室  齋藤 淳
歯周外科治療について説明する。

 
    ・歯槽骨の処置
     (歯槽骨整形,歯槽骨切除)
20 11/14 3 E-3-3)-(3)-④
歯周外科治療の種類と適応症を説明できる。
E-3-3)-(3)-⑤
歯周治療後の組織の治癒機転と予後を説明できる。
 
講義  新館・第2講義室  齋藤 淳
歯周外科治療について説明する。
 
    ・根分岐部病変の処置
21 11/21 3 E-3-3)-(3)-④
歯周外科治療の種類と適応症を説明できる。
E-3-3)-(3)-⑤
歯周治療後の組織の治癒機転と予後を説明できる。
 
講義  新館・第2講義室  富田 幸代
歯周外科治療について説明する。
 
    (4)歯周形成手術
      (歯肉歯槽粘膜形成術:MGS)
    
22 11/28 3 E-3-3)-(3)-③
歯周治療の術式と適応症を説明できる。
 
講義  新館・第2講義室  齋藤 淳
歯周膿瘍について説明する。
歯周-歯内疾患について説明する。
口腔機能回復治療について説明する。
 
13.その他の歯周治療
  1)歯周膿瘍の処置
  2) 歯周-歯内疾患の処置
<咬合調整>
  1) 時期
  2) 原則
  3) 術式
<ブラキシズム>
<歯周ー矯正治療>
 
23 12/5 3 E-3-3)-(3)-③
歯周治療の術式と適応症を説明できる。
A-1-1)-⑥
研究を、医学・医療の発展や患者の利益の増進を目的として行うよう配慮できる。
 
講義  新館・第2講義室  齋藤 淳
西村 英紀
歯周治療の臨床と研究の最新トピックを説明する。 
九州大学 西村英紀 教授 特別講義
歯周治療の臨床・研究について
24 12/12 3 E-3-3)-(3)-②
歯周疾患の検査法、診断及び治療方針(メインテナンス法を含む)を説明できる。
 
講義  新館・第2講義室  齋藤 淳
口腔機能回復治療について説明する。
メインテナンス、SPTについて説明する。 
14.口腔機能回復治療
  1) 目的・原則
  2) 種類
15.メインテナンス、SPT
  1)目的
  2)内容
  3)リコールの間隔
  
25 1/9 3 E-3-3)-(3)-②
歯周疾患の検査法、診断及び治療方針(メインテナンス法を含む)を説明できる。
E-3-3)-(3)-①
歯周疾患の症状及び全身疾患との関連を説明できる(疾患の細胞レベル、分子生物学的レベルでの説明を含む)。
E-3-3)-(3)-③
歯周治療の術式と適応症を説明できる。
 
講義  新館・第2講義室  齋藤 淳
特殊な歯周疾患について説明する。
 
16.特殊な歯周疾患の治療
  1)妊娠関連歯肉炎
  2)急性壊死性潰瘍性歯肉炎
  3)慢性剥離性歯肉炎
  4)薬物関連性歯肉増殖症
  5)歯肉線維腫症
  6) 遺伝性疾患関連
26 1/16 3 E-3-3)-(3)-③
歯周治療の術式と適応症を説明できる。
C-6-3)-①
薬物の適用方法の種類と特徴を説明できる。
C-6-4)-②
薬剤耐性(antimicrobial resistance )に配慮した適切な抗菌薬使用を説明できる。
 
講義  新館・第2講義室  齋藤 淳
歯周疾患の薬物療法を説明する。 
17.歯周疾患の薬物療法
27 1/23 3 E-3-3)-(3)-②
歯周疾患の検査法、診断及び治療方針(メインテナンス法を含む)を説明できる。
E-3-3)-(3)-③
歯周治療の術式と適応症を説明できる。
 
講義  新館・第2講義室  齋藤 淳
口臭の診断・治療法について説明する。 
18.口臭の治療


28 1/30 3   講義  新館第2講義室  齋藤 淳
 
19. 講義内容のまとめ

↑科目ページのtopに戻る