第 4 学 年  皮膚科学・形成外科学
後 期 計 画 表

↓授業日程表を表示

教科の特徴
皮膚科学:
 皮膚科学は、正常皮膚および皮膚疾患に関する科学である。皮膚科学で取り扱う疾病の殆どは皮表に変化を生じ、眼でその変化を観察できる。また、全身疾患の部分症状となっているものも多く、実地医療に活用することで、スムーズで的確な診断が行われることが期待される。さらに、口腔粘膜疾患を生じる皮膚疾患や歯性病巣や金属アレルギーによる皮膚疾患があることなどより、歯科医学との関連において皮膚科学を修得することは、極めて有用である。
形成外科学:
 形成外科学は、主として外表の形態にかかわる先天性異常、熱傷・外傷や悪性腫瘍等に対する手術的侵襲に起因する組織の欠損、形態の損傷に対して、それらを外科的手段で形態的、機能的に回復、復元をはかり患者の心身両面での社会復帰を支援する学問である。また広い意味では美容外科も形成外科に含まれる。形成外科では外科系全科と皮膚科学、精神心理学などの広範な臨床的知識と創傷治癒、組織移植、再生医学などの基礎的知識が必要とされるが、歯科・口腔外科診療を行なうにあたっても関連の深い、基本となる項目である。

1.一般目標(GIO:General Instructional Objective)
皮膚科学:
 皮膚疾患の本質を理解し、歯科医にとって重要な皮膚粘膜疾患についての知識を深めるために正常皮膚と口腔粘膜の構造と機能を対比する。さらに発疹記載学、皮膚科固有の検査法と治療法などの基礎的事項を学習し、日常遭遇することの多い皮膚疾患と歯科領域に関連の深い皮膚粘膜疾患を中心に、病因、病態生理、臨床所見、治療法を理解する。

形成外科学:
 形成外科の臨床科としての位置づけと役割、その実際、将来的方向性を学習する。講義においては、形成外科の概念と基本的事項を学び、臨床実習においては、その実際、特殊性を学び形成外科学を修得する。特に歯科・口腔外科診療を行なうにあたって関連の深い、創傷治癒、形成外科基本手技、植皮術・皮弁形成術、再建外科・マイクロサージェリーや、顔面神経麻痺、熱傷などにつき修得する


2.行動目標(SBOs:Specific Behavioral Objectives)

皮膚科学:
1)正常皮膚および口腔粘膜の構造と機能を理解する。

2)皮膚粘膜疾患の皮疹、粘膜疹の記載方法を習得する。
3)皮膚粘膜疾患における皮膚科独特の検査法および治療法について理解する。
4)日常良く遭遇する皮膚疾患を理解する。
5)歯科領域と関連の深い皮膚粘膜疾患について理解する。
形成外科学:
1)形成外科学の概念を理解する。
2)形成外科の対象疾患を理解する。
3)形成外科の治療法を理解する。





3.方略(LS:Learning Strategy)
皮膚科学:
1)講義でスライドおよびプリントを使って基礎的事項を説明し、できるだけ多くの皮疹や検査法・治療法を見て理解を深める。教科書で一部を補充して説明する。
形成外科学:
1)文字スライドやプリントにより基本的事項を説明する。2)多くの症例写真スライドを供覧して、基本的事項の理解を深める。

4.評価(Evaluation)(形成的評価・総括的評価)
皮膚科学:
1)定期試験(総括的評価):100%
  講義内容の理解度を多肢選択試験で評価する。
形成外科学:
1)定期試験(総括的評価):100%
  講義内容の理解度を多肢選択試験などで評価する。

準備学習
各回の授業内容項目について、教科書や参考書の該当部分を読んでおくこと(1時間程度)。

教科書
皮膚科学:清水 宏 著、あたらしい皮膚科学 第3版、中山書店
形成外科学:秦 維郎・野崎幹弘 編、標準形成外科学 第5版、医学書院

参考図書
皮膚科学:山根源之, 草間幹夫, 久保田英朗, 北川善政, 里村一人, 片倉 朗 (編集):口腔内科学 永末書店
皮膚科学:西田次郎、小島孝雄、大久保 直:歯科のための内科学
改訂第4版 南江堂
形成外科学:中島龍夫 編、よくわかる子どものための形成外科、永井書店

オフィスアワー
授業終了後、講義の行なわれた教室において,次の授業が始まるまで講義室内で

総授業コマ数
4コマ

出席について

   担当者  『 * 』は実務経験教員を示す
 高橋 愼一 教授*, 田中 一郎 教授*, 河野 通良 講師*

↑科目ページのtopに戻る

月日 時限 コア・カリキュラム 方略(LS)場所 担当者
(その他の)SBOs
内容項目
1 12/9 3 D-4-2)-1 修復と再生について説明できる。
D-4-3)-1 虚血、充血およびうっ血の徴候、原因および転帰を説明できる。
D-4-3)-2 出血の原因、種類および転帰を説明できる。
C-4-3)-3 血栓の形成機構と形態学的特徴および転帰を説明できる
F-1-4)-2 小手術の偶発症と合併症を説明できる。
E-2-4)-(5)-13 口唇・口腔領域の悪性腫瘍の種類、症状および治療法を説明できる。
E-2-4)-(8)-3 顔面神経麻痺の原因、症状および治療法を説明できる
E-1-3)-(3)-1 局所麻酔の目的を説明できる。
E-1-3)-(3)-6 局所麻酔時の合併症(偶発症)を説明できる。
E-1-4)-5 縫合と止血に必要な器具の用法を説明できる。
E-2-4)-(2)-7 軟組織損傷を分類し、それぞれの症状と処置法を説明できる。
 
講義  新館・第2講義室  田中 一郎
1)形成外科学の概念を理解する。
2)形成外科の対象疾患を理解する。
3)形成外科の治療法を理解する。 
 
1.形成外科学総論
形成外科学の概念・対象疾患・治療法の概略
2.形成外科学各論
(1)創傷治癒:創傷治癒過程の機序
(2)形成外科基本手技:基本的な切開・縫合法と創処置
(3)植皮術・皮弁形成術: 植皮の種類・特徴・治癒過程、皮弁の概念・分類・血行形態、植皮および皮弁の適応
(4)再建外科・マイクロサージェリー:再建方法と再建材料、微小血管吻合・神経吻合の方法、遊離皮弁の方法や術後管理
(5)顔面神経麻痺:顔面神経麻痺の治療―神経再建、静的再建、動的再建

2 12/9 4 D-2-3)-(1)-2皮膚と粘膜の基本構造と機能を説明できる。
D-2-3)-(4)-1皮膚感覚器の構造と機能を説明できる。
F-2-4)-(2)-1口腔粘膜疾患の種類と特徴を説明できる。
F-2-4)-(2)-9水疱、紅斑、びらん、潰瘍、白斑、色素沈着等を主徴とする主な粘膜疾患を概説できる。
 
講義  新館・第2講義室  河野 通良
1)正常皮膚および口腔粘膜の構造と機能を対比して理解する。
2)皮疹・粘膜疹の記載法、検査法と治療法について知る。
3)歯科領域に関連の深い皮膚粘膜疾患の病態を理解する。 
1.皮膚および口腔粘膜の診療に必要な基礎的知識・概念
1)正常皮膚および口腔粘膜の構造と機能
2)皮疹・粘膜疹の記載法、
3)皮膚・口腔粘膜疾患に必要な検査法・治療法
4)歯科領域に関連の深い皮膚粘膜疾患
3 1/20 3 C-6-4)-①
薬物の一般的副作用と有害事象を説明できる。
E-2-4)-(10)-③
口腔・顎顔面領域に症状を現すアレルギー性疾患、膠原病、免疫異常の症状を列挙できる。
E-2-4)-(10)-⑦
口腔・顎顔面領域に症状を現す薬物の副作用を列挙できる。
 
講義  新館・第2講義室  高橋 愼一
日常良く遭遇する皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、蕁麻疹、紅斑症、薬疹・中毒疹、角化症)や顎顔面領域に出現することが多い疾患(附属器疾患や膠原病など)を理解し、その対処法を知る

 
2.皮膚科学各論(1)
 1)湿疹・皮膚炎
 2)蕁麻疹・紅斑症
 3)紫斑をきたす疾患
 4)薬疹・中毒疹
 5)角化症
 6)膠原病
 6)附属器疾患

4 1/20 4 E-2-4)-(10)-④
口腔・顎顔面領域に症状を現す全身的な腫瘍と腫瘍類似疾患及びその症状を列挙できる。
E-2-4)-(10)-②
口腔・顎顔面領域に症状を現す感染症の種類と症状を列挙できる。
 
講義  新館・第2講義室  高橋 愼一
皮膚に症状(特に顔面)を呈する母斑・母斑症や皮膚良性腫瘍、皮膚悪性腫瘍について理解する。
皮膚科領域における主要な感染症、性行為感染症について理解する


 
皮膚科学各論(2)
 1)母斑・母斑症
 2)皮膚良性腫瘍・皮膚悪性腫瘍
 3)細菌性皮膚疾患
 4)ウイルス性疾患
 5)皮膚真菌症
 6)動物性皮膚疾患
 7)性行為感染症

↑科目ページのtopに戻る