第 4 学 年  臨床検査学
前 期 計 画 表

↓授業日程表を表示

教科の特徴
臨床検査学はヒトの身体内で起こっている現象を客観的に捉えるための学問である。臨床検査は,健康なのか健康ではないのか,健康ではない場合にはどこが悪いのか,さらには治療を受けている患者の治療は効果があるのか,そして疾患の予後判定などに用いられる。疾患の治療には診断が必要不可欠であるが,本講義ではその診断の基となる臨床検査データの意味を学ぶ。本教科は,他の臨床科目とも密接に関連し,医学・歯科医学を統合的に理解して全人的な歯科医療を提供するための人材に必要な基本的知識となるものである。(コンピテンシー2、6、7)


1.一般目標(GIO:General Instructional Objective)
患者の病状を客観的に把握できるようになるために,臨床検査の意義と意味を修得する。

2.行動目標(SBOs:Specific Behavioral Objectives)
1)スクリーニング検査について説明できる。(0~5%)
2)炎症・感染症の検査について説明できる。(5~10%)
3)貧血の検査について説明できる。(5~10%)
4)白血球に関する検査について説明できる。(5~10%)
5)血液凝固検査について説明できる。(5~10%)
6)輸血関連検査について説明できる。(5~10%)
7)膵・肝・腎機能検査について説明できる。(5~10%)
8)尿・糞便検査について説明できる。(5~10%)
9)生理機能検査について説明できる。(5~10%)
10)金属アレルギーの検査について説明できる。(5~10%)
11)味覚検査について説明できる。(5~10%)
12)口腔乾燥症に対する検査について説明できる。(5~10%)
13)病理検査について説明できる。(5~10%)
14)心理検査について説明できる。(0~5%)

3.方略(LS:Learning Strategy)
1)受動的方法:講義
2)能動的方法:クリッカーによるプレテスト(事後学修の確認を含む)・ポストテスト、ディスカッション
3)媒体:教科書,参考図書,スライド,プリントなど

4.評価(Evaluation)(形成的評価・総括的評価)
1)中間試験,定期試験(総括的評価)90~100%
  講義内容の理解度を空欄補充,多真偽選択,多肢選択,論述などの記述試験で評価する。
  中間試験 40~50%,定期試験 50~60%
  (中間試験は病理学と口腔病理学の範囲を含めたシラバスに記載の臨床検査学 第1~7回の範囲,期末試験は臨床検査学の全範囲とする。)
2)平常点評価(総括的評価)0~10%
  日常的な授業中の態度,質問事項に対する回答状況,授業の出欠状況などについて評価する。

事前・事後学修
事前学修
・講義内容について教科書の下記ページを読んでおくこと(5~10分)
第1回 pp. 6~9
第2回 pp. 30~31
第3回 pp. 12~15
第4回 pp. 10~11,16~17
第5回 pp. 10~11,16~17
第6回 pp. 18~21
第7回 pp. 34~35
第9回 pp. 22~29,36~41
第10回 pp. 50~55
第11回 pp. 66~69
第12回 pp. 56
第13回 pp. 76~78
第14回 pp. 72~75
第15回 第1~14回までの自分のノート

・下記の内容に関して復習しておくこと
第8回 第1-7回講義ならびに病理学・口腔病理学について

事後学修
第1~7,9~15回:授業内容を再度確認し,重要なポイントをリストアップし,ノートにまとめること(10~15分)
第8回:試験の出題範囲の復習を行う(30分)

事前学修については,当日の講義前にプレテストで確認する。
事後学修については,次回の講義前にプレテストと同時にポストテストを行い確認する。

教科書
口腔医療に必要な臨床検査 第1版第2刷,井上 孝,松坂賢一,デンタルダイヤモンド社

参考図書
標準臨床検査医学,高木 康,山田俊幸編集,医学書院
異常値の出るメカニズム,河合忠編集,医学書院
日本臨床検査医学会
『臨床検査値 学生用共通基準範囲の設定について』
https://www.jslm.org/committees/standard/ref_2011.html

オフィスアワー
講義日の放課後(18:00~19:00):本館9F病理学講座
(但し,時間外でも在室であれば可能な限り質問を受付ける。)
非常勤講師への質問は,講義または実習終了後の講義室内あるいは実習講義室内

総授業コマ数
15コマ

出席について
出席は講義開始直後に取る。講義開始30分後までに入室した場合は遅刻とし,それ以降は欠席とする。公共交通機関の遅延は考慮する。

   担当者  『 * 』は実務経験教員を示す
 松坂 賢一 教授*, 安彦 善裕 非常勤講師*, 村上 聡 非常勤講師*
 橋本 和彦 講師*, 國分 克寿 講師*, 中島 啓 助教*
 中條 貴俊 助教*, 明石 良彦 助教*

↑科目ページのtopに戻る

月日 時限 コア・カリキュラム 方略(LS)場所 担当者
(その他の)SBOs
内容項目
1 4/13 1 E-1-3)-①
臨床検査の目的と適応を説明できる。
E-1-3)-②
診断に必要な臨床検査項目を列挙できる。
 
・クリッカーを使ったプレテスト
・講義
・ディスカッション 
新館・第2講義室  松坂 賢一
1.基本検査を列挙できる。
2.臨床検査の意義を説明できる。 
臨床検査概論,健康の目安,スクリーニング検査
2 4/20 1 E-1-3)-①
臨床検査の目的と適応を説明できる。
E-1-3)-②
診断に必要な臨床検査項目を列挙できる。
 
・クリッカーを使ったプレテスト(事後学修の確認を含む)
・講義
・ディスカッション 
新館・第2講義室  松坂 賢一
尿・糞便検査について説明できる。  
尿・糞便検査
3 4/27 1 E-1-3)-①
臨床検査の目的と適応を説明できる。
E-1-3)-②
診断に必要な臨床検査項目を列挙できる。
E-1-3)-⑤
臨床検査結果と疾患の関係を説明できる。
E-2-4)-(10)-①
口腔・顎顔面領域に症状を現す血液疾患(貧血、出血性素因、白血病)とスクリーニング検査法を説明できる。
 
・クリッカーを使ったプレテスト(事後学修の確認を含む)
・講義
・ディスカッション 
新館・第2講義室
 
國分 克寿
貧血の検査を説明できる。 
赤血球・貧血
4 5/11 1 E-1-3)-①
臨床検査の目的と適応を説明できる。
E-1-3)-②
診断に必要な臨床検査項目を列挙できる。
E-1-3)-⑤
臨床検査結果と疾患の関係を説明できる。
E-2-4)-(3)-③
炎症の診断に必要な検査法を説明できる。
 
・クリッカーを使ったプレテスト(事後学修の確認を含む)
・講義
・ディスカッション 
新館・第2講義室  中島 啓
炎症・感染症および白血球に関する検査を説明できる。 
炎症・感染症,白血球
5 5/18 1 E-1-3)-①
臨床検査の目的と適応を説明できる。
E-1-3)-②
診断に必要な臨床検査項目を列挙できる。
E-1-3)-⑤
臨床検査結果と疾患の関係を説明できる。
E-2-4)-(3)-③
炎症の診断に必要な検査法を説明できる。
E-2-4)-(10)-①
口腔・顎顔面領域に症状を現す血液疾患(貧血、出血性素因、白血病)とスクリーニング検査法を説明できる。
 
・クリッカーを使ったプレテスト(事後学修の確認を含む)
・講義
・ディスカッション 
新館・第2講義室  中島 啓
炎症・感染症および白血球に関する検査を説明できる。 
炎症・感染症,白血球
6 5/25 1 E-1-3)-①
臨床検査の目的と適応を説明できる。
E-1-3)-②
診断に必要な臨床検査項目を列挙できる。
E-1-3)-⑤
臨床検査結果と疾患の関係を説明できる。
E-2-4)-(10)-①
口腔・顎顔面領域に症状を現す血液疾患(貧血、出血性素因、白血病)とスクリーニング検査法を説明できる。
 
・クリッカーを使ったプレテスト(事後学修の確認を含む)
・講義
・ディスカッション 
新館・第2講義室  中條 貴俊
血液凝固検査について説明できる。 
血液凝固検査
7 6/1 1 E-1-3)-①
臨床検査の目的と適応を説明できる。
E-1-3)-②
診断に必要な臨床検査項目を列挙できる。
 
・クリッカーを使ったプレテスト(事後学修の確認を含む)
・講義
・ディスカッション 
新館・第2講義室  中條 貴俊
血液型・輸血関連検査について説明できる 
血液型・輸血関連検査
8 6/8 1 ・第1~7回までの講義分
・病理学および口腔病理学すべて
 
中間試験  本館・13階第1講義室  松坂 賢一
國分 克寿
中島 啓
中條 貴俊
明石 良彦
 
中間試験(臨床検査学,病理学,口腔病理学)
9 6/15 1 E-1-3)-②
診断に必要な臨床検査項目を列挙できる。
E-1-3)-④
各臓器における疾患に特有な検査項目を説明できる。
E-1-3)-⑤
臨床検査結果と疾患の関係を説明できる。
 
・クリッカーを使ったプレテスト(事後学修の確認を含む)
・講義
・ディスカッション 
新館・第2講義室  國分 克寿
膵・肝・腎機能検査について説明できる。 
膵・肝・腎機能検査
10 6/22 1 E-1-3)-②
診断に必要な臨床検査項目を列挙できる。
E-1-3)-③
心電図検査及び動脈血酸素飽和度測定(パルスオキシメトリ)の目的と適応を列挙できる。
E-1-3)-④
各臓器における疾患に特有な検査項目を説明できる。
E-1-3)-⑤
臨床検査結果と疾患の関係を説明できる。
E-1-4)-(1)-①
バイタルサインの意義とそのモニタリングの方法を説明できる。
E-1-4)-(1)-②
血圧、脈拍数、呼吸数の測定方法と異常所見を説明できる。
E-1-4)-(1)-③
体温の測定方法を説明できる。
 
・クリッカーを使ったプレテスト(事後学修の確認を含む)
・講義
・ディスカッション 
新館・第2講義室  中條 貴俊
生理機能検査について説明できる。 
生理機能検査
11 6/29 1 E-1-3)-①
臨床検査の目的と適応を説明できる。
E-1-3)-②
診断に必要な臨床検査項目を列挙できる。
E-1-3)-④
各臓器における疾患に特有な検査項目を説明できる。
E-1-3)-⑤
臨床検査結果と疾患の関係を説明できる。
E-2-4)-(11)-④
味覚異常の原因、診察、検査、診断及び治療方針を説明できる。
 
・クリッカーを使ったプレテスト(事後学修の確認を含む)
・講義
・ディスカッション 
新館・第2講義室  村上 聡
1.金属アレルギー検査について説明できる。
2.味覚検査について説明できる。 
金属アレルギー
味覚障害と検査
12 7/6 1 E-5-3)-①
心身相関を説明できる。
E-5-3)-②
口腔顔面領域に関連して現れる精神・心身医学的病態を説明できる。
E-5-3)-③
心理テストの目的と意義を説明できる。
E-5-3)-④
舌痛症を説明できる。
E-5-3)-⑤
歯科治療恐怖症を説明できる。
E-5-3)-⑥
心身医学的治療を説明できる。
 
・クリッカーを使ったプレテスト(事後学修の確認を含む)
・講義
・ディスカッション 
新館・第2講義室  安彦 善裕
心理検査について説明できる。 
心理検査
13 7/13 1 E-1-3)-②
診断に必要な臨床検査項目を列挙できる。
E-2-4)-(6)-②
口腔・顎顔面領域に発生する良性腫瘍の一般的な症状、診断法(細胞診、組織診、画像診断)及び治療法を説明できる。
E-2-4)-(6)-③
口腔・顎顔面領域の悪性腫瘍の一般的な症状、診断法(細胞診、組織診、画像診断)及び治療法を説明できる。
 
・クリッカーを使ったプレテスト(事後学修の確認を含む)
・講義
・ディスカッション 
新館・第2講義室  橋本 和彦
病理検査について説明できる。 
病理検査
14 7/20 1 E-1-3)-②
診断に必要な臨床検査項目を列挙できる。
E-1-3)-⑤
臨床検査結果と疾患の関係を説明できる。
E-2-4)-(11)-⑤
口腔乾燥の原因、診察、検査、診断及び治療方針を説明できる。
 
・クリッカーを使ったプレテスト(事後学修の確認を含む)
・講義
・ディスカッション 
新館・第2講義室  中島 啓
口腔乾燥症と検査について説明できる。 
口腔乾燥症と検査
15 9/7 1 E-1-3)-①
臨床検査の目的と適応を説明できる。
E-1-3)-②
診断に必要な臨床検査項目を列挙できる。
E-1-3)-④
各臓器における疾患に特有な検査項目を説明できる。
E-1-3)-⑤
臨床検査結果と疾患の関係を説明できる。
 
・クリッカーを使ったプレテスト
・講義
・ディスカッション 
新館・第2講義室  松坂 賢一
 
臨床検査学まとめ講義

↑科目ページのtopに戻る