第 4 学 年  歯科麻酔学(講義)
通 年 計 画 表

↓授業日程表を表示

教科の特徴
 歯科領域の疾患や処置にはとかく疼痛や不快感を伴うものが多い。従来から、歯痛・神経痛などの激しい痛みに対する鎮痛法、ならびに歯科治療をはじめ種々の口腔疾患手術時の除痛法は、歯科医師にとって最も重要な課題のひとつとされている。麻酔、とくに局所麻酔は、日常の歯科診療において1日たりとも欠かせない手段であり、その使用頻度も他科に比べてきわめて高い。また歯科を訪れる患者は、性・年齢・職業・生活環境等を問わないばかりか、中にはいろいろの医科疾患を合併している場合が少なくないため、医療事故防止のためには歯科治療に際しては局所のみならず全身的な管理も必要である。とくに高齢者・有病者・障害者外来歯科治療における全身管理は重要なものとなる。一方、最近では、口腔顎顔面外科ではもちろん、小児歯科、保存科、その他、障害者歯科治療においても全身麻酔法あるいは精神鎮静法の適用が多くなっている。現代の麻酔学は、ただ単に手術時の疼痛除去にとどまらず、快適な歯科治療の提供、さらに患者の生命の安全を守るために全身状態の管理をも研究する学問であり、歯科麻酔科医の従事する分野は極めて広範となっており、その責務も重大である。したがって、この教科内容を十分に理解するためには、基礎医学・歯科医学ならびに臨床医学・歯科医学全般にわたる総合的な知識のもとに、論理的思考に基づく問題発見・解決能力が要求される。
 歯科麻酔学の学修を通じて、多様な患者に対して安全で快適な全人的歯科医療を高い倫理観のもとに提供するための人間性・協調性にあふれる態度、技能および知識を身につけるとともに、常に医療人として自主的な学修・研修を継続し、向上しようとする習慣を形成する。

1.一般目標(GIO:General Instructional Objective)
 安全で快適な歯科医療を行うために、必要な局所麻酔、精神鎮静法、全身麻酔、患者管理、およびペインクリニックについての知識を修得する。

2.行動目標(SBOs:Specific Behavioral Objectives)
1) 局所麻酔について説明できる。
2) 精神鎮静法について説明できる。
3) 全身麻酔について説明できる。
4) 患者管理について説明できる。
5) ペインクリニックについて説明できる。

3.方略(LS:Learning Strategy)
1) ディスカッションを活用した講義
2) ケーススタディーに基づくディスカッションを活用した課題解決型学修(講義)
3) ケーススタディーに基づくディスカッションを活用した課題解決型学修(実習)

4.評価(Evaluation)(形成的評価・総括的評価)
1) 定期試験(総括的評価):90% 講義内容の理解度を記述試験、多肢選択式試験等で評価する。
2) 平常点評価(総括的評価):10% 日常的な授業における取組状況を評価する。
3) 実習におけるレポート内容の評価(形成的評価):次の授業の冒頭に全身管理の基本的な考え方をフィードバックする。

事前・事後学修
事前
1) 各回の講義内容について、教育用webの講義スライドを読了しておくこと(約15分)。
事後
1) 各回の講義および実習内容について、教科書の該当部分で復習しておくこと。

教科書
福島和昭監修 一戸達也、北畑 洋、嶋田昌彦、丹羽 均、宮脇卓也編集:歯科麻酔学、第8版、医歯薬出版

参考図書
一戸達也編:歯科における安全で確実な局所麻酔、第1版、第一歯科出版

オフィスアワー
毎週 火曜・水曜 17:30~19:00:本館9階歯科麻酔学研究室

総授業コマ数
28コマ

出席について
授業開始後約10分後までに出席をとり、着席していたものを出席とする。これ以降の入室については欠席とする。

   担当者  『 * 』は実務経験教員を示す
 一戸 達也 教授*, 福田 謙一 教授*, 松浦 信幸 准教授*
 半田 俊之 講師*, 小板橋 俊哉 教授*, 宮脇 卓也 非常勤講師*
 櫻井 学 非常勤講師*, 長束 智晴 非常勤講師*, 宮地 建次 非常勤講師*
 稲川 元明 非常勤講師*, 雨宮 啓 非常勤講師*

↑科目ページのtopに戻る

月日 時限 コア・カリキュラム 方略(LS)場所 担当者
(その他の)SBOs
内容項目
1 4/15 4 A-5-1)-① 患者中心のチーム医療の意義を説明できる。
A-6-1)-⑦ 歯科医療における事故の具体例を列挙できる。
A-7-1)-⑤ 地域における在宅医療(訪問歯科診療を含む)、救急医療及び離島・へき地医療の体制を説明できる。
 
ディスカッションを活用した講義  新館・第2講義室    一戸 達也
 1) 歯科麻酔科医の業務を概説できる。  
1. 歯科麻酔学概論
 1) 麻酔の概念
 2) 麻酔の歴史
 3) 歯科臨床と麻酔学
 4) 歯科麻酔科医の役割
 5) 症例提示
2 4/22 4 A-3-① 適切な医療面接により、患者との良好な関係を構築し、必要に応じて患者教育を実施できる。
A-3-② 全身状態の評価に基づいた口腔・顎顔面領域の診察ができる。
A-5-1)-① 患者中心のチーム医療の意義を説明できる。
A-6-1)-⑦ 歯科医療における事故の具体例を列挙できる。
E-1-1)-③ 病歴聴取(主訴、現病歴、既往歴、家族歴、生活歴、社会歴・職業歴等)を説明できる。
E-5-3)-⑤ 歯科治療恐怖症を説明できる。
 
ケーススタディーに基づくディスカッションを活用した課題解決型学修(講義)  新館・第2講義室  一戸 達也
 1) ストレッサ-を分類し、説明できる。
 2) ストレッサーが生体に与える影響を説明できる。
 3) 生体応答を分類し、説明できる。
 4) 生体応答の観察法を説明できる。
 5) 生体応答と予備力の関係を説明できる。
 6) 安全な歯科治療を行うための全身管理方針を、ストレッサー、生体応答、予備力の関係から説明できる。
 7) 医療面接の目的を説明できる。  
2. ストレッサーと生体応答および予備力の関係
 1) ストレッサーと生体応答および予備力のバランス
 2) 医療面接
 3) 提示症例の問題点の抽出
3 5/13 4 C-3-4)-(5)-⑧ 神経の活動電位の発生と伝導の機序を説明できる。
E-1-4)-(3)-① 局所麻酔の特徴と目的及び種類を説明できる。
E-1-4)-(3)-② 局所麻酔薬の分類と、その作用機序を説明できる。
E-1-4)-(3)-③ 局所麻酔作用に影響を及ぼす因子を説明できる。
E-1-4)-(3)-⑤ 局所麻酔の実施法と合併症(偶発症)を説明できる。
 
ケーススタディーに基づくディスカッションを活用した課題解決型学修(講義)  新館・第2講義室  一戸 達也
 1) 神経の機能と構造を説明できる。
 2) 局所麻酔薬の作用機序を説明できる。
 3) 局所麻酔法を列挙できる。
 4) 局所麻酔薬を分類できる。
 5) 麻酔効果に及ぼす因子について説明できる。
 6) 局所麻酔薬の代謝と排泄を説明できる。
 7) 歯科用局所麻酔薬製剤の特徴を説明できる。
 8) 局所麻酔に使用する器材の特徴を説明できる。 
2. ストレッサーと生体応答および予備力の関係
 1) ストレッサー1「痛み」の制御(1)
  (1) 局所麻酔とは何か
  (2) 局所麻酔法の分類
  (3) 局所麻酔薬
4 5/20 4 E-1-4)-(3)-④ 血管収縮薬の使用目的と種類、特徴及び臨床使用上の注意を説明できる。
 
ケーススタディーに基づくディスカッションを活用した課題解決型学修(講義)  新館・第2講義室  一戸 達也
 1) 血管収縮薬添加の目的を列挙できる。
 2) 血管収縮薬を分類できる。
 3) アドレナリンの作用を説明できる。
 4) フェリプレシンの作用を説明できる。
 5) 血管収縮薬の臨床使用上の注意点を説明できる。  
2. ストレッサーと生体応答および予備力の関係
 1) ストレッサー1「痛み」の制御(2)
  (1) 血管収縮薬
5 5/27 4 E-1-4)-(3)-⑤ 局所麻酔の実施法と合併症(偶発症)を説明できる。
 
ケーススタディーに基づくディスカッションを活用した課題解決型学修(講義)  新館・第2講義室  一戸 達也
 1) 表面麻酔の適応を説明できる。
 2) 表面麻酔に使用される薬物を説明できる。
 3) 浸潤麻酔法の適応を説明できる。
 4) 口腔・顎・顔面領域に行う浸潤麻酔法を分類し、説明できる。
 5) カートリッジ式注射器の浸潤麻酔用と伝達麻酔用の特徴を説明できる。
 6) 歯根膜腔内麻酔用注射器について説明できる。
 7) 麻酔用注射針の特徴を説明できる。
 8) カートリッジ式注射器の準備を説明できる。
 9) 注射針のリキャップ法について説明できる。
 10) 浸潤麻酔法を行う際の注意事項を説明できる。
 11)歯根膜腔内注射を行う際の注意事項を説明できる。 
2. ストレッサーと生体応答および予備力の関係
 1) ストレッサー1「痛み」の制御(3)
  (1) 表面麻酔
  (2) 浸潤麻酔
6 6/3 4 E-1-4)-(3)-⑤ 局所麻酔の実施法と合併症(偶発症)を説明できる。
 
ケーススタディーに基づくディスカッションを活用した課題解決型学修(講義)  新館・第2講義室  一戸 達也
 1) 伝達麻酔の利点・欠点を説明できる。
 2) 伝達麻酔法の適応を説明できる。
 3) 伝達麻酔の吸引テストの意義について説明できる。
 4) 上顎に対する伝達麻酔法を分類し説明できる。
 5) 下顎に対する伝達麻酔法を分類し説明できる。
 6) 伝達麻酔の奏効範囲を説明できる。
 7) 小児に行う麻酔法についての注意事項を説明できる。
 8) 下顎孔伝達麻酔を無歯顎患者に行う際の注意事項を説明できる。
 9) 局所麻酔時の局所的偶発症を分類し、説明できる。 
2. ストレッサーと生体応答および予備力の関係
 1) ストレッサー1「痛み」の制御(4)
  (1) 伝達麻酔
  (2) 局所麻酔時の局所的合併症
7 6/10 4 A-4-2)-① 患者と家族の精神的・身体的苦痛に十分配慮できる。
A-4-2)-③ 患者の心理的・社会的背景や自立した生活を送るための課題を把握し、抱える問題点を抽出・整理できる。
E-1-4)-(2)-① 精神鎮静法の特徴と目的及び種類を説明できる。
E-1-4)-(2)-② 吸入鎮静法に使用する薬剤と適応、禁忌及び合併症を説明できる。
E-1-4)-(2)-③ 静脈内鎮静法に使用する薬剤と適応、禁忌及び合併症を説明できる。
E-1-4)-(2)-④ 精神鎮静法の周術期の管理を説明できる。
E-5-3)-⑤ 歯科治療恐怖症を説明できる。
 
ケーススタディーに基づくディスカッションを活用した課題解決型学修(講義)  新館・第2講義室  一戸 達也
 1) 歯科治療に対する患者の不安の強さを評価できる。
 2) 精神鎮静法の目的と分類を説明できる。
 3) 精神鎮静法に使用する薬物を分類し、薬理学的特徴を説明できる。
 4) 精神鎮静法の実施法を説明できる。
 5) 至適鎮静状態の評価法を説明できる。
 6) 精神鎮静法実施時の全身状態の評価について説明できる。
 7) 鎮静法終了後の帰宅判定法を説明できる。 
2. ストレッサーと生体応答および予備力の関係
 2)ストレッサー2「不安・緊張」の制御
  (1) コミュニケーション
  (2) 精神鎮静法
8 6/17 4 E-1-4)-(1)-① バイタルサインの意義とそのモニタリングの方法を説明できる。
E-1-4)-(1)-② 血圧、脈拍数、呼吸数の測定方法と異常所見を説明できる。
 
ケーススタディーに基づくディスカッションを活用した課題解決型学修(講義)  新館・第2講義室  一戸 達也
 1) バイタルサインとはなにか説明できる。
 2) 呼吸・循環のモニタリング機器と使用目的を説明できる。
 3) 脈拍数の基準値と異常値を説明できる。
 4) 脈拍の触診から得られる情報を説明できる。
 5) 血圧を規定する因子を説明できる。
 6) 血圧の測定法を分類し説明できる。
 7) 血圧の基準値と異常値を説明できる。
 8) RPPとPRQについて説明できる。
 9) 心電図の観察法を説明できる。
 10) 心電図から得られる情報を説明できる。
 11) パルスオキシメータの原理を説明できる。
 12) パルスオキシメータから得られる情報を説明できる。 
2. ストレッサーと生体応答および予備力の関係
 3)生体応答の観察
  (1) バイタルサインとは
  (2) モニタリング機器
  (3) 血圧と脈拍
  (4) パルスオキシメータ
9 6/24 4 E-1-4)-(1)-⑥ 患者(小児、妊産婦、高齢者を含む)の全身状態の評価を説明できる。
E-6-① 全身の症候・病態を説明できる。(発熱、全身倦怠感、体重減少・増加、ショック、意識障害、脱水、浮腫、けいれ
ん、めまい、黄疸、呼吸困難、チアノーゼ、頭痛、動悸、息切れ、胸痛、睡眠障害、嘔吐、下痢)
E-6-② 医科疾患合併患者の歯科治療時の注意点を説明できる。
 
ケーススタディーに基づくディスカッションを活用した課題解決型学修(講義)  新館・第2講義室  一戸 達也
 1) 循環器系患を分類し、病態を説明できる。
 2) JSH2014による高血圧症判定基準を説明できる。
 3) NYHA分類と身体活動能力質問表について説明できる。
 4) 循環器疾患の術前評価ができる。
 5) 呼吸器系疾患を分類し、病態を説明できる。
 6) Hugh-Jonesによる呼吸器系疾患の重症度分類を説明できる。
 7) 呼吸器系疾患の術前評価ができる。
 8) 基礎疾患がある患者の歯科処置中の管理法を説明できる。
 9) 適切な血管収縮薬が選択でき,使用制限量を説明できる。 
2. ストレッサーと生体応答および予備力の関係
 4)予備力の評価(1)
  (1) 循環器疾患
  (2) 呼吸器疾患
10 7/1 4 E-1-4)-(1)-⑥ 患者(小児、妊産婦、高齢者を含む)の全身状態の評価を説明できる。
E-6-① 全身の症候・病態を説明できる。(発熱、全身倦怠感、体重減少・増加、ショック、意識障害、脱水、浮腫、けいれ
ん、めまい、黄疸、呼吸困難、チアノーゼ、頭痛、動悸、息切れ、胸痛、睡眠障害、嘔吐、下痢)
E-6-② 医科疾患合併患者の歯科治療時の注意点を説明できる。
 
ケーススタディーに基づくディスカッションを活用した課題解決型学修(講義)  新館・第2講義室  一戸 達也
 1) 脳神経疾患を分類し、病態を説明できる。
 2) 脳神経疾患疾患の術前評価ができる。
 3) 神経筋疾患を分類し、病態を説明できる。
 4) 基礎疾患がある患者の歯科処置中の管理法を説明できる。 
2. ストレッサーと生体応答および予備力の関係
 4) 予備力の評価(2)
  (1) 脳神経疾患
  (2) 神経筋疾患
11 7/8 4 E-1-4)-(1)-⑤ 患者の服用薬物の歯科治療への影響と歯科治療時の対応を説明できる。
E-1-4)-(1)-⑥ 患者(小児、妊産婦、高齢者を含む)の全身状態の評価を説明できる。
E-6-① 全身の症候・病態を説明できる。(発熱、全身倦怠感、体重減少・増加、ショック、意識障害、脱水、浮腫、けいれ
ん、めまい、黄疸、呼吸困難、チアノーゼ、頭痛、動悸、息切れ、胸痛、睡眠障害、嘔吐、下痢)
E-6-② 医科疾患合併患者の歯科治療時の注意点を説明できる。
E-6-③ 妊産婦の歯科医療時の注意点を説明できる。
 
ケーススタディーに基づくディスカッションを活用した課題解決型学修(講義)  新館・第2講義室  一戸 達也
 1) 糖尿病について説明できる。
 2) 糖尿病の重症度を評価できる。
 3) 肝炎について説明できる。
 4) 肝硬変について説明できる。
 5) 慢性腎不全について説明できる。
 6) 甲状腺機能異常について説明できる。
 7) 関節リウマチについて説明できる。
 8) 妊婦の歯科診療時の注意事項を説明できる。
 9) 歯科治療上、注意すべき薬物を常用している疾患・病態について説明できる。
 10) 基礎疾患がある患者の歯科処置中の管理法を説明できる。  
2. ストレッサーと生体応答および予備力の関係
 4) 予備力の評価(3)
  (1) 代謝内分泌疾患
  (2) 肝疾患
  (3) 腎疾患
  (4) その他の疾患・病態
12 7/16 4 A-2-1)-① 必要な課題を自ら発見できる。
A-2-1)-② 自分に必要な課題を、重要性・必要性に照らして順位付けできる。
A-2-1)-③ 課題を解決する具体的な方法を発見し、課題を解決できる。
A-2-1)-④ 課題の解決に当たり、他の学習者や教員と協力してよりよい解決方法を見出すことができる。
A-2-1)-⑤ 適切な自己評価ができ、改善のための具体的方策を立てることができる。
E-6-② 医科疾患合併患者の歯科治療時の注意点を説明できる。
 
ケーススタディーに基づくディスカッションを活用した課題解決型学修(実習)  新館・第2講義室  一戸 達也
 1) 提示された症例に対して、与えられた情報をもとに全身管理計画を立案できる。 
3. 提示症例に対する全身管理計画の立案
13 7/22 4 E-1-4)-(1)-② 血圧、脈拍数、呼吸数の測定方法と異常所見を説明できる。
体温の測定方法を説明できる。
E-1-4)-(1)-⑥ 患者(小児、妊産婦、高齢者を含む)の全身状態の評価を説明できる。
E-1-6)-① 歯科治療時の全身的偶発症を説明できる。
E-6-① 全身の症候・病態を説明できる。(発熱、全身倦怠感、体重減少・増加、ショック、意識障害、脱水、浮腫、けいれ
ん、めまい、黄疸、呼吸困難、チアノーゼ、頭痛、動悸、息切れ、胸痛、睡眠障害、嘔吐、下痢)
 
ディスカッションを活用した講義  新館・第2講義室  一戸 達也
 1) 歯科診療時の全身合併症を分類できる。
 2) 医科疾患の急性増悪を分類し、説明できる。
 3) 医科疾患によらない合併症を分類し、原因と症状を説明できる。
 4) 薬物が原因となる合併症を分類し、説明できる。
 5) 誤飲と誤嚥について説明できる。
 6) それぞれの合併症の予防法を説明できる。
 7) 発生した合併症の症状から診断名を推測できる。
 8) それぞれの合併症の治療法を説明できる。  
4. 歯科診療時の全身合併症
 1) ストレッサー
 2) 薬物
 3) 誤飲・誤嚥
 4) その他
14 9/2 4 C-5-4)-⑥ ショックの成因と種類を説明できる。
E-1-4)-(1)-② 血圧、脈拍数、呼吸数の測定方法と異常所見を説明できる。
 
ディスカッションを活用した講義  新館・第2講義室  一戸 達也
 1) ショックの病態を説明できる。
 2) ショックを分類し、症状が説明できる。
 3) ショックの治療法を説明できる。
 4) 低酸素症を分類し、病態を説明できる。
 5) 低酸素症の治療法を説明できる。  
5. ショックと低酸素症
 1) ショック
 2) 低酸素症
15 9/9 4 E-1-4)-(1)-④ 意識状態の確認方法と異常所見を説明できる。
E-1-6)-② 一次救命処置を説明できる。
E-1-6)-③ 救急処置に用いられる薬物を列挙し、その作用機序と適応を説明できる。
 
ディスカッションを活用した講義  新館・第2講義室  一戸 達也
 1) 意識障害のレベルを評価できる。
 2) 心停止の徴候を説明できる。
 3) Basic Life Supprt (BLS)とAdvanced Life Support (ALS)の違いを説明できる。
 4) 気道確保の方法を説明できる。
 5) 胸骨圧迫の方法を説明できる。
 6) 人工呼吸の方法を説明できる。
 7) 除細動の方法を説明できる。
 8) おもな救急薬品の適応を説明できる。  
6. 救急処置(心肺蘇生法)
 1) Basic Life Supprt (BLS)
 2) Advanced Life Support (ALS)
16 10/9 3 E-1-4)-(1)-② 呼吸数の測定方法と異常所見を説明できる。
C-3-4)-(8)-① 気道系の構造と機能を説明できる。
C-3-4)-(8)-② 肺の構造・機能と呼吸運動を説明できる。
 
ディスカッションを活用した講義  新館・第2講義室  松浦 信幸
 1) 肺の構造と機能を説明できる。
 2) 肺気量分画について説明できる。
 3) 換気に影響する因子を説明できる。
 4) 死腔とシャントについて説明できる。
 5) 酸素・炭酸ガスの運搬について説明できる。
 6) 呼吸の調節のメカニズムについて説明できる。
 7) 酸・塩基平衡について説明できる。
 8) 生体でのpH調節機構について説明できる。
 9) アシドーシス、アルカローシスについて説明できる。 
7. 全身麻酔に必要な基礎知識(1)
 1) 呼吸生理
 2) 酸塩基平衡
17 10/23 3 C-3-4)-(4)-① 心臓の構造、発生、機能及び心電図波形を説明できる。
C-3-4)-(4)-② 血液循環(肺循環、体循環及び胎児循環)の経路と主要な動静脈の名称を説明できる。
C-3-4)-(4)-③ 血管の構造と血圧調節機能を説明できる。
C-3-4)-(5)-② 体性神経系と自律神経系の構造と機能を説明できる。
C-3-4)-(5)-③ 交感神経系と副交感神経系の構造と機能を説明できる。
C-3-4)-(5)-⑨ シナプス伝達の機序と神経伝達物質を説明できる。
 
ディスカッションを活用した講義  新館・第2講義室  一戸 達也
 1) 心臓の構造と機能を説明できる。
 2) 血管の種類と機能を説明できる。
 3) 脳,冠循環の特殊性を説明できる。
 4) 循環の調節について説明できる。
 5) 循環機能の評価法について説明できる。
 6) 自律神経系を分類し、説明できる。
 7) 自律神経系の機能を説明できる。
 8) 循環系や自律神経系に作用する薬物を説明できる。 
7. 全身麻酔に必要な基礎知識(2)
 1) 循環生理
 2) 自律神経系
18 10/30 3 E-1-4)-(4)-① 全身麻酔の概念、種類並びに麻酔時の生体反応を説明できる。
E-1-4)-(4)-② 全身麻酔時に使用する薬物とその基本的な薬理作用及び使用機器・器具を説明できる。
E-1-4)-(4)-③ 全身麻酔の適応と禁忌、合併症及び周術期の管理を説明できる。
 
ディスカッションを活用した講義  新館・第2講義室  櫻井 学
 1) 全身麻酔の概念を説明できる。
 2) 全身麻酔の流れを説明できる。
 3) 口腔外科手術のための全身麻酔の特殊性を説明できる。
 4) 全身麻酔の実施に際して考慮すべき全身状態を説明できる。
 5) 全身麻酔の実施に際して必要な全身状態の評価法を説明できる。
 6) 麻酔前投薬の目的を説明できる。
 7) 麻酔前投薬に使用する薬物を分類し、薬理作用を説明できる。
 8) 全身麻酔の術前準備について説明できる。  
8. 全身麻酔(1)
 1) 全身麻酔の流れ
 2) 全身状態の評価
 3) 麻酔前投薬
 4) 術前の注意事項
19 11/6 3 E-1-4)-(4)-① 全身麻酔の概念、種類並びに麻酔時の生体反応を説明できる。
E-1-4)-(4)-② 全身麻酔時に使用する薬物とその基本的な薬理作用及び使用機器・器具を説明できる。
E-1-4)-(4)-③ 全身麻酔の適応と禁忌、合併症及び周術期の管理を説明できる。
 
ディスカッションを応用した講義  新館・第2講義室  半田 俊之
 1) ガス供給装置について説明できる。
 2) 全身麻酔器の構造を説明できる。
 3) 全身麻酔法を分類し、説明できる。
 4) 気管麻酔に使用する器具を説明できる。  
 5) 気管挿管法を説明できる。
 6) 吸入麻酔薬を分類し、各薬物の特徴を説明できる。
 7) MACについて説明できる。
 8) 導入・覚醒に関する因子を列挙して説明できる。  
8. 全身麻酔(2)
 1) 麻酔器
 2) 気管挿管
 3) 吸入麻酔薬
20 11/13 3 E-1-4)-(4)-① 全身麻酔の概念、種類並びに麻酔時の生体反応を説明できる。
E-1-4)-(4)-② 全身麻酔時に使用する薬物とその基本的な薬理作用及び使用機器・器具を説明できる。
 
ディスカッションを活用した講義  新館・第2講義室  宮脇 卓也
 1) 静脈麻酔薬を分類し、薬理学的特徴を説明できる。
 2) 全静脈麻酔について説明できる。
 3) 麻薬を分類し、薬理学的特徴を説明できる。
 4) 筋弛緩薬を分類して代表的な薬物を列挙できる。
 5) 筋弛緩薬の作用機序を説明できる。
 6) 筋弛緩薬の拮抗について説明できる。  
8. 全身麻酔(3)
 1) 静脈麻酔薬
 2) 麻薬
 3) 筋弛緩薬
21 11/20 3 E-1-4)-(4)-① 全身麻酔の概念、種類並びに麻酔時の生体反応を説明できる。
E-1-4)-(4)-② 全身麻酔時に使用する薬物とその基本的な薬理作用及び使用機器・器具を説明できる。
E-1-4)-(4)-③ 全身麻酔の適応と禁忌、合併症及び周術期の管理を説明できる。
 
ディスカッションを活用した講義  新館・第2講義室  松浦 信幸
 1) 術中管理の目標が説明できる。
 2) 呼吸管理に必要な観察項目を列挙して説明できる。
 3) 循環管理に必要な観察項目を列挙して説明できる。
 4) 代謝管理に必要な観察項目を列挙して説明できる。
 5) 輸液の目的を説明できる。
 6) 輸血の目的を説明できる。
 7) 輸血製剤の種類を列挙できる。
 8) 輸血の合併症を列挙して説明できる。  
8. 全身麻酔(4)
 1) 術中管理
 2) 輸液
 3) 輸血
22 11/27 3 E-1-4)-(4)-① 全身麻酔の概念、種類並びに麻酔時の生体反応を説明できる。
E-1-4)-(4)-② 全身麻酔時に使用する薬物とその基本的な薬理作用及び使用機器・器具を説明できる。
E-1-4)-(4)-③ 全身麻酔の適応と禁忌、合併症及び周術期の管理を説明できる。
 
ディスカッションを応用した講義  新館・第2講義室  半田 俊之
 1) 術後疼痛対策について説明できる。
 2) 術後気道管理について説明できる。
 3) 術後酸素療法について説明できる。
 4) 全身麻酔後に起こりやすいその他の合併症と対策を説明できる。
 5) 日帰り全身麻酔について説明できる。
 6) 日帰り全身麻酔の適応症を説明できる。
 7) 日帰り全身麻酔に使用される薬物を説明できる。 
8. 全身麻酔(5)
 1) 術後管理
 2) 日帰り全身麻酔
23 12/4 3 E-1-4)-(1)-⑥ 患者(小児、妊産婦、高齢者を含む)の全身状態の評価を説明できる。
E-4-2)-⑩ 小児患者の対応について説明できる。
E-5-1)-① 高齢者の生理的、心理的及び行動的特徴を説明できる。
E-5-1)-② 高齢者に多く見られる疾患及び服用している薬物を説明できる。
E-5-1)-⑤ 高齢者の歯科治療時の全身管理を説明できる。
E-5-1)-⑥ 要介護高齢者(在宅要介護者を含む)の歯科治療時の注意点を説明できる。
E-6-③ 妊産婦の歯科医療時の注意点を説明できる。
 
ディスカッションを活用した講義  新館・第2講義室  松浦 信幸
 1) 小児の解剖学的・生理学的特徴を列挙できる。
 2) 小児患者の一般的対応が行える。
 3) 小児麻酔の特徴を説明できる。
 4) 高齢者の解剖学的・生理学的特徴を列挙できる。
 5) 高齢者の心理的特性を説明できる。
 6) 高齢者の薬物動態学変化を説明できる。
 7) 高齢者に対する全身麻酔法の特徴を説明できる。
 8) 高齢者に対する精神鎮静法の特徴を説明できる。
 9) 高齢者に対する局所麻酔法の特徴を説明できる。 
10) 妊産婦の生理学的特徴と管理に必要な基礎知識を説明できる。  
8. 全身麻酔(6)
 1) 小児の麻酔
 2) 高齢者の麻酔
24 12/11 3 E-5-2)-① 障害者の身体的、精神的及び心理的特徴を説明できる。
E-5-2)-② 障害者の行動調整(行動管理)と歯科治療に必要な注意点を説明できる。
E-5-2)-③ 障害者における歯科治療の特殊性を説明できる。
E-5-3)-⑤ 歯科治療恐怖症を説明できる。
 
ディスカッションを活用した講義  新館・第2講義室  福田 謙一
 1) 障害者患者への対応を説明できる。
 2) 歯科治療恐怖症患者への対応を説明できる。 
8. 全身麻酔(7)
 1) 障害者患者への対応
25 1/8 3 A-7-1)-① 地域社会(へき地・離島を含む)における歯科医療の現状を概説できる。
A-7-1)-④ かかりつけ歯科医等の役割や地域医療の基盤となるプライマリ・ケアの必要性を理解し、実践に必要な能力を
身に付ける。
A-7-1)-⑤ 地域における在宅医療(訪問歯科診療を含む)、救急医療及び離島・へき地医療の体制を説明できる。
 
ディスカッションを活用した講義  新館・第2講義室  長束 智晴
宮地 建次
稲川 元明
雨宮 啓
 1) 地域医療における歯科麻酔科医の役割について説明できる。 
9. 地域における歯科麻酔科医の役割
26 1/15 3 C-3-4)-(6)-④ 疼痛の種類、発生機序及び制御機構を説明できる。
E-2-4)-(9)-① 口腔顔面痛を説明できる。
E-5-3)-④ 舌痛症を説明できる。
 
ディスカッションを活用した講義  新館・第2講義室  福田 謙一
 1) 侵害性疼痛と神経障害性疼痛の相違について説明できる。
 2) 術後痛の成因について説明できる。
 3) 鎮痛薬を分類し、列挙できる。
 4) 歯原性歯痛と非歯原性歯痛の鑑別方法を説明できる。
 5) 関連痛の発生メカニズムを説明できる。
 6) 筋筋膜性歯痛の診断と治療方法について説明できる。
 7) 咀嚼筋痛の治療法を説明できる。
 8) 顎関節痛の治療法を説明できる。
 9) 口腔内灼熱症候群について説明できる。  
10. ペインクリニック(1)
27 1/22 3 C-3-4)-(6)-④ 疼痛の種類、発生機序及び制御機構を説明できる。
E-2-4)-(9)-① 口腔顔面痛を説明できる。
E-2-4)-(9)-② 三叉神経痛の原因、症状及び治療法を説明できる。
E-2-4)-(9)-③ 顔面神経麻痺の原因、症状及び治療法を説明できる。
E-2-4)-(9)-④ 三叉神経麻痺(感覚麻痺、運動麻痺)の原因、症状及び治療法を説明できる。
 
ディスカッションを活用した講義  新館・第2講義室  福田 謙一
 1) 三叉神経痛の臨床症状と治療法について説明できる。
 2) 舌咽神経痛の臨床症状と治療法について説明できる。
 3) 帯状疱疹の臨床症状と治療法について説明できる。
 4) 帯状疱疹後神経痛の臨床症状と治療法について説明できる。
 5) 外傷性三叉神経麻痺(感覚障害)の臨床症状と治療法について説明できる。
 6) 顔面神経麻痺の臨床症状と治療法について説明できる。
 7) 星状神経節ブロックの意義について説明できる。 
10. ペインクリニック(2)
28 1/29 3 A-5-1)-⑦ 人生の最終段階における歯科の関わりと本人の意思決定・表示を説明できる。
C-3-4)-(6)-④ 疼痛の種類、発生機序及び制御機構を説明できる。
 
 
ディスカッションを活用した講義  新館・第2講義室  小板橋 俊哉
 1) 癌性疼痛に対する全人的対策について説明できる。
 2) 緩和医療について説明できる。  
11. 癌性疼痛に対する全人的対策

↑科目ページのtopに戻る